皮膚 ピリピリ 痛い。 膝がピリピリする痛み!その原因と対処法のご紹介♪

皮膚がピリピリ痛い!何もないのになぜ?原因は?

皮膚 ピリピリ 痛い

顔に髪や服が触れるとチクチクする、洗顔時や洗顔後に肌がピリピリする、風に当たるだけでもヒリヒリする……。 日焼けしているわけでもないのに普段から肌がピリピリする場合は、皮膚が薄くなっている可能性があり、この状態の肌を一般的に「敏感肌」と言います。 皮膚が薄くなっている(=)ということは、角質層が薄くなっている、あるいはほとんどなくなっているということです。 角質層がほぼなくなってしまっている状態を「」といいますが、そこまでいかなくても、角質層が薄くなると皮膚の水分量が低下し、乾燥肌になってしまいます。 乾燥肌とは、角質層の水分量が健康な肌の水分量の30%以下になった状態を言います。 敏感肌も乾燥肌も、その根本原因のひとつに角質層が薄くなることがあります。 角質層が薄くなった状態では肌のバリア機能がしっかり働かず、外からの刺激が肌の深い層にダイレクトに届いてしまいます。 そうすると肌の深層部にある神経が敏感に反応したり真皮層で炎症が起こったりし、ピリピリするような痛みを感じるのです。 皮膚のヒリヒリ・ピリピリには、何よりも保湿が大切 肌がピリピリするときのケアとしては、主に次のことが大切です。 1 炎症を抑える 2 角質層を育てる 肌が熱をもっている場合は、皮膚科にかかって外用薬(塗り薬)を処方してもらい、炎症の治療に専念します。 病院に行くほどでもないけれど、皮膚が熱を持ってほてっている場合や、ほてってはいないけれどもピリピリするという場合は、ほてりを治め、角質層を生まれ変わらせるためのケアが必要です。 そのためには、何よりも保湿が大切です。 中でも、「セラミド」が配合されている化粧品を使っての保湿ケアがおすすめです。 セラミドは細胞間脂質のひとつで、その名の通り細胞間を結び合わせる役割を担っています。 さらに水分を蓄える機能もあるので、水分量が減ってバリア機能が損なわれていた角質層の機能をよみがえらせるのにも有効なのです。 保湿で正常なターンオーバーをうながす 健康な肌では、古い皮膚の細胞は時期がくるとはがれ落ち、常に新しい健康な角質細胞が肌を守っています。 このような肌の新陳代謝をターンオーバーといいますが、健康な角質層は、正常なターンオーバーが行われることで保たれているのです。 ピリピリ肌(乾燥肌、敏感肌)になるのは、ターンオーバーの周期が早過ぎるためです。 ターンオーバーが早過ぎると、角質細胞がしっかり育ちきらず、未熟なままで角質層を形成します。 入れ替わりが早すぎると角質を落とす分解酵素が十分に分泌されず、はがれ落ちなかった未熟な角質細胞がどんどん重なっていってしまいます。 このような状態の角質層では、細胞の重なりが邪魔になり余分な皮脂を外に出せないため、ニキビや炎症などのトラブルが起きやすくなるのです。 ターンオーバーの周期を早めてしまう原因は、ピーリングのしすぎや刺激の強い化粧品の使用など、行き過ぎたスキンケアにあることがほとんどです。 ピリピリ肌の人は肌に刺激を与えないよう注意し、何よりも保湿を心がけましょう。 ターンオーバーに必要なうるおいをキープしながら、健康な肌に生まれ変わるのを待つことが大切です。 また、ピリピリが治っても肌が薄いと感じるようであれば、継続して根気よくケアを続けて下さい。

次の

太ももが痛い!(前側・裏側・外側・内側)太ももの後ろがピリピリ痛い原因とは?

皮膚 ピリピリ 痛い

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『ピリピリする腕の痛み「帯状疱疹」かも?』をご紹介させて頂きます。 水ぼうそうの「ウイルス」が再び 帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、水ぼうそうを起こすヘルペスウイルスの一種「水痘帯状疱疹ウイルス」によって起こる病気です。 世界には、約160種のヘルペスウイルスが存在し、人間に感染するものは8種類といわれています。 水痘帯状疱疹ウイルスはそのうちの1つです。 このウイルスは、はじめて感染したときは「水ぼうそう(水痘)」を発症します。 水ぼうそうは、子供の頃にかかる人が多く、発症して約1週間で治ります。 水ぼうそうを経験すると体のなかにウイルスに対抗する免疫ができるため、基本的に、二度と水ぼうそうを発症することはありません。 しかし、ウイルスが消滅したわけではありません。 「水痘帯状疱疹ウイルス」は、水ぼうそうが治癒したあとも体の神経節(神経細胞が集まった部分)に残ります。 そして、体調不良などによって免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再度活動をはじめることがあります。 今度は水ぼうそうではなく「帯状疱疹」として別の病気を発症させるのです。 年配者の病気でも「いまは若い世代」にも多い! 帯状疱疹が発症する引き金となる、免疫力の低下は、 (1)加齢 (2)ストレス (3)過労 (4)病気 (5)ケガ などが挙げられます。 以前は50歳以上の年配者に多い病気でしたが、近ごろは20~30歳代の年代にも増えています。 免疫力が低下した体では、水痘帯状疱疹ウイルスが神経節から出て、活動を再開します。 ウイルスは皮膚に到達し、傷もないのに皮膚がチクチク(もしくはピリピリ)痛み、やがて、皮膚に帯状の水ぶくれがあらわれます。 この帯状の症状から「帯状疱疹」と名前がつけられています。 刺すような「強い痛み」が起こる 帯状疱疹の症状は、堪えがたいほどの「強い痛み」が特徴です。 水痘帯状疱疹ウイルスは、知覚神経に直接ダメージを与えながら増殖するため、衣類が触れるわずかな刺激にも、刺すような鋭い痛みを感じます。 なかには、あまりにも激しい痛みのため、入院して治療する人もいます。 症状は、次のような経過をたどり、治るまでには約3~4週間かかります。 (1)皮膚にチクチクするような痛みが起こる (2)痛みは次第に強くなり、痛む箇所に、赤い発疹ができる (3)発疹のうえに、透明の「水ぶくれ」ができる (4)赤い発疹と水ぶくれが新しくできて、帯状に拡がる (5)水ぶくれは黄色に変色し、約6~10日して破れ、ただれる (6)この頃が「痛みのピーク」になることが多い (7)水ぶくれは、かさぶたとなり、痛みが引きはじめる (8)約3週間して、かさぶたが剥がれ落ち、治癒に向かう 痛みのあらわれやすい箇所は、胸部、背中の上部、お腹が多く、手足、額、眼のまわりに出ることもあります。 神経は体の中心から左右に分かれているため、発疹は(痛みも)「体の片側だけ」にあらわれるのが特徴です。 また、痛みに伴い、微熱、リンパ節の腫れ、頭痛が起こる人もいます。 「痛みだけが残る」後遺症もある・・・ 水ぶくれなどの皮膚の症状が回復したあとも、痛みだけがいつまでも残ることがあります。 これは「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれる後遺症です。 発症年齢が若いと、破壊された神経は早く回復しますが、年配者の場合、回復に時間がかかり「帯状疱疹後神経痛」があらわれることがあります。 後遺症を防ぐには、帯状疱疹の治療を早くはじめることが大事です。 体の片側の皮膚にピリピリする痛みを感じたら、すみやかに「皮膚科」を受診し、専門医に相談しましょう。 帯状疱疹が他人に感染することはありませんが、水ぼうそうを経験していない人には水痘帯状疱疹ウイルスが感染することがあります。 家族に、小さいお子さんや高齢者がいる家庭は、十分気をつけましょう。

次の

足のピリピリ

皮膚 ピリピリ 痛い

昨夜、就寝時に左太ももから足首にかけて、ひどくヒリヒリして何度も目が覚めました。 今日の昼間は膝から下(やはり左のみ)がヒリヒリピリピリ結構ひどく感じます。 見た目、発疹や傷などはありません。 膝から下はだるさも少し感じます。 自分なりに調べてみましたが、帯状ほう疹?にしては痛む範囲が広いような気もします。 前兆はなく、突然やってきました。 明日からは近所の病院は大体が年末休に入るため、急に心配になってしまいました。 どなたかこの症状に心当たりのある方いらしたら、病気なのか一過性のものか教えて下さい。 ちなみに、仕事はデスクワークですが、一日中座っている訳でもなく立ったり座ったりです。 最近少し忙しくて疲れたな~とは感じていますが、風邪気味でもありません。 よろしくお願いします。 と言うことはピリピリ以外の症状は無いのですね? 考えられる原因に坐骨神経痛があります。 坐骨神経とは腰から出て、足先まで伸びている神経ですが、腰に何か異常があると痛み、痺れなど様々な症状が出ます。 ただこれは腰に自覚症状が無くても起こりえますので、可能性としてはまず考えられます。 他には股関節の異常などもありますが、これはまずピリピリとは違う痛みを感じますので可能性は低いかもしれません。 他には仰るように帯状疱疹などあります。 帯状疱疹は神経に沿って出ますので、結構広範囲に症状が出ます。 発疹が出てくれば間違いないですが、この可能性もまだ捨てきれませんね。 他には循環器系の病気や糖尿病などでも神経の症状は起こりえます。 まずは整形外科疾患を疑うのがセオリーなのですが、年末年始休暇でしょうから、揉んだり擦ったりせずに様子を見ましょう。 湯船やアルコールも様子を見た方がいいと思います。 何かおかしなことがあれば救急に行かれてください。 何もなければ年明けに整形外科を受診されてください。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 Q こんにちは。 ご教授下さい。 両足のうちももがピリピリした感じがします。 奥の方というより感覚的に表面近くのような感じ。 痛いといっても我慢できるというか、 まあ、気になる程度です。 髪の毛を軽く引っ張った時の毛根のピリッとした感じというか、 ズキズキではなくピリピリした感じです。 偏頭痛みたいなもので、放っておけば良いなんて医者から言われましたが、 結局、なんでピリピリするのか、原因は分からぬままです。 仮に偏頭痛をお持ちの方でも慣れているだけで、 出来れば治った方が良いと思っているはずですので、 医者の応対も横柄な感じもしますが、 こういう内股のピリピリとした症状は、どんなことが原因で、 どうすれば治るのでしょうか? 文章だけでは情報不足で分かりづらいとは思いますが、 どなたか、こんな原因では?こうすれば治るのでは? ということが何となくでも良いので、お分かりになる方、 ご教授のほど、お願いします。 こんにちは。 ご教授下さい。 両足のうちももがピリピリした感じがします。 奥の方というより感覚的に表面近くのような感じ。 痛いといっても我慢できるというか、 まあ、気になる程度です。 髪の毛を軽く引っ張った時の毛根のピリッとした感じというか、 ズキズキではなくピリピリした感じです。 偏頭痛みたいなもので、放っておけば良いなんて医者から言われまし... A ベストアンサー >痛いといっても我慢できるというか、まあ、気になる程度です。 ピリピリしている部位をさわっても痛くない、腰が痛いとかはなく、歩いても痛くない状態ですね。 >病院に行ってMRIを取りましたが、頸椎の5番目のクッションが >加齢とともに 少し潰れてきているが異常はないと。 MRI検査を受け、専門家の医師から異常ではないと説明を受けられましたが、残念ながら質問者様の訴えた症状の解消に役立つ説明になっていません。 >こういう内股のピリピリとした症状は、どんなことが原因で、 >どうすれば治るのでしょうか? 症状は両足に出ているので、帯状疱疹の発症の特徴にあっていません。 今の症状が増悪していくと困りますでしょうから、早めの対応が大切になります。 皮膚にあらわれる症状なので、帯状疱疹の治療に詳しい皮膚科の診察を受けるのは無駄ではないと思います。 先ずは、医療機器が整備されている総合病院で、常勤の神経内科専門医のおられる神経内科の診察をお奨めします。 神経の知識は皮膚科より神経内科のほうが豊富だと思います。 ここで、ピリピリ感の原因が掴めるのではないでしょうか? 僭越ですが、ピリピリ感に悩んでいる方の過去質問を参考までにどうぞ。 rakuten. trinity-chiro. html >痛いといっても我慢できるというか、まあ、気になる程度です。 ピリピリしている部位をさわっても痛くない、腰が痛いとかはなく、歩いても痛くない状態ですね。 >病院に行ってMRIを取りましたが、頸椎の5番目のクッションが >加齢とともに 少し潰れてきているが異常はないと。 MRI検査を受け、専門家の医師から異常ではないと説明を受けられましたが、残念ながら質問者様の訴えた症状の解消に役立つ説明になっていません。 >こういう内股のピリピリとした症状は、どんなことが原因で、 >どうすれば治る... Q 3週間ぐらい前から右の肩甲骨から脇下にかけて皮膚がヒリヒリします。 思い当たる原因もなく、発疹や赤い腫れなど一切無く、見た目は普通となんら変わりありません。 ホットカーペットの上で寝ちゃうこともあったので始めは軽い低温火傷かなぐらいにしか考えてませんでしたが、赤く腫れてもいないし違うようです。 肋間神経痛ということも考えましたが皮膚がヒリヒリする以外は痛みはありません。 ただ、痛いところをかばう為にへんな体制を知らずにとっている様で背骨のあたりが筋肉痛に似た痛みがでて来ました。 もしかしたら、これも何かの病気の症状でしょうか? 最近急に心配になってきました。 何かこの様な症状でご存知の方いらっしゃいましたら、是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 専門家ではありませんが、私が似たような経験をした時の話をします。 私も思い当たる原因の無い時に変な皮膚の異常を感じました。 その時皮膚科の病院等に行ってみましたが、一向に直る気配すらなく、何かもっと重大な病気かも?とも思いました。 私の場合は、もともとかなりのヘビースモーカーであった為のビタミン不足が原因でした。 結局ビタミンの錠剤を飲み続けることで克服し、今は何ともない状況です。 先に回答されておられた方の言われるように素人考えで対処してはイケナイとは思いますが、深刻に考えずに皮膚科のお医者さんに相談されてみてはいかがでしょうか?大げさに考えずに気楽に対処するほうが精神的にも良いと思います。 A ベストアンサー 足首を強打したということであればまず、整形外科に行き足首に異常が無いかどうか確認してもらうのが先決だと思います。 以上がなければ次のステップで確認してください。 寝てて、起きたときとか長時間座ってたときに特に出るならば坐骨神経を疑うのも良い着眼点だと思います。 坐骨神経はお尻の後から太ももの外側に廻って降りている神経で人間の神経で一番太い神経ともいわれることがあります。 (未確認) 寝たり座ったりが多いとどうしてもこの神経を圧迫することがあるので 揉み解すと改善することがあります。 これは整体、指圧関係に行くと良く教えてくれます。 自分でチェックの方法は太ももの外側を指3,4本をそろえて太ももの前後にゴリゴリもんでください。 コリコリしたものが触ってそれが痛いなら坐骨神経です。 あまり無理にもまず丁寧にもんでいるとコリがほぐれます。 それと同時にその先にある神経が回復して痺れが薄れるはずです。 Q 片側の足の指が、毎日、ひどく冷たく感じます。 冷たさで、痛いくらいです。 2年前の冬から冷たく、去年、血流の検査など、精密検査もし、異常無しでした。 ここ1ヶ月ほどは、ものすごく冷たくて、指先だけでなく、ふくらはぎまで冷感があります。 ふくらはぎは、2週間前から、正座したときだけ痛みがあるので、今日整形外科を受診し、冷感のことも聞いてみました。 触診では冷たさはないので、本当の循環障害ではないだろうとのこと。 でも今もとても冷たくて、つらいです。 皮膚の色も正常、動きも問題なく、しびれもありません。 足のグーパー運動などもでいますが、そういう運動をしても、又はマッサージをしても、冷たいままです。 ただ、歩くと、治ります。 という事は、血行の問題?? なぜ、こんなに冷たく感じるのでしょう?? 「こうではないか」「ああではないか」で良いので、アドバイスをお願いできますか。 A ベストアンサー 血流の検査をしているので血行の問題はどうでしょうね。 歩行の刺激に紛れて冷えを感じにくくなるとか、筋肉を動かすことで熱が産出されますのでそれで冷えが緩和されている可能性もあると思います。 足の冷えは実際に冷えている場合と、実際には冷えていないが冷えを感じている場合があります。 後者は特に神経の異常でおこるものです。 例えば脚の神経は全て腰から出ているのですが、腰に何か異常があると痛みや冷感、熱感、麻痺、痺れなど様々な神経症状が出ていきます。 これは腰に自覚症状がなくても起こり得ることですから、腰のレントゲンを撮っていないのであれば一度撮ってみることをお勧めいたします。 それでも何も異常がないとなると、神経そのものの異常も考えられます。 神経内科、脳神経外科など受診されてみてはいかがでしょうか。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 A ベストアンサー 1年前同じような症状で苦しみました。 私の場合は、ピリピリ感と灼熱感だけでなく冷感もありました。 握力低下、筋力低下、脱力感、しまいには歩行困難・・・ 原因は 首でした。 頚椎ヘルニアで即手術を勧められ手術を受けその症状は改善されました。 MRIを撮られたようですが、頚椎は診ていただきましたか? ヘルニアは血液には数字で出てきませんので、もし首を診て頂いてないのであれば整形外科に相談されるのもいいかもしれません。 私も始め原因が分からず、内科で甲状腺異常や糖尿病を疑われたり、神経内科にて反射テストなどを受けたり、数ヶ月苦しみました。 その間に症状が進行し、先に述べたような症状がどんどん強くなっていきました。 症状が結構進行してからの手術だったので、未だに一部の指のしびれは後遺症として残っています。 脊髄が傷ついているので一生の付き合いになるかもしれません。 手足のしびれ症状以外に、背中(肩甲骨あたり)が寝違えたように痛むことや、歩行中膝がカクンっと抜けるような症状や、階段の上り下りに違和感を感じたりということはありませんか? 首から来る症状の一つです。 もしお心当たりがあるようなら整形外科でのMRI診断をお勧めします。 お大事になさってください。 1年前同じような症状で苦しみました。 私の場合は、ピリピリ感と灼熱感だけでなく冷感もありました。 握力低下、筋力低下、脱力感、しまいには歩行困難・・・ 原因は 首でした。 頚椎ヘルニアで即手術を勧められ手術を受けその症状は改善されました。 MRIを撮られたようですが、頚椎は診ていただきましたか? ヘルニアは血液には数字で出てきませんので、もし首を診て頂いてないのであれば整形外科に相談されるのもいいかもしれません。 私も始め原因が分からず、内科で甲状腺異常や糖尿病を疑われたり、神経内...

次の