膝 黒ずみ。 膝裏も黒ずみに注意!原因やすぐにできる対策|黒ずみいろは

膝の黒ずみが気になる!原因と7つの対処法|feely(フィーリー)

膝 黒ずみ

セルフケアで遠回りしたくない時の皮膚科治療 膝が黒ずんでいるせいで膝下丈のスカートしか履けない、とお悩みではありませんか? 残念な黒ずみ膝を消す方法はたくさんあります。 塩やスクラブで古くなった角質を取り除く方法、美白クリームで色素沈着を薄くする方法。 残念ながら、 市販品の黒ずみ除去パワーには限度がありますから、即効性に乏しいのがネックです。 もし大至急膝の黒ずみを消し去りたいなら、 美容皮膚科の色素沈着治療を受けた方が確実です。 ターンオーバーは早くても28日間、年齢を重ねると2ヶ月近くかかることも珍しくありません。 黒ずみが目立つ肌はターンオーバーが遅れている可能性が強いので、 肌が生まれ変わるのを待っていたら平気でワンシーズン終わってしまいます。 皮膚科ではターンオーバーに働きかけるアプローチをしますので、セルフケアとは比べものにならないほど早く結果を出すことができます。 関連記事 想像以上に使いにくい!!トレチノンの面倒臭い副作用 メラニン色素のせいで黒ずんでいる膝には、美白成分のトレチノインが効きます。 トレチノインの得意分野は、ターンオーバーの促進。 黒ずんでいる膝は、メラニン色素で汚れた古い角質が積み重なっている状態です。 トレチノインを塗ることで肌の生まれ変わりサイクルが加速し、蓄積しているメラニンがどんどん排出されます。 けれど喜ぶのは早計です。 威力の強い医薬品ほど副作用も強いのは周知の事実です。 「効く成分ほどハイリターンハイリスク」の例に漏れず、トレチノインも肌質を選びます。 塗っただけでピリピリするほど刺激が強いので、 敏感肌の患者さんには不向きです。 しかも治療中は皮がポロポロ剥けますから、一時的に醜い状態になります。 さらに、治療後は 徹底的にUV対策に励まないと黒ずみが悪化する恐れもあります。 メラニンは皮膚を紫外線から守る役割があります。 そのメラニンを排出してしまうことで膝がノーガード状態になりますから、紫外線対策が欠かせません。 関連記事 膝の黒ずみの万能薬?ハイドロキノンの白斑リスク 美白の代表成分、ハイドロキノンは膝の黒ずみに使えるのでしょうか。 ハイドロキノンも美容皮膚科で膝の黒ずみを治療する時の定番処方成分です。 美白効果に関しては、ハイドロキノンほど高い威力を発揮する成分は他にありません。 けれどハイドロキノンも副作用が多く、扱いにくい美白成分です。 メラノサイトを減少させることで見た目は美しくなりますが、一歩間違えると膝が白い斑点で覆われてしまいます。 白斑リスクはハイドロキノンの深刻な副作用です。 また、トレチノイン以上に紫外線ダメージに弱くなるので、せっかく膝が白くなったのに日中露出することができないと言うジレンマも。 肌のピリピリ感が辛くなり、治療を中断するケースも珍しくありません。 皮膚科では肌質を見極めながら濃度を微調整し、トレチノインとハイドロキノンを併用して治療します。 ハイリスクと引き換えに透明感溢れる美しい膝を手に入れるか、決めるのはあなた次第です。 関連記事 ハイドロキノンの弱点を克服する方法 最高の美白作用をもたらすハイドロキノンにも弱点はあります。 それは、肌に浸透しにくいこと。 よくトレチノンと一緒に処方されるのは、併用することでハイドロキノンの吸収率を高めることができるからです。 ただしトレチノンは本当に刺激が強い成分なので、妊娠中、授乳中の女性は使うことができません。 加えて、冷蔵庫で保存して封を開けなくてもたった1ヶ月で薬効が減ってしまうほど、扱いにくい薬です。 薬代は黒ずみの重症度にもよりますが、併用しても1ヶ月1~2万円で済むことが多いようです。 ハイドロキノンの方が安いので、もしお金をかけずに治療したいと希望しているなら、ハイドロキノン1本に絞ることで月5,000円以内の治療費に抑えられます。 クリーム以外の膝の黒ずみ美白治療 膝の黒ずみが軽度なら、ピーリング石鹸だけでケアすることも可能です。 ケミカルピーリングとイオン導入の併せ技も効果的です。 1回1~2万円しますが、強力美白成分のようにハードな副作用の心配がないので人気があります。 頑固な黒ずみはレーザー治療が提案されることもありますが、とにかく高額です。 左右合わせて1回3万円以上かかる照射を、5回ほど繰り返さなければなりません。 膝の黒ずみのために20万近く払う患者さんもいらっしゃいます。 予算とも相談しながら治療方法を選びましょう。 関連記事 関連記事 まとめ.

次の

膝の黒ずみの治し方

膝 黒ずみ

セルフケアで遠回りしたくない時の皮膚科治療 膝が黒ずんでいるせいで膝下丈のスカートしか履けない、とお悩みではありませんか? 残念な黒ずみ膝を消す方法はたくさんあります。 塩やスクラブで古くなった角質を取り除く方法、美白クリームで色素沈着を薄くする方法。 残念ながら、 市販品の黒ずみ除去パワーには限度がありますから、即効性に乏しいのがネックです。 もし大至急膝の黒ずみを消し去りたいなら、 美容皮膚科の色素沈着治療を受けた方が確実です。 ターンオーバーは早くても28日間、年齢を重ねると2ヶ月近くかかることも珍しくありません。 黒ずみが目立つ肌はターンオーバーが遅れている可能性が強いので、 肌が生まれ変わるのを待っていたら平気でワンシーズン終わってしまいます。 皮膚科ではターンオーバーに働きかけるアプローチをしますので、セルフケアとは比べものにならないほど早く結果を出すことができます。 関連記事 想像以上に使いにくい!!トレチノンの面倒臭い副作用 メラニン色素のせいで黒ずんでいる膝には、美白成分のトレチノインが効きます。 トレチノインの得意分野は、ターンオーバーの促進。 黒ずんでいる膝は、メラニン色素で汚れた古い角質が積み重なっている状態です。 トレチノインを塗ることで肌の生まれ変わりサイクルが加速し、蓄積しているメラニンがどんどん排出されます。 けれど喜ぶのは早計です。 威力の強い医薬品ほど副作用も強いのは周知の事実です。 「効く成分ほどハイリターンハイリスク」の例に漏れず、トレチノインも肌質を選びます。 塗っただけでピリピリするほど刺激が強いので、 敏感肌の患者さんには不向きです。 しかも治療中は皮がポロポロ剥けますから、一時的に醜い状態になります。 さらに、治療後は 徹底的にUV対策に励まないと黒ずみが悪化する恐れもあります。 メラニンは皮膚を紫外線から守る役割があります。 そのメラニンを排出してしまうことで膝がノーガード状態になりますから、紫外線対策が欠かせません。 関連記事 膝の黒ずみの万能薬?ハイドロキノンの白斑リスク 美白の代表成分、ハイドロキノンは膝の黒ずみに使えるのでしょうか。 ハイドロキノンも美容皮膚科で膝の黒ずみを治療する時の定番処方成分です。 美白効果に関しては、ハイドロキノンほど高い威力を発揮する成分は他にありません。 けれどハイドロキノンも副作用が多く、扱いにくい美白成分です。 メラノサイトを減少させることで見た目は美しくなりますが、一歩間違えると膝が白い斑点で覆われてしまいます。 白斑リスクはハイドロキノンの深刻な副作用です。 また、トレチノイン以上に紫外線ダメージに弱くなるので、せっかく膝が白くなったのに日中露出することができないと言うジレンマも。 肌のピリピリ感が辛くなり、治療を中断するケースも珍しくありません。 皮膚科では肌質を見極めながら濃度を微調整し、トレチノインとハイドロキノンを併用して治療します。 ハイリスクと引き換えに透明感溢れる美しい膝を手に入れるか、決めるのはあなた次第です。 関連記事 ハイドロキノンの弱点を克服する方法 最高の美白作用をもたらすハイドロキノンにも弱点はあります。 それは、肌に浸透しにくいこと。 よくトレチノンと一緒に処方されるのは、併用することでハイドロキノンの吸収率を高めることができるからです。 ただしトレチノンは本当に刺激が強い成分なので、妊娠中、授乳中の女性は使うことができません。 加えて、冷蔵庫で保存して封を開けなくてもたった1ヶ月で薬効が減ってしまうほど、扱いにくい薬です。 薬代は黒ずみの重症度にもよりますが、併用しても1ヶ月1~2万円で済むことが多いようです。 ハイドロキノンの方が安いので、もしお金をかけずに治療したいと希望しているなら、ハイドロキノン1本に絞ることで月5,000円以内の治療費に抑えられます。 クリーム以外の膝の黒ずみ美白治療 膝の黒ずみが軽度なら、ピーリング石鹸だけでケアすることも可能です。 ケミカルピーリングとイオン導入の併せ技も効果的です。 1回1~2万円しますが、強力美白成分のようにハードな副作用の心配がないので人気があります。 頑固な黒ずみはレーザー治療が提案されることもありますが、とにかく高額です。 左右合わせて1回3万円以上かかる照射を、5回ほど繰り返さなければなりません。 膝の黒ずみのために20万近く払う患者さんもいらっしゃいます。 予算とも相談しながら治療方法を選びましょう。 関連記事 関連記事 まとめ.

次の

膝の黒ずみ、クリームのランキング市販はこれ!

膝 黒ずみ

このページの目次• どうして膝が黒ずんでしまうの? 膝ってそもそも、どうして黒ずんでしまうのでしょうか。 よく思い返してみてください。 日ごろ、何気なく膝をつく姿勢をしていませんか? 例えば、ご自宅でちょっと離れた所の物を取ろうとする時を思い出してください。 立ちあがるほどでもないし、面倒くさいしと、膝をついて前のめりになって取ったりしますよね。 また小さなお子さんがいるお母さんですと、子供さんと目線を合わせて話したり、何かをしようとすると、つい膝を床につけてしまいますよね。 こういった、 膝に体重がかかる動作の繰り返しは、その部位の皮膚を硬くしてしまい、黒ずみを生んでしまいます。 また、摩擦も膝を黒ずませる原因となるのです。 何気なくしている 脚を組む動作は、ほとんどの方がされていると思います。 これも膝と重ねられた逆の膝裏との摩擦が繰り返されることで黒ずみへと繋がってしまうんです。 さらに、足を細く見せる為にピッタリとしたパンツを履いていませんか?ピッタリとしたパンツを履いて歩くと、パンツの生地と膝がこすれあいますよね。 これも、摩擦を生んでしまいます。 足のムダ毛をカミソリで処理するのも摩擦になります。 生活していく上で全く使わない事は難しいですよね。 どれも何気ない動作かもしませんが、何もしなければ膝の黒ずみは簡単に解消できないほどしぶとくなっていきます。 肌に負担がかかっているからこそ、しっかりと対策を覚えましょう。 膝は黒ずみやすい これら、膝に与える摩擦などの負荷に加えて膝部分の皮膚の状態も影響しています。 寒い冬などに膝がカサカサして白く粉をふいてしまったという経験はありませんか?そうなのです。 膝のお皿の周辺は、 毛穴が少なく皮脂の分泌が非常に少ない部位でもあるのです。 皮脂だけではなく、汗も出にくい為、新陳代謝が少ない場所な訳です。 そこに摩擦などの刺激が常日頃から加わることでメラノサイトが刺激され、黒ずみを生むメラニン色素が作られてしまいます。 これが膝の黒ずみのメカニズムなのです。 色素沈着をしてしまっているんですね。 また、気が付くと膝がカサカサしてしまっていることありますよね。 乾燥してしまうことも黒ずみさせてしまいます。 このように 黒ずみの原因は、摩擦や乾燥など複数の要因によるものだということが考えられます。 広告 まずは「保湿」! 非常に酷使されやすい状況にある膝を美しくに保つにはどんな工夫をしていけばいいのでしょうか? まずは、先に紹介したような膝に与える摩擦や負荷を極力無くすことです。 その上で、お肌同様に日頃のケアを大事にしていきましょう。 まず乾燥しがちな膝に出来る 毎日のケアは「保湿」です。 膝に保湿?っと不思議に感じるかもしれませんが、非常に重要なポイントです。 方法としては お風呂から上がった後、美白クリームをしっかりとマッサージするように塗り込みましょう。 マッサージすることで血流を良くしてあげることも肌の状態を良くし、メラニン色素が溜まりにくくするポイントです。 また、お風呂上がりだけではなく、長時間外の風に当たった後などは非常に乾燥しています。 手にハンドクリームを塗るように、膝にも乾燥を感じたら保湿・美白クリームでケアをしてあげましょう。 おすすめの美白クリームは 「ハーバルラビット」です。 こちらのクリームは、300名以上のドクターが在籍するスキンケア大学でも取り上げられた人気の商品です。 使い方はとても簡単で朝晩の1日2回膝に塗るだけ・・・!60日間の全額返金保証もついているので、使ってみて効果を感じなければ返金するのもOKです。 重曹を使った黒ずみ解消法 既に出来てしまっている黒ずみを取り除くのに活躍してくれるのがお掃除の味方「重曹」です。 重曹はざらざらとした手触りのパウダーですよね。 そのスクラブが膝周辺の皮膚のピーリングに有効なのです。 重曹にお水を加え良く混ぜてペースト状にする• ペーストを膝のお皿周辺に円を描きながら塗り込んでいく• ぬるま湯で洗い流し、タオルで優しく水分をとる• 美白クリームを膝に塗り込む これはお風呂に入った時などに湯船につかり、ある程度皮膚を柔らかくした後に行うと効果的です。 とっても簡単なので是非取り入れて見て下さいね。 注意点 1つ注意点です。 この重曹を使った スクラブケアの頻度は週1程度にしましょう。 スクラブで肌をこすりピーリング、つまり古い角質を取り除く行為です。 毎日行ってしまうと、新しい皮膚まではぎとってしまったり、傷つけてしまう恐れがあります。 その為、1度行ったら1週間ほど肌を休ませましょう。 月に2回ほどで十分な効果が期待できます。 市販のボディスクラブもおススメ 洗って流すだけの市販のボディスクラブも簡単に取り入れられますね。 乾燥してざらざらしてしまった 古い角質をやわらかくして取り除いてくれるのがボディスクラブの魅力です。 それだけではなく保湿成分がたっぷり入っているものが多く、使うだけですべすべなお肌にしてくれるので、週に1〜2回ほど続けるとだいぶ肌の調子が良くなります。 ゴシゴシとこするのはもちろんNGで、優しくマッサージするように使いましょう。 ハウスオブローゼのボディスムーザーやlalineの商品は2000円ほどで手に入りますし、容器も割れないのでお子さんがいる家庭でも安心して置いておけますよ。 種類もたくさんあるので好きな香りのものを選ぶと、日ごろのお手入れも楽しく続けれますね。 まとめ 膝を見ると、シワが多い部分だなという事に気づきますよね。 立ちあがったり、座ったり、また歩くなどの動作を行う事で膝は曲げ伸ばしが多い部位の為、シワも出来やすい部分です。 そのシワの間に汚れがたまりやすのですが、膝のケアしている人は多くはないと思います。 シワは見た目がよくないだけでなく汚れを溜めてしまうというマイナス面も持っています。 膝周りにシワがなるべく出来ないように、 お風呂上がりの保湿と一緒にストレッチやマッサージをして気にかけてあげるようにしましょう。 手にはハンドクリーム、唇にはリップクリーム、お顔には美容液を塗るように、毎日のケアとして、 膝にも美白クリームを塗ることを心がけていきましょう。 膝の黒ずみを無くすためのケアはいずれも簡単に出来るものばかりです。 お肌の黒ずみは肌の再生に時間をかかるため、一朝一夕にキレイになるものではありません。 黒ずんでしまったと彼に言われるないように、日々の積み重ねが大切です。 1か月も続けると膝の黒ずみもだいぶ変わりますよ。 面倒くさがらずにコツコツと気長に頑張りましょう。

次の