小山 祐一 作曲。 朝ドラ「エール」主人公のモデル、古関裕而(こせき ゆうじ)さんとは?

『エール』朝ドラのモデルの出身地・豊橋市と福島市がロケ地に

小山 祐一 作曲

もくじ• 古山祐一ことモデルは作曲家古関裕而! 古関裕而はどこの出身地? 古関裕而は明治42年8月11日に 福島県福島市大町の老舗の呉服店「喜田三(きたさん)」で生まれました。 呉服店「喜田三(きたさん)」は福島県でも有数の規模で、古関裕而は裕福な家庭で育ちました。 古関裕而はどんな子供だったの? 音楽好きはお父さんゆずりなのでしょうか? 音楽好きなお父さんが 蓄音機を購入したのです。 その当時は珍しいかったのでしょう! お父さんが仕事の合間に蓄音機のレコードを聞いていたことから、古関裕而は、その音楽を聞きながら絵を描く日々を送っていました。 小学3年生の時に遠藤喜美治先生になったのです。 遠藤喜美治先生は音楽が好きだったそうで児童に 作曲や作詞をさせていたので、古関裕而はそのおかげで作曲か大好きになってクラスのみんなの分まで作曲していました。 お母さんが高級な 卓上ピアノを買ってもらったので、古関裕而は独学で勉強して、ピアノで作曲をはじめました。 古関裕而の青春時代は? 古関裕而は、跡取り息子でったので家業の呉服屋を継ぐために、福島商業高校へ進学しました。 がお父さんが呉服屋を倒産させてしまいました。 そのため呉服屋を継ぐ必要がなくなったのです。 呉服屋を継がなくてもよくなった古関裕而は喜んで、音楽に熱を入れて作曲を開始したのです。 ハーモニカに熱中したのです。 叔父さんから銀行に誘われたので川俣銀行で働きながら音楽活動をしたのです。 古関裕而が20歳の時に、作曲 「竹取物語」など4曲をイギリスの作曲コンクールに応募すると、2等に選ばれたのです。 新聞にも大きく報じられたのです。 奥さん(内山金子)の出会い 作曲「竹取物語」の新聞をみた内山金子は古関裕而に手紙を送ったのです。 なぜなら? 内山金子は小学校の学芸会で「かぐや姫」を演じたのです。 するとみんなから「かぐや姫」とよばれたのでした。 竹取物語とかぐや姫・・・!何かの縁でしょうか? こうして 古関裕而と内山金子は交際をはじめました。 交際3か月の電撃結婚だったのでみんな驚きました! コンクールとイギリス行きは謎だという説があるそうです。 古関裕而の代表作! 古関裕而のプロフィール 本名 古関 勇治 生年月日 1909年8月11日 没年月日 1989年8月18日(80歳没) 出身地 福島県福島市 職業 作曲家 ジャンル 応援歌 行進曲戦時歌謡 歌謡曲 配偶者 古関金子 1930年 1980年死別 家族 古関正裕 長男 1969年 紫綬褒章受章 1979年 勲三等瑞宝章を受章。 まとめ もうすぐNHK朝ドラで福島市出身の作曲家・古関裕而と奥さんの金子さんのドラマがはじまります。 古関裕而先生は、いろいろなジャンルの作曲をされました。 全国高校野球大会歌「栄光は君に耀く」や阪神タイガース球団歌「六甲おろし」1964年東京5輪の「オリンピックマーチ」学校の校歌等々名曲を沢山作曲されました。 5000曲とも言われます。 日本が激動の時にみんなの心に響く曲で元気もらったのですね。 日本の為にすごく貢献されて尊敬します。 NHK朝ドラ「エール」で 古山祐一のモデルの古関裕而先生と奥さんの生きざまをみんなでしっかりと見させ貰いたいと思いました。

次の

2020年春スタートの朝ドラ【エール】主演は窪田正孝、ヒロインは二階堂ふみに決定!モデルや脚本家は誰?

小山 祐一 作曲

HNK朝ドラ『エール』のネタバレや元ネタをまとめました。 また古山祐一(古関裕而)さんの代表曲もまとめました。 2020年前半に放送が決定している第102作目にでる 『エール』は東日本大震災がら 10年目という節目から応援したい=エールという事から企画が始まりました。 今回は、 東日本大震災で多くの被害を受けた福島で育った『古関裕而ーこせきゆうじ』をモデルとしています。 古関裕而は昭和を代表する作曲家であり、皆さんが一度は必ず聞いたことがある曲や応援歌を約5,000曲程度作っている方です! 『エール』で元ネタなどはありますが、フィクションであり登場人物や団体名などは変更しています。 音楽で人々を励まし、心を照らした夫婦の波乱万丈の物語を大胆に再構成したフィクションですがモデルである 『古関裕而』(古山祐一:窪田正孝役)や妻である 『古関金子ーこせききんこ』(関内音:二階堂ふみ役)の出会いや考え方などはモデルとなった2人に沿ってあります。 『天才だが貧乏、もの静かだが情熱的な夫』と『 夫を支える良妻かと思えば、自分が世界の中心であると思っている妻』の凸凹夫婦が作り上げる音楽は日本だけでなく世界中を巻く混んで行くことになります。 今回は、『エール』の元ネタやモデルについて分かることをまとめていきます!• 銀行に勤めながら作曲した音楽をコンクールに出していた。 そんな時に知り合った歌手を目指す女学生「関内音(二階堂ふみ)」と文通で遠距離恋愛をしながら愛を深めて結婚し、共に音楽の道を歩んでいく物語です。 昭和を時代を舞台にしており、苦難を乗り越えて笑いと涙の中で生まれるメロディーと人々の心に寄り添う数々の音楽を生み出した天才作曲家とその妻の姿が描かれています! モデル 古山祐一(窪田正孝) モデルは『古関裕而』本名は古関勇治さんです!誰もが一回は聞いた事がある曲を作曲しています。 例えは…• 甲子園球児を応援する 『栄光は君に輝く』全国高校野球選手権大会の曲であり青春の多くを注いできた高校球児の背中を押し最大の力が発揮できるように応援する曲です!!これを聞かないと甲子園始まりませんよね!!• 『オリンピック・マーチ』日本で初めてオリンピックが開催された際に記念い作られた曲です!2020年東京オリンピックが開催されこれから聞く事が多くなってくると思います!君が代の一部が入っていたりと日本らしさを入れた作曲になっているので改めて聞いてみるのもいいですね。 『蛍の光』日本ではお店などが閉まる時に流れていますよね。 本当の名前は「別れのワルツ」でありスコットランド民謡の「Auld Lang Syne」をアレンジしています!この曲は日本人の人からしたら親がありますよね!!• 阪神タイガースの応援歌 『阪神タイガースの歌』なども手がけており現在存在するプロ球団の中で最も古い応援曲となっているとの事です。 他にも応援曲や映画・ドラマ・ラジオなどの作曲を手がけています!!調べて見たらこの曲もか!!!!と思うとうな事があります! 福島市の呉服店の喜多三の長男として生まれました。 古関裕而さんが音楽に出会ったのは音楽好きな父はレコードを買ってきた事です!特に民謡と吹奏楽が好きでした。 少しぼんやりしていて周りには取り柄がないと思われていましたが、音楽が好きで独学で学び10歳の頃から自分で作曲を始め才能が開花していったとの事です! 学校ではおとなしく目立たない存在だったが、作曲となると夢中になり、次第にはクラスメートが詩を書いて持ってくる程だったと本人が自伝で言っています。 ですが、喜多三の長男として跡取りに期待されていた裕而さんは商業を学び学校に行っていましたが、第一次世界大戦の影響で日本インフレが起き店をたとむことになります。 ドラマの中では子供時代を石田星空君が演じています! 今回の作品では「喜多三」を「喜多一」と名前を変えて、経済悪化を立て直すため弟の古山浩二(佐々木宝役)が兄の古山祐一に変わり後を継ぐように描かれています。 古関裕而さんは山田耕筰さんに多く影響を受けており作曲を続け出来た楽曲を送って暮らしますが、何もしていないなら…と伯父が頭首をしていた川俣銀行で働くことを促します! 銀行で働きながら音楽に対する熱が上がっていいき、仕事をしながら作曲のコンクールなどに応募をし続けます。 作品で伯父の権藤茂兵衛(風間杜夫役)は子供ができずにいた為、経営していた銀行を古山祐一か古山浩二に後を継がせたいと考えていますが、 子供達には好きなことをさせたい父「古山三師」(唐沢寿明役)と跡地を養子に欲しい「権藤茂兵衛」の間に挟まれた母「古山まさ」(菊池桃子役)が葛藤する姿も描かれていると思います。 山田耕作さんは古関裕而さんの人生にとって欠かせない一人だと思うので何らかのキャラクターに扮してドラマに現れると考えています!(現時点では発表なし) ロンドンの『チャスター楽譜出版社募集』というコンクールに『竹取物語』という楽譜を送ったことで人生が変わります。 コンクールに送った楽曲は日本の竹取物語をもとに考えてありそのコンテストで2位を受賞します。 受賞したことで新聞に載ることになります。 この新聞を見た古関金子(旧姓:山内)が持ち前の行動力から手紙を書きそのまま遠距離恋愛に発展しました。 金子さんは当時豊橋市に住んでおり4ヶ月ほど文通をして愛が育まれた2人は福島で会おうことになり、そのまま金子は結婚します。 (当時、裕而さん20歳 金子さんは18歳) 古関裕而さんはコンクールで2位に入ったことからイギリスへの留学が決まっていたものの、金銭的問題と金子との結婚が被った為、留学を断念したと言われています。 作品でも、2人の出会いは新聞に載った事から始まると思います。 全ては運命といいますが、音楽という同じものに惹かれあった二人が出会うのも運命、新聞を見たのも運命、ましてやコンクルールに応募したのも運命であり良きタイミングだったのだと思います!商社と音楽の間で葛藤しつつ音楽に対しても手を抜かなかった古関さんの音楽愛が導いたものだと思います!! <昭和5年>結婚し上京した二人は金子の長女の家に居候し、古関裕而は「日本コロンビア」というレコード会社で作曲家とてデビューします! 日本コロンピアでデビューできたのは以前から山田耕作さんに送っていた楽曲が目に止まり推薦されたそうです。 作品では金子は3姉妹の設定ですが本当は長男と5人の姉妹の合計6人兄弟でした。 金子は三女です。 金子の両親は「安蔵」と「みつ」ですが父の安蔵は金子さんが12歳の時に亡くなります。 金子さんは小さい時からオペラ歌手になりたいと夢見れおり、音楽学校に通ってました。 結婚後も帝国音楽学校の声楽部で勉強し、誰もが才能を認めるほどだったとのことです。 金子さんは古関さんの手がけた舞台(朱金昭)にも立ち2人で音楽の道を歩んでいきます。 作品では音=金子さんの歌の先生役として御手洗潔(古川雄大役)が演じていますが、実際はベルトラメリ能子さんという方に習っていいます。 2人のに子供が生まれたことで子供中心の生活になってしまった金子は音楽をやめ、古関裕而さんを支えると決めたそうです。 音楽以外は全くダメだった裕而さんのお尻を叩きプロデュースし生涯寄り添い続けたとのことです。 作品も多くの場面で音が祐一さんを支える場面が多く描かれていると思いますが、積極的で明るい音とは違い音楽以外取り柄のない祐一さんとの絡みが楽しく面白く見れると思います。 また二人だけでなく、周りにいる親友(モデル:伊藤久男)や家族を巻き添えにしながら進んでいくエピソードに目が離が離せませんね!! どの場面で「オリンピック・マーチ」が出来たのか「栄光は君に輝く」が出来たのか、多くの人の心を支える1曲が出来たのか気になりますね!! 古関裕而さんの青少年時代から30年間の人生を描いたドラマですが、この30年の間に多くの楽曲が生み出された秘密が描かれています。 30年というあっという間に過ぎれしまう時間のなかで大切な人と運命的なで出会いをして支え・支え合いお互いに切磋琢磨しながら多くの楽曲を生み出す生き方はとても素晴らしいものです。 応援歌を作り続けた裕而さんは 「頑張っている人・恵まれない人」にエールを送りたいと5000曲ほどの音楽を生み出しました。 また、 楽曲を作る時が故郷である『福島』を思い出して作ったとのことで、日本の良さや自然溢れる楽曲が多いなと感じます。 演じる窪田正孝さんは頼りなさそうな弱々しい中にも強い芯を持っている裕而さんをどう演じるのかが楽しみですね! また朝ドラ初登場となる二階堂ふみさんは、プロ歌手を夢見る女性を演じるため歌う場面があると思います。

次の

古関裕而

小山 祐一 作曲

「」より ついに古山裕一と関内音の恋愛物語がスタートしたNHKの連続テレビ小説『 エール』第4週。 4月20日(月)~24日(金)までのあらすじを振りかえろう。 音と文通を重ねた裕一は豊橋へ 失恋から1年。 裕一( 窪田正孝)は仕事以外何も手につかず、もぬけの殻状態で過ごしていた。 それを見かねた川俣銀行のメンバーは、裕一を励ます作戦に出る。 幼なじみの村野鉄男(中村蒼)も裕一のことが気にかかっており、たまたま担当することになった音楽公演の取材に同行しないかと誘うが、断られてしまう。 また、音楽国際作曲コンクールの募集を知り、裕一に参加を勧めるが、それもうやむやに……。 結局、川俣銀行のメンバーの後押しもあり、裕一は音楽国際作曲コンクールに参加することを決心したが、ブランクが長かったためか、なかなか作曲に手がつかず苦悩する。 そこで、川俣銀行のメンバーと鉄男は裕一のためにアイデア会議を開くことに。 会議での成果はなかったが、解散後に鉄男が満月を見て読んだ詩にインスピレーションを受けて、裕一は「竹取物語」を題材にした交響曲を思いつく。 姉の吟(松井玲奈)の付き添いでお見合いに強制参加させられ、相手方の弟に食ってかかり、姉の縁談はご破算。 さらに、音は姉のお見合い相手に気に入られ、求婚されてしまう。 男には将来の夢や希望があるが、女は家庭に入って旦那を支えるのが幸せという昔ながらの古い考えに、かねてより疑問を抱いていた音は求婚を断り、夢を選ぶと決める。 イギリスへの留学の誘いを受けるが、権藤家への養子縁組の件がある手前、誰にも相談できずにいた。 そこで、藤堂清晴先生(森山直太朗)に相談を持ちかけることに。 「天から授かった宝物はドブには捨てない」とのアドバイスをもらい、少しだけ気持ちが楽になったのも、つかの間。 コンクール入賞の件をしっかり口止めしたにもかかわらず、藤堂先生は新聞社で働く鉄男にうっかり話してしまい、裕一が入賞したというニュースは新聞で大きく取り上げられ、日本中に広まってしまう。 その新聞を見た音は裕一に興味を持ち、ファンレターを出した。 音の手紙は、裕一の音楽の才能への称賛とひたむきな音楽への情熱にあふれていた。 音との文通を重ねるたびに、裕一の胸には音楽への熱が帯び始める。 そして、2人は次第に相手に惹かれていく……。 喜び勇んだ裕一は、音にも留学の報告をする。 すると、音は自分と裕一の立場の違いを実感し、裕一への想いを断ち切ろうと文通をやめてしまう。 音からの手紙が来なくなってからも、何通も手紙を送り続けた裕一。 ついには偽名で手紙を送り、やっとのことで音からの返事が届くが、手紙には後ろ向きな内容が書かれていた。 それに納得できない裕一は、音に直接会って話をしようと、豊橋を訪ねることを決心する。

次の