ポケモン go ロケット 団 リーダー 対策。 【ポケモンGO】ロケット団幹部対策!クリフ、シエラ、アルロを倒す方法【2/5】

【ポケモンGO】ロケット団の攻略情報まとめ|ゲームエイト

ポケモン go ロケット 団 リーダー 対策

ドダイトス• カイロス• 上記以外 ドダイトスの「はっぱカッター」が強力 3体目に出てくる可能性のある 「ドダイトス」の攻撃性能が非常に高く、場合によってはあっという間にやられてしまいます。 特にノーマルアタック(わざ1/通常技)で 「はっぱカッター」を使ってくる場合は壊れ性能に近い破壊力です。 しっかりとタイプ耐性のあるポケモンを出すか、素早く技を放つことができるポケモンを出して相手に技を出させる前に倒すという戦法がおすすめです。 カイロスの「むし」技に注意 1体目の「カイロス」はシールドを使ってくることもあり少しやっかいです。 ノーマルアタックの「むしくい」は高威力であり、「れんぞくぎり」の場合はスペシャルアタックを短い間隔で撃ってきます。 相手の技タイプに耐性のあるポケモンを出してダメージをしっかり抑えていきましょう。 自分にとって強いポケモン・攻略が難しいポケモンに出会った場合は、 無理に勝とうとせずにリーダーや場所を変えて再挑戦することがおすすめです! 相手の2体目で「くさ」または「みず」タイプポケモンを使用して勝利した場合は、そのまま「バンギラス」の弱点となるため攻めてHPを削っていきましょう。 倒しきれなかった場合、あるいは「バンギラス」専用ポケモンを準備して挑む場合は 2重弱点となる「かくとう」タイプで一気に攻めて倒します。 「ルカリオ」は「グロウパンチ」で攻撃を上昇させながら威力の高い「カウンター」でガンガン攻めます。 「カイリキー」のスペシャルアタックは、必要なエネルギー(ゲージ)が少なくて済む「クロスチョップ」がおすすめです。 レガシー技復活により進化やわざマシンで覚えることができます。 第5世代から登場した「ローブシン」も優秀技と耐久力が高めで攻守のバランスが良く活躍できます。 ラグラージ対策 勝てないポケモンとのバトルは避ける 手持ちのポケモンが揃っていなかったり、十分に強化できていないなどで 「このポケモンには勝てない」という状況もあります。 そのような場面では、無理に何度もバトルをせず 諦めて別の場所のロケット団リーダーを選んでバトルをしましょう。 同じロケット団リーダーでも場所が変われば、2体目・3体目に出してくるポケモンは変わります。 (偶然同じになる場合もあり) まずは自分の勝ちパターンを把握して勝利をしつつ、ポケモンを育成して勝ちパターンを増やしていきましょう! 同じGOロケット団のしたっぱ、リーダーである「シエラ」と「アルロ」、そしてボスである「サカキ」対策は以下にまとめています。

次の

【ポケモンGO】クリフの対策ポケモンとバトルに勝つコツ

ポケモン go ロケット 団 リーダー 対策

5 3000 3 相手のパーティを確認して対策する シエラに負けても使用してくるポケモンは変わらない。 1回目でクリアできなかった場合は、相手が使ってきたポケモンに対抗できるポケモンをパーティに入れよう。 相手のシールドを早く使わせる シエラはこちらのゲージ技をシールドで防いでくる。 ただし、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを1体目にして、相手のシールドを全て使わせよう。 有効なポケモン例 通常技 ゲージ技 弱点を突けるタイプが多い ダーテングは弱点が多く、こうかばつぐんでダメージを与えやすい。 そのため、ダーテングの弱点を突けるタイプであれば、自身が持っている最も強化されているポケモンで対策して良い。 大きくダメージを与えられるため、有利に戦うことができる。 かくとうタイプはぼうふうに注意 ダーテングはゲージ技でぼうふうを覚える。 そのため、かくとうタイプのポケモンは、弱点を突かれる可能性があるため注意しよう。 ただし、ルカリオの場合ははがねタイプを持っているので、等倍で受けられる。 ダーテングの対策ポケモン.

次の

【ポケモンGO】シエラの対策!勝つためのコツやパーティー(6月版)

ポケモン go ロケット 団 リーダー 対策

5 3000 3 相手のパーティを確認して対策する シエラに負けても使用してくるポケモンは変わらない。 1回目でクリアできなかった場合は、相手が使ってきたポケモンに対抗できるポケモンをパーティに入れよう。 相手のシールドを早く使わせる シエラはこちらのゲージ技をシールドで防いでくる。 ただし、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを1体目にして、相手のシールドを全て使わせよう。 有効なポケモン例 通常技 ゲージ技 弱点を突けるタイプが多い ダーテングは弱点が多く、こうかばつぐんでダメージを与えやすい。 そのため、ダーテングの弱点を突けるタイプであれば、自身が持っている最も強化されているポケモンで対策して良い。 大きくダメージを与えられるため、有利に戦うことができる。 かくとうタイプはぼうふうに注意 ダーテングはゲージ技でぼうふうを覚える。 そのため、かくとうタイプのポケモンは、弱点を突かれる可能性があるため注意しよう。 ただし、ルカリオの場合ははがねタイプを持っているので、等倍で受けられる。 ダーテングの対策ポケモン.

次の