ときめき 草 歌詞。 【日向坂46】『ときめき草』歌詞を見ながらMVをご覧ください!

日向坂46、新曲「ときめき草」MV公開 センセーショナルな閃きをダンスで表現

ときめき 草 歌詞

作詞 : 秋元 康• 作曲 : 御子柴リョーマ• 編曲 : 御子柴リョーマ 無意識に昇った階段が 何段あったなんて 覚えてないだろ? 過ぎ去った日々の僕たちは どんなことをいつも語り合った? そんな関係が楽だった二人なのに だけどある日 なぜかふいに 違う気持ちに気づいたんだ ときめき草の花が咲いたよ 心のその片隅 友達じゃいられない 特別な存在 日差しの中 微笑む君に ハッとしたその瞬間 初めての感情が 胸の奥でそっと揺れていた どうだっていい日常のヒトコマ 何かの意味があるんだ あの時 君と会ったこと 今やっと 理由がわかって来た 古い友達の一人と誤解してた 異性として見れないのは 早すぎたんだ まだ蕾で… ときめき草は 好きになりそう 春がまた巡って ほのかな愛しさは 華やかになるはず 過去のどこかにヒントはあるよ 未来に何が起きる? ようやく咲きそうな 恋の花をそっと守りたい ねえ もっと(ねえ もっと) そう早く(そう早く) 君のこと 好きになってたら 告白をもうしてたか? ときめき草の花が咲いたよ 心のその片隅 ときめき草は 好きになりそう 春がまた巡って ほのかな愛しさは 華やかになるはず 過去のどこかにヒントはあるよ 未来に何が起きる? ようやく咲きそうな 恋の花をそっと守りたい 日向坂46『ときめき草』ってどんな楽曲? 日向坂46 1st Single『キュン』のカップリング曲として収録された『ときめき草』は、春にぴったりの恋の歌です。 出会いの季節、新しいことの始まりを予感させるこの楽曲は、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』のオープニングにもイントロ部分が使われています。 MVでは全員で踊るダンスシーンの他、各メンバーが見せる感情的なシーンにも注目していただきたいです。 『ときめき草』のMVは、私もかなり大好きな作品で、メンバーの表情の切り取り方が凄く素敵だなぁと鳥肌が立ちました。 『ときめき草』は、表題曲候補にも挙がっていたと言われており、日向坂46の隠れた名曲の一つだと私は思っています。 『ときめき草』歌詞考察 『ときめき草』の歌詞は、主人公が君に問いかけるシーンから始まります。 その問い掛けの内容は、これまでに 昇ってきた階段の数を覚えているか?というもの。 そして「過ぎ去った日々の僕たちは、どんなことをいつも語り合った?」と続けます。 どんな会話をしたかはともかく、無意識に昇った階段の段数を覚えている人なんてそういないませんよね。 でも、敢えて階段というワードを用いている理由を考えてみると、何かを比喩している表現であることに気づきます。 そして、その一段ごとに何かしらのイベント(きっかけ)があったと考えるのです。 しかし、そのきっかけとなる出来事は、一つずつ鮮明に思い出せるほど印象的なものではない。 例えばそれは、 日常の些細な会話の積み重ねではないかと主人公は考えるのです。 それでは、今の僕と君は一体どういう関係なのでしょうか? 古い友達の一人と誤解してた 結論から言うと、主人公と君の関係は 友達以上・恋人未満である可能性が高いです。 また、楽曲中では古い友達と歌われていることから、幼馴染みとも考えられますね。 ただ、恋がどういうものか分からなかった子どもの頃と、大人になった今では、君との接し方も少し変わってきました。 私はこの歌詞を読むと、 幼少期には恋愛感情が全く無かったとは思えないんですよね。 君と過ごしていくうちに、何か特別な気持ちが芽生えていった。 しかし、当時の主人公には、 これが恋ということに気付けなかった。 というのが、この楽曲のポイントなのかなと思います。 ときめき草の花が咲いたよ 君と出会ってから何度目かの春、主人公の中にあるほのかな愛しさは、今ようやく開花の時を迎えます。 僕の心の片隅にも ときめき草の花が咲いたよ。 長い歳月をかけて育んできた恋の花、どんな色・形なのか気になりますよね。 人それぞれイメージは異なるかも知れませんが、きっと甘くて優しい香りがするんだろうなぁ~と私は思いました。 ときめき草が恋のステップに合わせて成長する植物であれば、恋が実ったときの表現は、 ときめき草の実がなった。 の方が自然に聞こえるからです。 というニュアンスになると思います。 ときめき草の花が咲いて始まった君への片想い。 アナタはこの恋の行方がどうなると予想しますか? 実は、これ以降の展開については歌詞に書かれていないのです。 しかし、この恋の未来予想に関する歌詞はあります。 主人公は君に告白できるのか、以下の歌詞から予想してみましょう。 もっと早く君のことを好きになってたら? もっと早く君のことを好きになってたら、告白をもうしてただろうか?これは、主人公の後悔が滲み出ている言葉です。 君のことが好きだと気づくのが遅すぎた。 そんな主人公が想像するもしもの世界線は、もしも付き合えたら…ではなく、 もしもあの頃好きになっていたなら…なんですよね。 未来のことは分からないので仕方ないとも思えますが、ときめき草の歌詞の中には「 過去のどこかにヒントはあるよ。 未来に何が起きる?」というフレーズが出てきます。 例えばそれは、意識しなければ見過ごしてしまいそうな日常の中にも意味があるとも受け取れます。 『ときめき草』は、時間をかけて成長する恋の花。 その花を咲かせる相手が誰なのか明確には分かりませんが、 何気ない日常会話がキッカケで始まる恋もあることを伝えています。 この記事を読んでいる方の中に、恋をしたいという方がおりましたら、日常の些細なヒントにも意識してみてはいかがでしょうか? 心の中にあるときめき草の成長を見守ることで、恋の始まりに早く気づくことができるかもしれませんよ。 まとめ 今回は、日向坂46の『ときめき草』の歌詞の意味を考察いたしました。 『ときめき草』は、好きな人ができたときに聴くと、より一層輝きが増す楽曲だと思います。 私はこの楽曲を聴く度に、恋って良いなぁと思っちゃうんですよね笑 あと、私だけかも知れませんが、曲構成は花が開く過程をイメージしているように聴こえる部分があって、そこがすごくお気に入りです。 そのポイントが、サビに入る直前に流れる音の変化です。 一番・二番・ラストサビと曲が進むごとに、どんどん音に厚みが増して華やかに聴こえるんです! こちらのリンクから、CD購入・ダウンロードできますので、『ときめき草』をフルで聴きたい方、MVの続きを観たいという方は、ぜひチェックしてみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

日向坂46「ときめき草」歌詞考察

ときめき 草 歌詞

サビのメロディが好き。 ひなのが一人で歩いてくるところ も好き。 カテゴリー• 5,232• 2,937• 2,038• 1,445• 987• 691• 4,502• 357• 737• 493• 608• 664• 569• 1,001• 495• 366• 684• 1,426• 541• 678• 646• 464• 1,705• 850• 341• 785• 1,105• 1,169• 100• 101• 106• 267• 152• 133• 214• 156• 355• 205• 313• 193• 593• 528• 411• 308• 265• 166• 195• 251• 164• 483• 187• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の

ときめき草 日向坂46 歌詞情報

ときめき 草 歌詞

作詞 : 秋元 康• 作曲 : 御子柴リョーマ• 編曲 : 御子柴リョーマ 無意識に昇った階段が 何段あったなんて 覚えてないだろ? 過ぎ去った日々の僕たちは どんなことをいつも語り合った? そんな関係が楽だった二人なのに だけどある日 なぜかふいに 違う気持ちに気づいたんだ ときめき草の花が咲いたよ 心のその片隅 友達じゃいられない 特別な存在 日差しの中 微笑む君に ハッとしたその瞬間 初めての感情が 胸の奥でそっと揺れていた どうだっていい日常のヒトコマ 何かの意味があるんだ あの時 君と会ったこと 今やっと 理由がわかって来た 古い友達の一人と誤解してた 異性として見れないのは 早すぎたんだ まだ蕾で… ときめき草は 好きになりそう 春がまた巡って ほのかな愛しさは 華やかになるはず 過去のどこかにヒントはあるよ 未来に何が起きる? ようやく咲きそうな 恋の花をそっと守りたい ねえ もっと(ねえ もっと) そう早く(そう早く) 君のこと 好きになってたら 告白をもうしてたか? ときめき草の花が咲いたよ 心のその片隅 ときめき草は 好きになりそう 春がまた巡って ほのかな愛しさは 華やかになるはず 過去のどこかにヒントはあるよ 未来に何が起きる? ようやく咲きそうな 恋の花をそっと守りたい 日向坂46『ときめき草』ってどんな楽曲? 日向坂46 1st Single『キュン』のカップリング曲として収録された『ときめき草』は、春にぴったりの恋の歌です。 出会いの季節、新しいことの始まりを予感させるこの楽曲は、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』のオープニングにもイントロ部分が使われています。 MVでは全員で踊るダンスシーンの他、各メンバーが見せる感情的なシーンにも注目していただきたいです。 『ときめき草』のMVは、私もかなり大好きな作品で、メンバーの表情の切り取り方が凄く素敵だなぁと鳥肌が立ちました。 『ときめき草』は、表題曲候補にも挙がっていたと言われており、日向坂46の隠れた名曲の一つだと私は思っています。 『ときめき草』歌詞考察 『ときめき草』の歌詞は、主人公が君に問いかけるシーンから始まります。 その問い掛けの内容は、これまでに 昇ってきた階段の数を覚えているか?というもの。 そして「過ぎ去った日々の僕たちは、どんなことをいつも語り合った?」と続けます。 どんな会話をしたかはともかく、無意識に昇った階段の段数を覚えている人なんてそういないませんよね。 でも、敢えて階段というワードを用いている理由を考えてみると、何かを比喩している表現であることに気づきます。 そして、その一段ごとに何かしらのイベント(きっかけ)があったと考えるのです。 しかし、そのきっかけとなる出来事は、一つずつ鮮明に思い出せるほど印象的なものではない。 例えばそれは、 日常の些細な会話の積み重ねではないかと主人公は考えるのです。 それでは、今の僕と君は一体どういう関係なのでしょうか? 古い友達の一人と誤解してた 結論から言うと、主人公と君の関係は 友達以上・恋人未満である可能性が高いです。 また、楽曲中では古い友達と歌われていることから、幼馴染みとも考えられますね。 ただ、恋がどういうものか分からなかった子どもの頃と、大人になった今では、君との接し方も少し変わってきました。 私はこの歌詞を読むと、 幼少期には恋愛感情が全く無かったとは思えないんですよね。 君と過ごしていくうちに、何か特別な気持ちが芽生えていった。 しかし、当時の主人公には、 これが恋ということに気付けなかった。 というのが、この楽曲のポイントなのかなと思います。 ときめき草の花が咲いたよ 君と出会ってから何度目かの春、主人公の中にあるほのかな愛しさは、今ようやく開花の時を迎えます。 僕の心の片隅にも ときめき草の花が咲いたよ。 長い歳月をかけて育んできた恋の花、どんな色・形なのか気になりますよね。 人それぞれイメージは異なるかも知れませんが、きっと甘くて優しい香りがするんだろうなぁ~と私は思いました。 ときめき草が恋のステップに合わせて成長する植物であれば、恋が実ったときの表現は、 ときめき草の実がなった。 の方が自然に聞こえるからです。 というニュアンスになると思います。 ときめき草の花が咲いて始まった君への片想い。 アナタはこの恋の行方がどうなると予想しますか? 実は、これ以降の展開については歌詞に書かれていないのです。 しかし、この恋の未来予想に関する歌詞はあります。 主人公は君に告白できるのか、以下の歌詞から予想してみましょう。 もっと早く君のことを好きになってたら? もっと早く君のことを好きになってたら、告白をもうしてただろうか?これは、主人公の後悔が滲み出ている言葉です。 君のことが好きだと気づくのが遅すぎた。 そんな主人公が想像するもしもの世界線は、もしも付き合えたら…ではなく、 もしもあの頃好きになっていたなら…なんですよね。 未来のことは分からないので仕方ないとも思えますが、ときめき草の歌詞の中には「 過去のどこかにヒントはあるよ。 未来に何が起きる?」というフレーズが出てきます。 例えばそれは、意識しなければ見過ごしてしまいそうな日常の中にも意味があるとも受け取れます。 『ときめき草』は、時間をかけて成長する恋の花。 その花を咲かせる相手が誰なのか明確には分かりませんが、 何気ない日常会話がキッカケで始まる恋もあることを伝えています。 この記事を読んでいる方の中に、恋をしたいという方がおりましたら、日常の些細なヒントにも意識してみてはいかがでしょうか? 心の中にあるときめき草の成長を見守ることで、恋の始まりに早く気づくことができるかもしれませんよ。 まとめ 今回は、日向坂46の『ときめき草』の歌詞の意味を考察いたしました。 『ときめき草』は、好きな人ができたときに聴くと、より一層輝きが増す楽曲だと思います。 私はこの楽曲を聴く度に、恋って良いなぁと思っちゃうんですよね笑 あと、私だけかも知れませんが、曲構成は花が開く過程をイメージしているように聴こえる部分があって、そこがすごくお気に入りです。 そのポイントが、サビに入る直前に流れる音の変化です。 一番・二番・ラストサビと曲が進むごとに、どんどん音に厚みが増して華やかに聴こえるんです! こちらのリンクから、CD購入・ダウンロードできますので、『ときめき草』をフルで聴きたい方、MVの続きを観たいという方は、ぜひチェックしてみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の