永瀬廉 スタンプ。 King & Prince永瀬廉、ママチャリで秋葉原に降臨 伊藤健太郎・橋本環奈ら豪華集結<弱虫ペダル>

橋本環奈、高校時代は10日間連続で東京-福岡間を移動 キンプリ永瀬廉は癒し力に感謝|オリコンニュース|徳島新聞

永瀬廉 スタンプ

人気グループ・King & Princeの永瀬廉が14日、東京・秋葉原で行われた映画『弱虫ペダル』(8月14日公開)のキックオフイベントに参加。 永瀬演じるアニメ好きの坂道は、地元・千葉から秋葉原までママチャリで通うも、あることをきっかけに自転車競技部に入部。 仲間のため、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。 永瀬は作品に合わせてママチャリで登場。 想像以上の猛スピードで共演陣は驚き。 永瀬は「どうですか? すごいシュールじゃないですか?」と心配そうな表情をしつつも「撮影を一気に思い出しました。 劇中で実際に使った自転車。 またがった瞬間に坂道に戻るんじゃないかと」と笑顔になっていた。 劇中では実際に自転車競技に挑戦し、猛練習を積んだ。 三木康一郎監督は「合成することも考えながら脚本を書いていた。 でも、どこかのタイミングで全員にやらせた方が面白いと思った」と裏話を披露。 永瀬は「CGという案があったことさえ知らなかった」とぼやき、「監督は苦しそうな表情をすればするほど喜ぶ人だった」と振り返っていた。 原作は、2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載スタート。 イベントには伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健も参加した。 徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。 このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。 また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。 徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。 記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。

次の

キンプリ・永瀬廉、アキバにママチャリで猛スピード降臨「シュールじゃないですか?」|オリコンニュース|徳島新聞

永瀬廉 スタンプ

番組開始してから50回目の放送となり、永瀬は「10年後も20年後もやっていきたいね!」と意気込み。 ゲームの話をすることが多いため、女性だけではなく男性にも聞いてほしいらしく、「男性リスナーを増やす」と目標に掲げると「ということは、適度な下ネタも必要なのかな」とも口走っていた。 その後は、8月14日公開予定の永瀬が主演を務める映画『弱虫ペダル』の撮影エピソードについてトーク。 新たに杉元照文役をジャニーズJr. 内ユニット・HiHi Jetsの井上瑞稀が演じていることが明らかになったが、井上とは一緒のシーンがあまりなく会話をする機会がほとんどなかったという。 ご飯を一緒に食べに行く機会もなく「どこかでご飯とか連れて行きたかったんだけど、残念やったのよ。 そこが心残り」と残念そう。 また、撮影が一緒になるメンバーとは「鳴子くん(坂東龍汰)と竜星(涼)くんと(橋本)環奈ちゃんと4人でしゃべってたの。 柳(俊太郎)くんもおったわ!」と、休憩中などを通して仲良くなった様子。 これは、指名された人がブログや動画をアップし、先輩・後輩・グループに関係なく次々とバトンをつないでいくという企画だ。 永瀬は、なにわ男子・西畑大吾からバトンが回ってきたため、動画を撮ってアップしたというが、永瀬いわく「バリバリの寝起き」だったようで、後頭部は寝ぐせがすごいことになっていたとか。 また、バトンは永瀬が尊敬している先輩としてよく名前を挙げているKis-My-Ft2・玉森裕太に回したいという気持ちがあったという。 しかし、「言うたら、なんだかんだやってくれるよ。 優しいから」と言いつつも「『お前さぁ……』って言われそうっていう恐怖もあったりして。 簡単にいうとチキった」と、怒られる可能性も考え、バトンを回すことができなかったと明かしていた。 結局、悩んだあげく仲良くしてもらっている先輩のジャニーズWEST・重岡大毅に回したようだが、これも「『動画撮って』っていうのも、すごいおこがましいなっていうか申し訳ないっていうか。 忙しいやろうし、家ですることもあるかもしれないから……」とバトンを回すことで精一杯で、動画のお願いまではできなかったそう。 それにもかかわらず、重岡は動画撮影をしてくれたとのこと。 しかし、割り箸に自分の全身写真を張り付けた人形が登場したり、本人が登場するかと思いきや今度は指を足に見立てて顔を書いた指人形で登場したりと顔だしは一切なく、永瀬は「あの人ヤバイよ、シゲさんって」とコメント。 意外と手の込んだ撮影をしていたため「あれ? この人、暇だったんかな? もしかして」と言いつつ、「やっぱ俺には50年くらいかかっても思い浮かばんもん、あの動画の出方は。 素晴らしい、いい意味でクレイジー」と感想を語っていたのだった。 この放送を聞いたリスナーからは、「れんれんの言う通り、あの動画はツッコミ満載」「れんれんからシゲの説明を聞くと、狂ってるしおもろい」といったコメントのほか、永瀬が映画共演者の橋本のことを「環奈ちゃん」呼びしていたことについて「環奈ちゃん呼び……心臓ギュンってなった。 リアルに泣く」「この前まで橋本さん呼びじゃなかった? 廉くんの環奈ちゃん呼び、普通に嫉妬」と嫉妬した声も上がっていた。

次の

King&Prince・永瀬廉、ジャニーズWEST・重岡大毅の“バトンリレー動画”に「この人暇だったんかな?」(2020/05/22 14:47)|サイゾーウーマン

永瀬廉 スタンプ

女優の橋本環奈が14日、東京・秋葉原で行われた映画『弱虫ペダル』(8月14日公開)のキックオフイベントに参加。 高校時代の驚異的な仕事を振り返った。 アニメ好きの坂道(永瀬)は、地元・千葉から秋葉原までママチャリで通うも、あることをきっかけに自転車競技部に入部。 仲間のため、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。 橋本は自転車競技部のマネージャー・寒咲幹を演じる。 自転車競技部の面々がハードな撮影を振り返る中、橋本は「近くで見て、こんなにも過酷なんだなと感じました。 自転車競技ってけがをするかもしれない。 安全にやるために撮影の前から練習をしていた。 こんな坂道を登れるんだって思いました。 大変という話を聞いて胸が痛い…」とぽつり。 それでも永瀬は「なんでしょうね。 男性が多い現場やった。 環奈ちゃんがおることで和んだ。 テンションが上がった部分はありましたね」と感謝しきりだった。 でも(地元の)福岡の高校に通っていて、空港で制服に着替えて学校に行っていた」と懐かしむ。 「今が福岡なのか、東京なのか分からなくなった。 大丈夫でしたけど福岡と東京(の移動)を10日間ぐらい繰り返した。 そのときは、どっちに泊まっているかわからなくなった」と多忙過ぎる日々を回顧。 それでも「女子高だったんですけど、久しぶりに学校に行くとお弁当を作ってくれていた。 それが、すごくうれしかったですね」と青春を語っていた。 原作は、2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載スタート。 イベントには伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健、三木康一郎監督も参加した。 徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。 このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。 また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。 徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。 記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。

次の