日本 人 お断り ラーメン。 日本ではラーメンをすすって食べてもマナー違反にならないの? =中国報道(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

倉田真由美氏“日本人お断り”ラーメン店に「これはおかしい」「国籍で決めつけるのは危険」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

日本 人 お断り ラーメン

Twitterバズり 2019. 13 2019. 19 Tanoseek 【悲報】石垣島のラーメン店が日本人客お断りで炎上・・「麺屋 八重山STYLE」店主に問題?口コミやネットの反応は 2019年7月1日から期間限定で 「日本人客の入店をお断り」している 石垣島のラーメン店「麺屋 八重山STYLE」について、12日の地元新聞社の報道が物議を呼び、店舗の口コミが炎上する騒ぎが起きています。 「日本人客お断り」には背景があるようですが、一体何が起きたのか、本当に客のマナーが悪いのかなども気になるところ。 今回は「麺屋 八重山STYLE」が「日本人客お断り」にした背景や、ネットの反応についてまとめました。 出典: これに加え、さらに 7月1日から9月までの3カ月間は、「日本人のお客様はお断り」にするそう。 こうしたルールを敷く店側の切実な理由として 「客側のマナーの悪さ 店主談 」があるといいます。 例えば• 店内に他店の飲み物を持参• 子供連れの家族が子供の分の麺類を注文してくれない といったお客に迷惑しているとのこと。 確かにこうした店側の要望は「見に見えないマナー」として他店にも共通して言えることではありそう。 実際に• 店にはカウンター席8席しかないこと• 1人1杯の注文がないと利益が上がらないこと• 一人で切り盛りしており客のクレームや粗相に対応できないこと といった現状、店の回転率が下がりやすい子連れ、グループ、には特に厳しい対応をせざるを得ないのもわからなくはない所かもしれません。 客のマナーの悪さは「麺屋 八重山STYLE」の店主に問題? 店側の断りを無視したり、逆上してくる客がいることも確かなようですが、ネットの口コミを見てみると 店側の「断り方」が客の対応を悪化させているという見方もあるようです。 バイトが「1人1杯なので」と「お断り」を告げると客は激怒。 「奈良から来たのに。 駐車場料金も300円払った」「どんな商売しとるんだ」などと詰め寄られた。 持ち込み禁止にもかかわらず飲み物を持参した大学生に注意したところ、「店内には書かれてないからOKでしょう」と屁理屈で返されたことも。 「日本人観光客のマナーは年々悪くなっている」。 店長の有馬明男さん(42)は現在、バイトは採用しておらず1人で切り盛り。 日本人観光客がルール違反することに我慢の限界を超えた。 正確には 「一杯ご注文いただけるんですよね?」と言われたので「多分無理だと思うので、、、結構です。 すみません」と言って出ようとしたら「幼児・乳幼児はお断りしてるんですよ!ここにも書いてありますけど!」と言われました。 出て行こうとしているのに言う必要ないですよね。 石垣島は飲食店が来客数に比べて少ないですので、放っておいてもお客さんが来るからですか?こんなに横柄な態度は。 子供が非常にお嫌いな様でした。 お子様連れの方は気分を悪くしてまで行く必要のない店ですので、避けることをお勧めします。 まず、目撃をしたのですが、 客に対して、帰れなど、うるさい。 などの暴言を店主が吐いていました。 入ろうと思いましたがとても不快になったので入るのをやめました。 口コミはあくまで個人の感想ではありますが、現在はこうした店主の接客の様子も明らかになり、さらなる炎上を起こしている模様。 どちらにも言い分はありそうですが、せっかくの人気ラーメン店。 客側も店側も、敬意を払える関係になると良いですね・・。 地域の商店街も観光客マナーには悩まされている 一方で、 地域の店舗全体が共通して「マナーの悪い観光客」に手を焼いている、という現状は確かにあるようです。 「麺屋 八重山STYLE」の店主も、もちろんこのような「お断り」は啓発的に行なっているだけで、本来であれば誰にでも来て欲しいと望んでいるのでは、と考えることもできます。 今回の規制はやりすぎ感がありますが、観光客との良い関係が築けるようになることを祈っています。 商店街の反応はどうか。 店舗を営む女性の一人は「商店街の同じ仲間としてびっくりしている。 思わず2度見した」と振り返り、「観光客相手に頑張っている者として、お断りは好ましくない。 商店街のイメージダウンになる可能性もある」と指摘する。 一方で 「日本人に限らず、質の悪い観光客は来ないでほしい」と本音も。 「石垣市は観光客の量を確保して質を上げる方針とは思うが、 量はもう必要ない。 観光客の質が重要だ」と強調した。 市は、観光基本計画で2020年までに入域観光客数の目標を150万人に設定しつつ、「量」から「質」への転換を図ろうとしている。 21年度の改訂に向け、来年度に中身を検証する。 出典: ネットの反応 八重山styleさん「日本人お断り」になったと聞いてお茶噴いた。 美味しい店だったのに残念だ、もう行く事は無いだろう。 日本で商売してて日本人お断りという謎展開、海外で勝負したらどうでしょう — kusahaeru kusahaeru6 麺屋 八重山styleっお店のようです。 日本人客のマナーが悪い? だから日本人お断り? んー お客さんも店主もどっちもどっちだな〜って感じですね〜 — たくぼん takubonbon1972 八重山STYLEってラーメン屋のクチコミ、報道以前の見ると2年前くらいは良好だった客との関係がこの数ヶ月で破滅的に悪くなってるのが分かる 味に納得しながらも店主の態度に疑義を唱えてる人も複数いるし、個人的に急激な評価の悪化は 切っ掛けがどこにあるかは別にして 店側の問題がデカいと思うわ — dejavu 920dejavu.

次の

日本人客お断りラーメン屋は閉店か?石垣島の幼児出禁の国籍差別店

日本 人 お断り ラーメン

日本人お断りのラーメン屋が石垣島にある! 嘘か誠か、日本で「日本人は客じゃねぇ」と言い切ったお店があるとかないとか。 よくよく見たら知り合いでした。 うーん。 こんなことあるんだなぁ。 めっちゃバズってますが、ここのオーナーとは一緒に働いたことがあります。 といっても日本でまだ駆け出しのころ、同じ会社にいた、ってことだけですけど。 客商売としてどうなのか? ネットでは色々言われていますが、個人的な感想は 「正直店の勝手では?」 と思いました。 もし取引先の会社が出してきた契約条件がいやであれば、取引しませんよね? これが身近な飲食店、しかもラーメン屋ということで賛否両論出ていますが、本質はこれと一緒じゃないかと思います。 客が上なのか?とか国籍差別だとか、いろいろありますが、目に見えないだけで法律上は双方の合意がある「契約」です。 契約条件が不満であれば、契約しなければよいだけです。 これは店側も客側も一緒です。 ・・・・ とまぁ屁理屈はここまでにして、 によるからの画像 経営的には? 経営目線でみると、固定客がいないのはかなり痛いです。 お得意さん。 極端にいうと、いわゆる坊主(一人もお客さんが来ない)の日も出てきてしまいます。 というのは固定客の総量が少ないからです。 特に石垣島のようなボリュームが少ない場所では、固定客を掴まなければ売り上げが安定しません。 観光地だから、シーズン以外は固定客がどれだけいるかが重要になってくるはずです。 シーズンだけ稼いであとは閉める、という商売ならいいですが・・・ のんびり暮らせそうだけど商売となるとね・・・タイも一緒かな によるからの画像 といっても「実はシーズン中の売り上げがあれば暮らしていけるんだよ。 わっはっは・・・」 という可能性もあるので何とも言えませんが。 敢えてメリットを挙げてみる• 自分が満足いく営業ができる• 精神的ゆとりができて店のクオリティがあがる• 観光客が増える• 有名人の仲間入り おお、結構いいことある。 でもデメリットのほうがおおきいなぁ・・・(個人の感想です) 商売やっている以上、売り上げや利益が大事だと思われますが、特にラーメン店で独立している人はそれ以上に「自分のやりたいようにやる」というのが内面にあります。 純粋に利益追求なら、オーナーが現場に立って、かつ席数の少ないラーメン屋を商売としてはまず選びません。 自分のやりたいようにやるというのが、コンセプトであるのか、味であるのか、接客であるのか、それは人それぞれですが、とにもかくにもまず自分。 意外にこれ大事です。 ブレちゃうんで。 ただし商売である以上、客がいて成り立つものなので、今回の施策でお客さんが喜ぶのであれば正解、喜ばないのであれば不正解、ということです。 「答えは客が知っている」 某居酒屋の文言。 真理だなぁ。。。 しかしこれで卒業生2人バズりましたねー。 本業とあまり関係ないところでバズってるけど・・・ うちより確実に有名になった 笑.

次の

石垣島のラーメン店を「日本人お断り営業」に追い込んだ観光公害の深刻

日本 人 お断り ラーメン

中国メディアは、「なぜ日本人はラーメンを食べるときに大きな音を立てるのか」と訝る記事を掲載した。 (イメージ写真提供:123RF) 中国から日本に伝わったラーメンは日本人の好みに合わせて独自の進化を遂げており、今やラーメンは日本を代表する料理として世界へと発信されている。 しかし、中国のラーメンと違っているのは味だけではないようだ。 中国メディアの百家号は22日、「なぜ日本人はラーメンを食べるときに大きな音を立てるのか」と訝る記事を掲載した。 中国のラーメンと言えば蘭州ラーメンが有名だが、牛骨から取った澄んだスープに手延べのストレート麺が特徴で、日本のラーメンの味とは大きく異なっている。 それゆえ、中国では中国のラーメンと日本のラーメンを明確に区別しており、日本のラーメンは「日式ラーメン」と呼ばれている。 記事は、日本のドラマやアニメで「日本人がラーメンを豪快にすすって食べる姿」を目にしたことがある中国人は多いはずだと伝えつつ、麺をすするという行為には「大きな驚きを感じる」と同時に、中国人は麺類をすすって食べないため「本当に日本人はラーメンを音を立てて食べるのか」、「日本では音を立てて食べるのがラーメンの正式な食べ方なのか」と疑問を抱いてしまうと論じた。 続けて記事は、日本でラーメンは熱いうちに食べるのがもっとも美味しい食べ方とされているとし、「麺を音を立てて啜って食べることで熱々の状態でも口に入れることができるため、最も美味しい状態のラーメンを堪能できる」と説明した。 中国では音を立てて食べることはマナー違反とされるため、音を立てて麺を啜るやり方が解らない中国人もいるようだが、記事は「日式ラーメンをすすって食べる際には、麺を口いっぱいに頬張ってはならず、少量の麺を箸にとって啜ると良い」と紹介。 しかし、中国と同じように日本でもラーメンはかしこまって食べる料理ではないとし、日本人もラーメン店では周囲を気にせず音を立てて麺を啜っていると紹介、両手で丼を持ってスープを豪快に飲み、その美味しさを十分に堪能すれば良いと伝えた。 (編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF).

次の