損する側に回っただけですよ。 パチンコで勝てないのは当たり前wwやるだけ無駄な理由を徹底解説

【断言】仕事が早い人は圧倒的に損ですよ【都合よく使われるだけ】

損する側に回っただけですよ

まずは実際に カジノで勝ってる証拠を見てください 論より証拠ですよね。 まずは僕が100万円以上勝っている証拠を見てください。 僕は57サイト以上のオンラインカジノを見てきましたが、 "オンラインカジノ界の王様"と言われるぐらい大御所で安心出来るサイトはベラジョンカジノ以外に知りません。 ギャンブルなので、当然勝つ時もあれば負けるときもあります。 しかし、画像にあるように僕は実際に勝って出金しています。 ベラジョンカジノは心の奥底から自信を持ってオススメ出来るオンラインカジノです。 パチンコ店の問題• 還元率の問題• 規制の問題 それぞれについてお話していきます。 パチンコ店の問題 パチンコ台は「釘調整」や「電子基盤を制御」をされています。 そのため、勝つかどうかはすべてお店側次第ってことです。 釘が調整されている 店側は定期的に釘の調整をしています。 本来釘調整は違法ですが、暗黙の了解ですよね・・・。 ほんとパチンコ業界は闇が深い。 笑 良く回っていた台が翌日まったく回らないなんてことは、良くある話です。 釘が締まっていれば1,000円当たりの回転数が落ちてしまい、当たりを引くまでの投資金が増えてしまいます。 回転数はプレイヤー側が選べるただ1つの要素なので、頻繁に釘調整されるのは厳しいですね。 電子基盤を制御している 電子基盤はホールコンピューター(通称ホルコン)で、大当たりする確率を制御されています。 ホルコンとはザックリいうと、お店の全てのパチンコ台がどの程度の出玉を出しているか?などをリアルタイムで集計やコントロールできるシステムのことです。 店側がお客を呼び込みたいときには当たる台を増やすことで、「あの店は当たりやすいぞ」という評判を聞きつけてお客さんが集まります。 お客さんが集まったら当たる台数を減らしていくことも可能です。 (いわゆる回収モード) まぁ、簡単に言うと「 遠隔操作」です。 「遠隔操作なんて都市伝説だろ」なんていう人もいますが、実際やってる店は存在しますよ。 一方でオンラインカジノは、国からのライセンスを元に運用しているので、不正は不可能です。 人気がなくて倒産してお金を引き出せなくなった等のトラブルはたまにありますが、人気のあるオンラインカジノを選んでおけば問題ありません。 人気のあるオンラインカジノとは、具体的にはベラジョンカジノなどですね。 特にリアルタイムでディーラーと勝負できるライブカジノであれば、不正のしようがありません。 最近は時給60万円稼ぐYou Tuberも出てきており、オンラインカジノが認知されて来ています。 還元率の問題 ギャンブルの還元率を比較してみましょう。 例えばパチンコに1万円賭けたとすると、8,000円しか戻ってきません。 2,000円はお店側の取り分ってことです。 ちなみに、僕がメインで勝っているオンラインカジノは95%の還元率です。 1万円を賭けたら9,500円も戻ってくる計算ですね。 ここまで還元率の高いギャンブルはオンラインカジノ以外にありません。 パチンコのように還元率が低いところで努力するよりも、もともと還元率が高いオンラインカジノで勝負した方が勝ちやすいってことを分かりますよね。 規制の問題 日本はギャンブル依存症対策のためパチンコの規制が厳しくなっています。 等価規制と再プレイ上限• 出玉規制 これらの規制があるため、パチンコでは勝ちにくい状況が深刻化しているといえます。 等価規制と再プレイ上限 景品を交換する際の交換率が、お店によって変動します。 以前までの等価交換であれば、250玉のパチンコ玉を景品に交換してから現金1,000円にできました。 しかし、等価規制により280玉ないと1,000円に換えることができなくなったのです。 (地域による)• 1,000円で250玉に交換• 280玉で1,000円に換金 差分の30玉分がプレイヤーの損になります。 そのため、出玉を景品と交換せず次のゲームで使用する人が増えました。 しかし、2018年の規制から「再プレイ上限」が設けられました。 例えば貯玉が4,000玉あっても、上限が2,500発であればそれ以上は貯玉でプレイできません。 再プレイ上限を超えてプレイするには、現金を投入する必要があります。 どんどんプレイヤー側にとって損する仕組み(お店側は儲かる仕組み)が出来上がっています。 出玉規制 パチンコの高継続率や一撃性のあるパチンコが規制されるようになりました。 4時間で5万円以下に出玉を抑えられている 要するに、今までよりも出玉が少なくなるってことです。 こんな規制が入りまくりの状況では勝てませんよね。 大金をゲットする楽しさは、パチンコからなくなりました。 オンラインカジノであれば、規制がゆるいので勝ち金額に上限はありません。 極端な話、1BETで100万円掛けることも可能。 100万円の勝負って、昔の爆裂機どころじゃないですねw パチンコは勝てる要素が見つからないw さらに規制が厳しくなるだろうから、オンラインカジノに変えたほうが良いよ。 カジ男 カジノ法案が可決され、2025年から日本にもランドカジノ(会場に行って遊ぶカジノ)で遊べます。 ランドカジノが始まる前に、オンラインカジノで予習しておいたほうが勝率が上がりますよ。 【非推奨】パチンコの勝率を上げる立ち回り方とは? パチンコはプレイヤー側の工夫で勝率を上げることができます。 ただし、勝率を上げたところでトータルで勝てるかは微妙なので、知識として知っておいてくれればと思います。 店選びが適当• 勝てない台を選んでいる• 意識して玉を打っていない• 時間を決めていない• 辞め時が間違っている• すべて景品交換している それぞれについて解説しますね。 店選びが適当 パチンコで勝つには店選びは重要です。 よくある間違いが、家や職場の近くにあるお店や、たまたま通りかかったから入ってみたなどですね。 たまたまで入った店で勝つなんて運任せのギャンブルです。 パチンコ屋も商売です。 当たりを出さないとお客さんが離れていくので、適度に当たりを出さなきゃいけないんですね。 そのため、当たりが出やすいイベントや曜日や時間帯があります。 お店ごとに傾向があるので、データを集めることで当たりやすい日をある程度絞り込むことができます。 勝てない台を選んでいる パチンコの台選びは、プレイヤーがコントロールできる要素です。 好きな台や打ちたいと思った台を勘や直感で選ぶだけでは、当たる可能性は低いでしょう。 まずはボーダーを確認しましょう。 ボーダーより下回るようなら、違う台に移動したほうが良いでしょう。 注意点としては「回りムラ」ですね。 最初の1,000円では25転したのに、次の1,000円では15転しかしなかったということも良く起きます。 平均すると1,000円当たり20回転になりますね。 回転数は最初だけではなく、定期的に確認するのが良いでしょう。 止め打ちしてない 止め打ちを身につけることで無駄玉を減らすことができます。 止め打ちにはいくつか種類があります。 3つ止め• ステージ止め• リーチ止め• 大当たり時• 電サポ時 ただし、止め打ちを禁止しているお店もありますので注意してください。 引くときは引く どのギャンブルでも辞め時は肝心です。 パチンコで大きく負けてしまう人の特徴として、大きく負ける傾向があります。 5,000円負けているときは「大当たり1回引けばトントンくらい」• 10,000円負けているときは「大当たり3回連チャンすれば大丈夫」• 20,000円負けているときは…、この考え方がエンドレスに続きます。 そして最終的には、「ここまできたら負け金額を取り戻さないと気が済まない」とか熱くなって負けちゃうんですよね。 パチンコは熱くなった時点で負けです。 ちなみに、オンラインカジノは負けていても一発で取り戻せることが多いです。 賭け金額の上限が高いオンラインカジノならではですね。 すべて景品交換しない 勝てる人は全て景品交換しません。 必要な分は交換、残りは再プレイに使用する分として貯金しています。 換金ギャップだけでもそれなりの額になるので、玉を少しでも多く残すためには交換するタイミングを意識することも必要です。 でも、結局パチンコは無理ゲーなんです ここまでパチンコで勝率を上げる方法を説明しましたが、 全て行ったところで勝てるわけではありません。 やっぱりパチンコは勝つことは難しいですw 昔パチプロだった人も、情報が早い人は数年前からオンラインカジノに流れています。 勝てるところで勝負するのは、ギャンブルで稼ぐ鉄則ですからね。 いつまでもパチンコで資金と時間を消耗している場合ではありません。 さっさとパチンコから足を洗って、オンラインカジノでデカイ勝ちを狙いにいきましょう。 立ち回りで勝率は上げることはできるよ。 でも、だったら元から勝ちやすいオンラインカジノで勝負すれば良いよね。 カジ男 パチンコはオワコンwギャンブルで稼ぐならオンラインカジノでしょ パチンコで勝ちたいという発想自体、もう捨てたほうが良いですね。 オンラインカジノより勝てない理由が揃っています。 パチンコ店の問題• 還元率の問題• 規制の問題 この状況で勝ちたいなんて、マジで気が狂っていますw 趣味でパチンコ打っているなら良いのですが、少しでも勝ちたいと思っているなら勝負する場所を変えましょう。 僕はもっと簡単に勝てるオンラインカジノをオススメします。 海物語シリーズのような、シンプルな演出が好きな人なんかには特にオススメできますね。 でも、どのサイトでも良いってわけではないです。 オンラインカジノのサイトは海外運営ですし、信頼できるところを選ばないと「出金できない」なんてことになりかねません。 そのため、安心してプレイできるオンラインカジノを選ぶ必要があります。 僕が最もオススメするのはベラジョンです。 ベラジョンは信頼できるライセンスを取得していますし、日本人から最も人気があります。 日本語サポートや必勝勝利金制度もあるため、プレイヤーが勝ちやすい環境も整っているのが特徴ですね。 登録は3分もかかりませんので、まだ始めていない人は登録しちゃいましょう。

次の

ヒカルの「損する側に回っただけ」というパワーワード

損する側に回っただけですよ

弱さからくる優しさは無意味 優しい人は損をすると言われると、何となくそんな気がする人は多いのでしょうか。 真面目な人ばかりが損をして、いい加減で自分ことしか考えていないような人間ばかりが良い思いをしているという現実に気づきつつある人も居るのではないでしょうか。 実は、「 弱さからくる優しさは全く無意味」なのです。 あなたは自分のことを優しい人間だと思っているかもしれません。 そしてそれを自分の長所だと思っているかもしれません。 しかし、 あなたは本当に優しい人間なのでしょうか? あなたが人に優しいのはただ単に、人から嫌われたくないからではないでしょうか。 自分が傷つきたくないから良い人ぶってるだけなのではないでしょうか。 ただ自分の信念を貫き通すだけの強さがないからではないでしょうか。 ニーチェの言葉に、「 善人が善人であるのは、悪をするだけの勇気がないからだ」とあります。 非常に残念ですが、この世界は「道徳的に正しい人」「倫理的に正しく、他人に優しい人」が生き残るのではなく、「あらゆる意味で、タフで強い人」が生き残るようにできている弱肉強食の世界です。 誰かを守ったり、自分の信念を貫き通したり、自分の大切なものを守るためにはある程度の強さと勇気が必要です。 いくら他人に優しかろうが、いくら道徳的に正しかろうが、弱い人間には何も守れません。 つまり、強さなき優しさには何の価値もないのです。 残念ですが、自分の弱さを優しさとして正当化するような弱者はお呼びではないのです。 受け入れがたいことですが、この事実を受け入れ、自分の生き方や身の振り方を考え直す必要があります。 良い人はただひたすら損をするという現実 「良い人ばかり損をする」 「正直者が馬鹿を見る」 「真面目には何の得もない」 という言葉を聞いたことがある人はおおいのではないでしょうか。 もしくは、自分の実体験として身をもって知っているという人もいらっしゃるかもしれません。 良い人と悪い人が戦った場合、良い人は道徳論を訴えるだけで実際には何もできませんが、悪い人は言葉の力のみならず、暴力やありとあらゆる手段を駆使して相手をねじ伏せることができます。 つまり、「良い人は致命的なまでに戦う手段がない」が、「悪い人は勝つためにはどんな手段でも使うことができる」ということです。 戦ううえでどちらが得か、どちらの方が勝ちやすいかは一目瞭然です。 残念ながら、良い人というのは道徳や倫理などに縛られており、戦いになったときに取り得る選択肢が少なすぎます。 つまるところ、 良い人というのはいざという時は他人の悪意や暴力に対してなすがままになる脆弱な存在に他ならないと言えます。 良い人が損する理由• なめられる いくら雑に扱っても反撃してこないので、ひたすらぞんざいに扱われる。 しかも、どんなに腹が立っても「良い人」というレッテルが邪魔して、事実として何もできない• 負担を押し付けられる みんながやりたくないような損な役回りが回ってくる。 関係ないような別の仕事も都合よく押し付けられる。 NOと言えない 良い人という看板に傷がつくのが怖くて、人の頼みを断れない。 結果、嫌なことも損なことも背負いこむハメになる。 サンドバックになる オドオドしていていかにも気弱そうな人は憂さ晴らし用のサンドバックとして最適です。 ストレス解消のために意味もなく怒られたり、いじられ役となります。 他にも、「優しいだけの人はモテない」との報告も挙がっています。 女性の多くは 「取り立てて長所が見あたらない人を無理矢理褒める場合に、とりあえず、優しい人と言っておく」という場合があります。 つまり、「 良い人=(どうでも)いい人」というわけです。 もう良い人ヅラするのは辞めよう 恐らくこの記事にたどり着いた人は、良い人であることがいかに損であるかを身をもって知っている人なのでしょう。 もう他人のために自分をないがしろにするのはやめにしましょう。 良い人なんて何の得にもなりません。 むしろ良い人を貫こうとするあまり、道徳や倫理に縛られて損なことばかりです。 実際世の中を見渡しても、得をするのは我の強い人や自分勝手でわがままな人ばかりです。 悪い人には必ず天罰が下るなんて言いますが、実際のところ、そうならない場合の方が多いのです。 自分をなめ腐っているような人や悪意をむき出しにしてぶつかってくるような相手には毅然とした態度で反撃しなければなりません。 「本当に強い人はやり返したりしない」などと良い人ぶっているようでは、いつまでもやられっ放しの人生が待っているだけです。 悪意のある人間からすれば、真面目でただ優しいだけの人間は「利用しやすい便利なモノ」でしかないのです。 ネット上でも、ただ優しいだけの人への評価は悲惨.

次の

登録者解除祭りで、損する側に回っただけの金髪大物Youtube r [ニコニコあっぷる]

損する側に回っただけですよ

まずは実際に カジノで勝ってる証拠を見てください 論より証拠ですよね。 まずは僕が100万円以上勝っている証拠を見てください。 僕は57サイト以上のオンラインカジノを見てきましたが、 "オンラインカジノ界の王様"と言われるぐらい大御所で安心出来るサイトはベラジョンカジノ以外に知りません。 ギャンブルなので、当然勝つ時もあれば負けるときもあります。 しかし、画像にあるように僕は実際に勝って出金しています。 ベラジョンカジノは心の奥底から自信を持ってオススメ出来るオンラインカジノです。 パチンコ店の問題• 還元率の問題• 規制の問題 それぞれについてお話していきます。 パチンコ店の問題 パチンコ台は「釘調整」や「電子基盤を制御」をされています。 そのため、勝つかどうかはすべてお店側次第ってことです。 釘が調整されている 店側は定期的に釘の調整をしています。 本来釘調整は違法ですが、暗黙の了解ですよね・・・。 ほんとパチンコ業界は闇が深い。 笑 良く回っていた台が翌日まったく回らないなんてことは、良くある話です。 釘が締まっていれば1,000円当たりの回転数が落ちてしまい、当たりを引くまでの投資金が増えてしまいます。 回転数はプレイヤー側が選べるただ1つの要素なので、頻繁に釘調整されるのは厳しいですね。 電子基盤を制御している 電子基盤はホールコンピューター(通称ホルコン)で、大当たりする確率を制御されています。 ホルコンとはザックリいうと、お店の全てのパチンコ台がどの程度の出玉を出しているか?などをリアルタイムで集計やコントロールできるシステムのことです。 店側がお客を呼び込みたいときには当たる台を増やすことで、「あの店は当たりやすいぞ」という評判を聞きつけてお客さんが集まります。 お客さんが集まったら当たる台数を減らしていくことも可能です。 (いわゆる回収モード) まぁ、簡単に言うと「 遠隔操作」です。 「遠隔操作なんて都市伝説だろ」なんていう人もいますが、実際やってる店は存在しますよ。 一方でオンラインカジノは、国からのライセンスを元に運用しているので、不正は不可能です。 人気がなくて倒産してお金を引き出せなくなった等のトラブルはたまにありますが、人気のあるオンラインカジノを選んでおけば問題ありません。 人気のあるオンラインカジノとは、具体的にはベラジョンカジノなどですね。 特にリアルタイムでディーラーと勝負できるライブカジノであれば、不正のしようがありません。 最近は時給60万円稼ぐYou Tuberも出てきており、オンラインカジノが認知されて来ています。 還元率の問題 ギャンブルの還元率を比較してみましょう。 例えばパチンコに1万円賭けたとすると、8,000円しか戻ってきません。 2,000円はお店側の取り分ってことです。 ちなみに、僕がメインで勝っているオンラインカジノは95%の還元率です。 1万円を賭けたら9,500円も戻ってくる計算ですね。 ここまで還元率の高いギャンブルはオンラインカジノ以外にありません。 パチンコのように還元率が低いところで努力するよりも、もともと還元率が高いオンラインカジノで勝負した方が勝ちやすいってことを分かりますよね。 規制の問題 日本はギャンブル依存症対策のためパチンコの規制が厳しくなっています。 等価規制と再プレイ上限• 出玉規制 これらの規制があるため、パチンコでは勝ちにくい状況が深刻化しているといえます。 等価規制と再プレイ上限 景品を交換する際の交換率が、お店によって変動します。 以前までの等価交換であれば、250玉のパチンコ玉を景品に交換してから現金1,000円にできました。 しかし、等価規制により280玉ないと1,000円に換えることができなくなったのです。 (地域による)• 1,000円で250玉に交換• 280玉で1,000円に換金 差分の30玉分がプレイヤーの損になります。 そのため、出玉を景品と交換せず次のゲームで使用する人が増えました。 しかし、2018年の規制から「再プレイ上限」が設けられました。 例えば貯玉が4,000玉あっても、上限が2,500発であればそれ以上は貯玉でプレイできません。 再プレイ上限を超えてプレイするには、現金を投入する必要があります。 どんどんプレイヤー側にとって損する仕組み(お店側は儲かる仕組み)が出来上がっています。 出玉規制 パチンコの高継続率や一撃性のあるパチンコが規制されるようになりました。 4時間で5万円以下に出玉を抑えられている 要するに、今までよりも出玉が少なくなるってことです。 こんな規制が入りまくりの状況では勝てませんよね。 大金をゲットする楽しさは、パチンコからなくなりました。 オンラインカジノであれば、規制がゆるいので勝ち金額に上限はありません。 極端な話、1BETで100万円掛けることも可能。 100万円の勝負って、昔の爆裂機どころじゃないですねw パチンコは勝てる要素が見つからないw さらに規制が厳しくなるだろうから、オンラインカジノに変えたほうが良いよ。 カジ男 カジノ法案が可決され、2025年から日本にもランドカジノ(会場に行って遊ぶカジノ)で遊べます。 ランドカジノが始まる前に、オンラインカジノで予習しておいたほうが勝率が上がりますよ。 【非推奨】パチンコの勝率を上げる立ち回り方とは? パチンコはプレイヤー側の工夫で勝率を上げることができます。 ただし、勝率を上げたところでトータルで勝てるかは微妙なので、知識として知っておいてくれればと思います。 店選びが適当• 勝てない台を選んでいる• 意識して玉を打っていない• 時間を決めていない• 辞め時が間違っている• すべて景品交換している それぞれについて解説しますね。 店選びが適当 パチンコで勝つには店選びは重要です。 よくある間違いが、家や職場の近くにあるお店や、たまたま通りかかったから入ってみたなどですね。 たまたまで入った店で勝つなんて運任せのギャンブルです。 パチンコ屋も商売です。 当たりを出さないとお客さんが離れていくので、適度に当たりを出さなきゃいけないんですね。 そのため、当たりが出やすいイベントや曜日や時間帯があります。 お店ごとに傾向があるので、データを集めることで当たりやすい日をある程度絞り込むことができます。 勝てない台を選んでいる パチンコの台選びは、プレイヤーがコントロールできる要素です。 好きな台や打ちたいと思った台を勘や直感で選ぶだけでは、当たる可能性は低いでしょう。 まずはボーダーを確認しましょう。 ボーダーより下回るようなら、違う台に移動したほうが良いでしょう。 注意点としては「回りムラ」ですね。 最初の1,000円では25転したのに、次の1,000円では15転しかしなかったということも良く起きます。 平均すると1,000円当たり20回転になりますね。 回転数は最初だけではなく、定期的に確認するのが良いでしょう。 止め打ちしてない 止め打ちを身につけることで無駄玉を減らすことができます。 止め打ちにはいくつか種類があります。 3つ止め• ステージ止め• リーチ止め• 大当たり時• 電サポ時 ただし、止め打ちを禁止しているお店もありますので注意してください。 引くときは引く どのギャンブルでも辞め時は肝心です。 パチンコで大きく負けてしまう人の特徴として、大きく負ける傾向があります。 5,000円負けているときは「大当たり1回引けばトントンくらい」• 10,000円負けているときは「大当たり3回連チャンすれば大丈夫」• 20,000円負けているときは…、この考え方がエンドレスに続きます。 そして最終的には、「ここまできたら負け金額を取り戻さないと気が済まない」とか熱くなって負けちゃうんですよね。 パチンコは熱くなった時点で負けです。 ちなみに、オンラインカジノは負けていても一発で取り戻せることが多いです。 賭け金額の上限が高いオンラインカジノならではですね。 すべて景品交換しない 勝てる人は全て景品交換しません。 必要な分は交換、残りは再プレイに使用する分として貯金しています。 換金ギャップだけでもそれなりの額になるので、玉を少しでも多く残すためには交換するタイミングを意識することも必要です。 でも、結局パチンコは無理ゲーなんです ここまでパチンコで勝率を上げる方法を説明しましたが、 全て行ったところで勝てるわけではありません。 やっぱりパチンコは勝つことは難しいですw 昔パチプロだった人も、情報が早い人は数年前からオンラインカジノに流れています。 勝てるところで勝負するのは、ギャンブルで稼ぐ鉄則ですからね。 いつまでもパチンコで資金と時間を消耗している場合ではありません。 さっさとパチンコから足を洗って、オンラインカジノでデカイ勝ちを狙いにいきましょう。 立ち回りで勝率は上げることはできるよ。 でも、だったら元から勝ちやすいオンラインカジノで勝負すれば良いよね。 カジ男 パチンコはオワコンwギャンブルで稼ぐならオンラインカジノでしょ パチンコで勝ちたいという発想自体、もう捨てたほうが良いですね。 オンラインカジノより勝てない理由が揃っています。 パチンコ店の問題• 還元率の問題• 規制の問題 この状況で勝ちたいなんて、マジで気が狂っていますw 趣味でパチンコ打っているなら良いのですが、少しでも勝ちたいと思っているなら勝負する場所を変えましょう。 僕はもっと簡単に勝てるオンラインカジノをオススメします。 海物語シリーズのような、シンプルな演出が好きな人なんかには特にオススメできますね。 でも、どのサイトでも良いってわけではないです。 オンラインカジノのサイトは海外運営ですし、信頼できるところを選ばないと「出金できない」なんてことになりかねません。 そのため、安心してプレイできるオンラインカジノを選ぶ必要があります。 僕が最もオススメするのはベラジョンです。 ベラジョンは信頼できるライセンスを取得していますし、日本人から最も人気があります。 日本語サポートや必勝勝利金制度もあるため、プレイヤーが勝ちやすい環境も整っているのが特徴ですね。 登録は3分もかかりませんので、まだ始めていない人は登録しちゃいましょう。

次の