トランポリン パーク。 東京都でトランポリンができる [5大施設] まとめ

トランポリンスタジオ グラビティ・ゼロ 相模原市

トランポリン パーク

トランポリンパーク「ゲットエア広島」が広島市にオープンしています。 アメリカ発のこの施設、日本では二店舗目の出店です。 雨の日も関係なく思いっきり汗を流せて遊べるスポットです ゲットエア(GET AIR)広島が、2018年12月よりプレオープンしています。 ゲットエアとは、アメリカで人気のトランポリンパークのこと。 テレビの取材も多く、日本でもジワジワ展開中。 埼玉に日本初上陸(店舗名はゲットエア東京)したのち、日本第二号店として広島市安佐南区長束にオープンしました。 全面トランポリンの施設で、思いっきり飛んで跳ねて遊べる!さらに、サーフボード・スラックライン といったバランス系のスポーツも体験できるスポットになっています。 楽しいイメージではあるものの、どんな感じで遊べる場所なのか?実際に編集部が体験してきました。 Youtubeチャンネル トランポリンといえば子供用の遊具ではよく目にしますが、その他では競技者でもない限りなかなか触れることが少ないもの。 ルールはいくつかありますが、誰でも簡単にチャレンジできるため運動好きな人にはたまらない場所。 また全身を使って飛んだり跳ねたりして遊ぶ施設のため、少しの時間でもなかなかの運動量になりますし、普段使っていない筋肉も使いまくりですよ! ゲットエア広島 でできること トランポリンをメインにした遊技場「ゲットエア」では、1時間または2時間から選択し、時間制で遊べる施設となっています。 子供のための「キッズ専用エリア」も用意されており、身長120cm以上はそれ以外のエリアで楽しみます。 キッズ専用エリアはコンパクトな配置となっているものの、大人用と似たつくりの器具が揃っています。 トランポリンでジャンプすると、普段は経験したことのない高さの跳躍ができて楽しい。 ビヨヨーンと跳びながら軽く身体を慣らしたら、用意されたいろんなコーナーにトライ! 「スラムボール」はネットのないバスケットゴールが用意されたエリア。 トランポリンでスーパージャンプして、憧れのダンクに挑戦。 「スラックライン」はベルト状のラインの上を歩いたり飛んだりする綱渡りスポーツ。 短く低い位置に設置されているため、初心者でも気軽に挑戦できます。 「サーフボード」で波乗り体験! 「フォームピット」スポンジのプールで技を磨けます。 「忍者コース」様々なミッションをクリアしていく、TVのスポーツ番組のようなコースも設置されています。 「全面トランポリン」では広々としたスペースを使って楽しめる。 筆者が訪れた2019年4月下旬は「プレオープン中」とのことで、各コーナーの内容は変更になる可能性もあるとのことでした。 休憩スペースも設置されているので、水分を摂りながら一休みもOK。 用意された様々なコーナーで遊ぶもよし、憧れの技を挑戦・練習するもよしのトランポリンパーク「ゲットエア」。 筆者はトランポリンでどんな遊びができるかを知らずに行ったのですが、初心者でもできる技などを事前に調べておくとより楽しく過ごせます。 (練習してたら時間があっという間でした) ゲットエア広島の利用料金・服装について 2019年4月現在では、料金は以下のように設定されています。 ビッグエア(身長120cm以上) 月曜~木曜 1時間1700円、2時間2700円 金曜~日曜 1時間1800円、2時間2800円 スモールエア(身長120cm未満) 月曜~木曜 1時間900円、2時間1600円 金曜~日曜 1時間1000円、2時間1700円 このほか、初めての利用者は滑り止めがついた専用靴下(300円)の購入と安全ビデオの視聴、免責同意書のサインなどが必要。 同意書などはホームページから確認・登録でき、店頭での確認作業などが短縮できるようです。 筆者は今回普段着で訪れましたが、スポーツセンターやジムに行くような動きやすい・運動用の服装で行くことをおすすめします。 男女別の更衣室、施錠可能なロッカーもありましたよ。 思ったよりも高く跳べる!新感覚の遊びを ゲットエア広島 住所 広島県広島市安佐南区長束4-12-8() 電話 082-846-4433 営業時間 平日12時~21時/土日祝日10時~21時 最終入店は閉店前1時間、連休などは営業時間が異なるため、詳しくはお店へ直接お問合せください。 営業や時間などを確認してからお出かけ下さい。 予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

次の

ゲットエア広島、室内トランポリンパーク施設は大人も夢中で遊べる

トランポリン パーク

トランポリンパークエリア・ボウリング トランポリン・クライミング・スラックライン・ボウリングが無料でご利用できます。 何度でもエリアの入退場ができます。 入会金は 550円(税込)です。 会員証の期限は、無期限となっております。 入会当日から会員料金でのご利用ができます。 団体様 10名 以上で お一人様利用料金無料!となります。 代表会員様1名で入店手続きができます。 当店は、10分無料のサービス時間が付いています。 清算をお待ちで10分以上経過した時間をカットいたします。 会員証を紛失された方:再度、新規入会手続きが必要となります。 施設、駐車場内においての 事故、怪我などの責任は、負いません。 22時以降は、青少年健全育成条例に基づき身分証の提示を求める場合がございます。

次の

店舗・料金表

トランポリン パーク

トランポリンをはじめとする最新のスポーツアクティビティが楽しめる施設で、イオンモール幕張新都心店に続く2店舗目です。 約200坪の「トランポリンエリア」には全54面ものトランポリンを設置。 自由にジャンプできる 「フリーゾーン」、飛び跳ねながらドッジボールやダンクシュート、バレーボールが楽しめるゾーン、アクションゲームの主人公気分になれる 「アクションジャンプゾーン」など、全6つのゾーンで多彩なトランポリン体験ができます。 トランポリン以外にも、空気が入った障害物を突破していく 「エアーランエリア」、高さ約3. 5mの高所に張られたロープを渡っていく 「ロープウォークエリア」、高さ最大10m14種類19コースの壁登りが楽しめる 「クライミングウォールエリア」、ペダルで漕ぐカートでコースを走ってレーサー気分が味わえる 「ペダルカートエリア」、小さな子どもが安心して遊べる 「キッズエリア」(3歳以上身長120cm未満が対象)もあります。 「SPACE ATHLETIC TONDEMI」の1店舗目で、イオンモール幕張新都心にあります。 こちらの「トランポリンエリア」も約200坪の広さを誇り、自由にジャンプできる 「フリーゾーン」、飛び跳ねながらドッジボールができる 「ドッジゾーン」、懸垂渡りなど全身を使った運動ができる 「ニンジャアスレチック」など、5つのゾーンが用意されています。 また、プロジェクションマッピングとセンシング技術を駆使して 宇宙レースに参加したような体験ができるアトラクション「スペースホッパーズ」も人気です。 そのほか、平和島店と同じく 「クライミングウォールエリア」「ロープウォークエリア」「キッズエリア」(3歳以上身長120cm未満が対象)もあります。 2019年8月にオープンした関東最大級規模のスポーツアスレチック施設で、ゆりまち袖ヶ浦駅前モール内にあります。 約250坪のトランポリンエリアは4歳から入場OK。 11面のトランポリンが並んだ「フリースタイルジャンプ」のほか、10cmずつ高くなる障害物を越えていく「チャレンジジャンプ」、強いバネでより高くジャンプできる「ファンジャンプ」、跳ねながらドッジボールができる「ドッジボールジャンプ」が楽しめます。 また、大きなエアバッグを併設した飛び込みやスラックラインが体験できるコーナーや、自分がジャンプすることでテレビ画面のキャラクターを操作するゲーム「ヴァロジャンプ」もあります。 そのほか、高さ約3mの不安定な足場を渡っていく10歳以上対象の「ロープコースエリア」や、高さ約6mの「クライミングウォール」、トランポリンやネット遊具、スポンジプールなどを備えた1〜3歳対象の「キッズエリア」もあります。

次の