物理ストリンダー。 ストリンダー(ハイ)育成論 : 受け破壊 意表をつくストリンダー※はじめにを読んでください|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

物理ストリンダー

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【みがわり貫通!電撃爆殺トゲキッス】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はポケモン剣盾から登場したパンクなポケモンストリンダーについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 今作のモチーフとなったイギリスといえばパンクの神様セックス・ピストルズがロンドンで誕生してパンクムーブメントが起こった国なので、まさに今作を象徴するポケモンの一体といえるでしょう。 ストリンダーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ストリンダーの特徴1】2種類のフォルム(ハイなすがた&ローなすがた) ストリンダーはエレズンから進化しますが、性格によって「ハイなすがた」と「ローなすがた」に分かれる珍しいポケモンです。 ハイなすがたに進化する性格:「いじっぱり」「やんちゃ」「ゆうかん」「わんぱく」「のうてんき」「うっかりや」「なまいき」「せっかち」「ようき」「むじゃき」「がんばりや」「すなお」「きまぐれ」• ローなすがたに進化する性格:「さみしがり」「ずぶとい」「のんき」「ひかえめ」「おっとり」「れいせい」「おだやか」「おとなしい」「しんちょう」「おくびょう」「てれや」「まじめ」 ストリンダーのハイなすがたとローなすがたの違いは、見た目が違うだけで種族値・特性など基本すべて同じです。 ハイなすがたはベノムショックとギアチェンジ、ローなすがたはベノムトラップとじばそうさを覚えます。 ただし特攻の上がるがひかえめ・おっとり・うっかりや・れいせいの4種類あるんですが、このうちうっかりや以外はすべてローなすがたに進化します。 特殊アタッカーのストリンダーに最適な性格は「ひかえめ」なので、普通に育てるとローなすがたになります。 ハイなすがたの見た目が好きでひかえめの性格補正が欲しい場合は、エレズンからレベル30で進化するときにはハイなすがたに進化する性格にしておいて、バトルで使うときにはひかえめミントをキメてひかえめの性格補正(特攻UP攻撃DOWN)を得ましょう。 珍しいハイ&ローストリンダー対面の動画があったのではっておきますね。 【ストリンダーの特徴2】音技のエキスパート(みがわり貫通) ストリンダーはパンクポケモンというだけあって音技のエキスパートです。 ばくおんぱ• オーバードライブ という強力な音わざを覚えます。 音技は相手のみがわりを貫通するので、ストリンダー対面では実質的にみがわりをうつことはできなくなりますね。 【ストリンダーの特徴3】超火力の音無双 ストリンダーの特性は• パンクロック:音技の威力が1. 3倍になる。 また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。 プラス・マイナス:ダブルバトル用• テクニシャン(夢特性):威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合は修正後の威力で判定する。 の3種類あります。 ばくおんぱはただでさえ威力140のぶっ壊れわざですが、さらに1. 3倍されているので威力182の技ですし、オーバードライブもタイプ一致の1. 5倍補正ものるため威力156の技になりますね。 さらに相手の音技を半減することから、みがわりを貼った味方に相手がニンフィアやラプラスなど音技をうってくる相手を出してきたときに、受けとして出すことができます。 ニンフィアもラプラスもすばやさ60族で、ストリンダーは75族なので切り返して高火力の音技をぶっ放すことができます。 また、ほっぺすりすりというダメージを与えつつ確定で相手を麻痺にするわざも覚えるので、ミミッキュ・ドラパルトといった 【ストリンダーの特徴4】毒・電気の複合タイプ ストリンダーは毒・電気の複合タイプなので、非常に多くのメジャーな技を半減で受けることができます。 ただし致命的なのは、採用率の高いじめんタイプが4倍弱点となっており非常にじめんタイプに弱い点です。 ストリンダーを使う場合はじめん対策が必ず必要になってきます。 逆にじめん対策が十分にできていれば、非常に強く感じるでしょう。 【ストリンダーの特徴5】紙耐久の上級者向けポケモン ストリンダーは超火力ではあるものの、そのかわりにHPも防御も特防も種族値70台と超紙耐久なうえに素早さも75族ととりわけ速いポケモンではないので、取り扱いがそこそこ難しい上級者向けのポケモンと言えるでしょう。 そのままではせっかくの超火力を活かせる場面が少ないので、• とつげきチョッキをもたせて特防をカバー• ふうせんをもたせて4倍弱点をカバー• こだわりスカーフをもたせたりほっぺすりすりで麻痺させて素早さをカバー• デンチュラのねばねばネットなどで素早さをカバー• 最遅にしてトリックルーム下でのどスプレーと合わせて高速超火力の実現• 壁貼り役と組んで低耐久をカバー• etc… といった一工夫が必要なポケモンです。 ストリンダーの育成論と戦い方 ストリンダーは中速超火力紙耐久のポケモンなので、前述の通り大きく分けると基本形は3種類ほどあります。 各パーティで必要な枠の型で育てるのがいいでしょう。 耐久をカバーする型• 素早さをカバーする型• 火力をさらに伸ばす型 【ストリンダーの育成論1】とつげきチョッキ型ストリンダー• 性格:ひかえめ• 特性:パンクロック• 個体値:A抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:ばくおんぱ・オーバードライブ・ほっぺすりすり・たたりめ 性格・個体値: 一般的なストリンダーの型です。 特殊アタッカーなので特攻を伸ばしましょう。 努力値: 強力な特殊アタッカーの1体としてトゲキッスが存在します。 トゲキッスを完全にメタるための型といっても過言ではありません。 よくいる臆病最速トゲキッスのダイフェアリーを確定で2耐えするHD振りと、麻痺した素早さ1段階上昇のトゲキッスを抜く調整の素早さ108振りです。 わざ: 対面からトゲキッスを麻痺させて倒す前提なのでほっぺすりすりは確定です。 トゲキッスをダイサンダー確定2発で落とすのでオーバードライブも確定です。 ばくおんぱも強力なわざなので覚えておいたほうがいいでしょう。 たたりめはゴーストに強くなります。 他には下記のような技がいいでしょう。 ・バークアウト:特攻を下げるので特殊対面にさらに強くなる ・ヘドロウェーブ:フェアリー打点として ・ボルトチェンジ:サイクルを回したいときに 戦い方: 特殊ドラパルトやトゲキッスには強めに出ることができるでしょう。 ほっぺすりすりで素早さを下げてから高火力で倒していきましょう。 トゲキッス対面をイメージしてみると下記のようになります。 先手トゲキッスダイジェット:ストリンダーほっぺすりすり(ダイジェットで最大24. トゲキッス弱点保険発動。 先手ストリンダーダイサンダー(トゲキッスを倒す) 2手目のダイバーンがストリンダーへの最大火力になります。 初手でダイバーンをうたれてしまうと、ダイマックスしていないストリンダーは最大50. トゲキッスのダイマックスが切れてからまた出てきて倒しましょう。 とつげきチョッキ型ストリンダーを紹介しているトレーナーの動画があったので参考にどうぞ。 【ストリンダーの育成論2】ドリュウズを倒したいストリンダー• 特性:パンクロック• 個体値:6V(両刀にしない場合はC抜け5V)• もちもの:ふうせん・きあいのタスキ• わざ:ギアチェンジ・ドレインパンチ・オーバードライブ・ダストシュート ストリンダーが好きすぎてどうしても超苦手対面のドリュウズに勝ちたい人向けの型です。 対面で勝つ場合は運が絡みます。 全抜き体制に入っていれば勝てます。 性格・個体値・努力値: まず、大前提として攻撃補正ありの性格でA252振りのドレインパンチ+攻撃1段階上昇状態でやっと一般的なH4振りドリュウズを62. (ダイナックルなら確定1発) また、素早さを下げるわけにもいかずストリンダーはとつげきチョッキ型が多いことから特防はブラフで賄うとしてやんちゃです。 努力値のSは性格補正なしのときギアチェンジによる素早さ2段階上昇状態で最速スカーフドリュウズをギリギリ抜けるラインのS164で、Cはあまりです。 特殊技を採用しない場合はHに振りましょう。 もちもの: ドリュウズ対面ではじしんを避けたいのでふうせん、もしくはもっと汎用的に戦いたい場合はきあいのタスキがいいでしょう。 (ただし砂嵐で潰れるので風船がおすすめです。 ) わざ: 初手ギアチェンジをしない限り、ドリュウズに勝ち筋を見出すことは不可能なのでギアチェンジは確定です。 ふうせんを割るときにアイアンヘッドやいわなだれなどでダメージを受けているのでドリュウズを叩く枠にはドレインパンチで回復(+ダイナックルで攻撃UP)できるようにするか、ほのおのパンチでナットレイなどもみれるようにするかは選択です。 ちなみにドレインパンチなら非ダイマックスバンギラスはギアチェンジしたあと確定1発です。 あとの2枠はなんでもいいんですが、みがわりを使うポケモンはたびたび見かけるのでオーバードライブはあってもいいでしょう。 (ギアチェンジ後なのでみがわりを打たれることはないとすれば物理技でいいでしょう。 最速ドラパルトも抜いています。 ) 特殊技を採用しない場合はCに努力値を振って両刀にする必要がないのでHにふって耐久を上げるのがいいでしょう。 ダストシュートは強力なタイプ一致技なので採用していますが、命中不安なのでダイマックス前提でうつこと推奨です。 他には下記の選択肢があります。 ・どくづき:命中安定タイプ一致ですが毒は環境に刺さりません。 ・じごくづき:ドラパルトなどvsゴーストに。 ・じたばた・がむしゃら(タマゴ遺伝):きあいのタスキと合わせて。 ・ワイルドボルト:物理電気タイプ一致。 ・かみなりパンチ:ワイルドボルトの自傷ダメージを受けたくないときに。 ・ちょうはつ:vs受けポケモンに。 ・ほっぺすりすり:安定の麻痺技。 ミミッキュやドラパルトに。 ・たたりめ:ほっぺすりすりと合わせて両刀にするときに。 ・ボルトチェンジ:コンセプトとは合わないが削りつつギアチェンジのタイミングを見計らうときに。 戦い方: ドリュウズと戦いたい人向けなので絶対にドリュウズと戦える死に出しからのドリュウズ対面で出します。 ストリンダーがパーティにいるとほぼ確実に相手はドリュウズを選出してきます。 むしろミミッキュなどドリュウズが得意とするポケモンも一緒に組み込んで、相手のドリュウズ選出誘導をしましょう。 ダイナックルではなくドレインパンチで回復してもいいですが、中乱数で負けます。 注意点: 襷ドリュウズは無理です。 先発でステルスロックをまけるカバルドンやバンギラス、ナットレイ、ステルスロックドリュウズなどを採用しましょう。 ギアチェンジ後にドリュウズが察知してダイマックスを切ってきても無理です。 ドレインパンチダイナックルでもほのおのパンチダイバーンでも確定2発なので、じしんダイアースで返り討ちにあいます。 先にダイマックスを切らせる立ち回りをする(難しすぎる)か、ドリュウズ対面の前に全抜き体制に移行しておくか(ギアチェンジダイナックルをうって攻撃2段階上昇状態なら倒せる。 ドリュウズ対面前にギアチェンジをうってる前提なら風船じゃなくていいです。 )しかありません。 試合としてはドリュウズがダイマックスを切ってきても負けないように、勝てるポケモン(ドリュウズが苦手とするローブシンやボディプレスアーマーガアなど)と一緒に選出しましょう。 詳細な調整は不明ですが、両刀ストリンダーを紹介している動画があったのではっておきますね。 ストリンダーの対策 基本的にドリュウズには絶対勝てませんからドリュウズを選出すればOKです。 他にはじめんタイプの• ヌオー• マンムー• カバルドン といったポケモンや、じしんを覚えたバンギラスがおすすめです。 といってもここにあげたポケモンはどのパーティにも1体はいると思うので、相手にストリンダーがいたらとりあえず選出しておくと恐れることがなくなりますね。 まとめ:【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【みがわり貫通!電撃爆殺トゲキッス】 いかがでしたでしょうか。 そのまま使うと微妙に活躍できないポケモンなので、ストリンダーを使いこなすにはそれなりのトレーナースキルが必要だと思いますが、うまく使えば強いポケモンなので育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

物理ストリンダー

基本データ 全国 No. 849 ストリンダー キョダイマックスのすがた 分類: パンクポケモン タイプ: 高さ: 24. 0 m~ 重さ:???.? 3倍になり、音を使ったわざで自分が受けるダメージを半減する。 プラス ハイなすがた 自分以外に特性「プラス」または「マイナス」を持つ味方ポケモンがバトルに出ているとき、特攻のステータスが1. 5倍になる。 マイナス ローなすがた 自分以外に特性「プラス」または「マイナス」を持つ味方ポケモンがバトルに出ているとき、特攻のステータスが1. 5倍になる。 テクニシャン 威力60以下のわざの威力が1. 5倍になる。 複数のフォルムがあるからといって同一個体が別フォルムにフォルムチェンジできる訳ではない。 「ハイなすがた」は第2特性に「プラス」を持ち、「ローなすがた」は第2特性に「マイナス」を持つ どちらの特性も効果は同じ。 また、各フォルムは覚えるわざが一部異なる。 どちらのフォルムであってもキョダイマックスしたときの姿は同じになる。 出現場所・主な入手方法 第8世代 【ソード】【シールド】 [] で出現 【ソード】【シールド】 鎧の孤島 [未生息] ヨロイ島には未生息 育成論• ポケモン王国• 育成論掲示板 剣盾 ハイなすがた Lv. または預かり屋で同種のポケモンから教わって覚える。 剣盾 No. 剣盾 No.

次の

【ポケモン剣盾】ストリンダー(ハイな姿)の育成論と弱点・対策まとめ【のどスプレー音技型】

物理ストリンダー

現在、環境にいる の多くは特殊型です。 今作からの新アイテム「性格ミント」ででありながら特殊型にすることが可能なため、体感ではであってもそのほとんどが特殊型であることが現状です。 私自身もこの特殊を使っていましたが、この特殊には大きな欠点が存在します。 それは「特化眼鏡オーバードライブでもH無振りダイマックスを確1にできない」という点です。 実際にと対面した場合、ダイマックスを切って弱保発動を狙う立ち回りをされることがままありました。 その他、チョッキ持ちの等の耐久が特殊に厚いポケモンに交代してくる相手が非常に多かったように感じます。 そこで思いついたのがこのギアチェンジ物理型ダイマ詰みエースです。 弱保発動を狙うや、特殊を受けに来るポケモン、特殊では突破が困難な等を軒並み起点にすることができます。 「ギアチェンジ」という技について コンセプトであるギアチェンジは確定、一致最高火力のワイルドボルトも確定です。 で止まるのが嬉しくないので打点となり得るじごくづきを採用。 ダイアークで打つことが多いです。 その他ドレインパンチが無効な相手かつ反動ダメージを嫌う場合に安定択として存在し地味に有用な場面もありました。 ドレインパンチに関してもほぼ確定。 やなどに対する最高打点はほのおのパンチ採用でのダイバーンですが、ダイナックルのA+1を捨ててまで採用する理由は無いように感じます。 これがあることでや、受け出しに来たチョッキ等にも十分に役割を遂行できます。 その他、有用な技があるという方はコメント欄にてご意見ください。 対面及びダメージ計算 基本的にギアチェンジを詰まずに殴ることがほぼ無いので主に A+1 以上のダメージ計算を参照ください。 トゲキッス メインウェポンを余裕を持って耐えるのでギアチェンジから入って良いです。 弱保狙いで突っ張ってくれば起点、引かれても裏のポケモン次第では起点。 ドリュウズ 対面からでは勝てません。 ギアチェンジ後は最速スカーフを抜いているのでダイマックスを切られなければ勝てます。 ダイマックスに勝つためにはギアチェンジ+ダイナックル後に対面する必要がありますが、それでも襷だった場合はステロなどの補助が必要になります。 5 乱数1発 87. 2 乱数1発 93. 2 乱数1発 37. 4 乱数3発 99. 1 確定2発 ダイマックス 37. ギアチェンジに対して後出しされた場合は勝てます。 私はこのを使ったマイナー 寄りの パーティで、14勝2敗でマスターボール級へ上がることができました。 うち12勝はこのを通して得た勝利です。 マスターボール級になった今でもとても活躍してくれています。 使ってみると想像以上に強いポケモンだと感じると思います。 もしよろしければ、ランクマッチのお供に連れて行ってあげてください。 以上です。 丁寧な育成論で読みやすく、この型のストランダーを使いたいと思いました。 ところでHD調整の仮想敵としてトゲキッスが挙げられていますが、無補正C252であれば受けだしから切り返す動きが可能ですが、それ以外だとまず無理そうです。 一個人の体感としては、直近のランクマではひかえめ個体やいのちのたま持ちが多いように思います。 その場合、せっかく耐久振りトゲキッスが確定1発であるにもかかわらず、こちらの耐久振りが機能していないように感じます。 以上から、ギアチェンを積んだあとの抜き性能も高めるためにスカーフサザンやスカーフダルマを抜けるまでSに割いた方がいいのではないかと思います。 長文失礼しました。 見にくい文章で申し訳ないです。 ぜひ使ってみてください。 たら様の仰ることはもっともで、この型のの努力値調整には改善の余地、環境や好みによって変わる部分が多くあります。 (ひとつだけ言うなれば、のダイジェットにこのを受け出してはいけません。 次のターンのダイバーンでこちらが消し飛ぶ可能性があるからです。 あくまでこの型は対面もしくは受け出しに来た相手の特殊に厚いポケモンを起点にギアチェンジします。 ) HDの耐久調整ラインを無補正252のダイジェットに合わせたのは少し弱保キッスを意識し過ぎていると我ながら思います。 ご指摘有難うございます。 しかし耐久を削ると、のダイジェットを食らいダイマックスした後、陽気の珠 or呪いのお札 剣舞かげうちを耐えなくなるという可能性が出てきます、難しい調整ラインですね…。 何を重くみるかで努力値の振り方は変わるかと思います。 の耐久調整を重く見ないのであれば多少火力を削るのもナシではないと思いますし(個人的にはいろんな相手に火力がギリギリのためここの努力値を他に割くのは好ましくないが)。 初めての育成論で不安だったのですがコメントいただけて嬉しく思います。 貴重なご意見ありがとうございます。 さっそく育成して使わせて頂きました。 とても強かったです。 を3タテした時は、あまりの強さに震えました。 1つ提案なのですが、持ち物の候補にラムの実は入りませんか? ギアチェンジを見せた後、鬼火を打ってくる場面がありました。 またもう1つのメリットは、などに欠伸をされてもダイマックスを温存しながら眠り状態から治ります。 命の珠も強いので、2回積めなかった時は劣化になりますが、どうでしょうか? 長文失礼しました。 励みになります。 ハマればあっという間に相手パーティを壊滅するパワーを秘めているので使うとクセになる強さですよね。 持ち物候補のラムの実に関しては一考の余地はありますがややピンポイント気味になると思われます。 そもそもを見た時点では、鬼火を打ってくる相手はほぼ皆無な上に自身のダイサンダーで眠りを無効にできることもありかなり腐りやすく、多くの対戦で持ち物無しとして運用することになってしまいます。 これは構築のダイマックスエースとしては好ましくありません。 現環境でギアチェンジを積んだに鬼火してくるのはおそらく系統と鬼火くらいでしょうか。 系統に対してはギアチェンジ後に鬼火されてもダイナックルで押して行けるので鬼火をどれだけ重く見るかになりますが、自分なら鬼火のためだけに火力を削るのはパーティのエースとしての決定力を考えると難しいところです。 (環境にいる鬼火持ちで重いポケモンが他に居ましたら教えて下さい。 ) に関しては素直に地震が飛んできた瞬間とんでもないことになるので基本的に居座りません。 私も珠以外の持ち物をいくつか試したことはありますが、耐久に厚めのダイマが落ちなかったりと火力方面で不便に感じることがままあったので、やはりダイマエースは珠で運用するのがシンプルに強いと感じております。 通常ダイマックス1択です。 いちおう毒で火力補助が見込めますが、エレキフィールドの眠り無効が詰みダイマックスエースと相性が良い上に電気技威力上昇によって後続への負担がかけやすくなるため、キョダイマックス技キョダイカイデンを採用する価値はほぼ無いと言って良いでしょう。 「ハマれば強い」の典型で自分も使用していますが、ダメ計詳細わかりやすくて助かります。 ステロを撒けるポケモンによるお膳立ても良いです。 スカーフとは相性が良く、起点づくり++掃除役のスカーフの並びがシンプルに強いです。 もちろんで止まる点は留意しなければいけませんが。 ストリンダーが物理型でも、こんなに強いとは、思っていませんでした。 初めは、[ギアチェンジ]? ストリンダーは特殊型だから、要らないだろとか思ってたら、こんな強い戦法があったとは……正直びっくりです。 準備が出来次第、僕もこの型のストリンダーを使っていけたらと思います。 ところで、初めにステロなどで場を荒らしてから…とありますが、これは壁張りもその一つとして、考えてよろしいのでしょうか? あまり大した事ない疑問かもしれませんが、答えてくれたら嬉しいです。 起点作成に関してですが、ステロ欠伸などで場を荒らすのは主にの火力補助及びきあいのタスキケアという意味合いが大きいです。 特にの天敵はタスキを持っているケースが多く、せっかくギアチェンジを詰んでダイマックスしたを1撃で粉砕されてしまいます。 ダイナックルの火力ではが高乱数になってしまう点からも、ステロ補助で確定圏内に押し込める可能性があるのでかなり相性は良いです。 壁張りに関しては、ステロを撒くことに比べ優先度は低いと思われます。 このは、相手の攻撃を無理やり耐えてギアチェンジするのではなく、相手の行動の隙に合わせてギアチェンジすることが多いということ、そして壁を貼ったところで地面技は基本耐えてくれないこともあり、壁との相性があまり良くありません。

次の