スモール ボア ライフル。 中華エアガンを調整&チューン、しかも3ヶ月無償修理保証! Gunsmithバトン

エアーライフル射撃で用いられる銃・標的・弾丸−阪大ライフル部

スモール ボア ライフル

10mエアライフル種目 14歳から所持が認められるエアライフル AR は、圧縮空気を利用して直径およそ4. 5mmの鉛玉を飛ばし、10m先にある標的の中心を狙います。 所持許可申請も手間が比較的かからず、銃の値段も比較的安いことから、射撃競技の中で最も普及率が高いです。 10mエアライフル種目は、60発射撃しそのスコアを競う競技です。 10点の範囲はおよそ0. 5mmと、とても精密な精度と集中力が試される種目です。 2015年より、点数計算の方法に小数点以下を含むようになり、より精密な射撃が求められるようになりました。 明治大学体育会射撃部でも生田射撃場に電子標的を8台導入し、より実践に近い状態で練習することができます。 新歓では、所持許可の不要なビームライフルを体験することができます。 標的との距離も50m先と遠くなるため、日本の射撃場は半屋外が多いです。 SB種目には2種類あり、3姿勢で合計120発射撃します。 もう1つの種目として伏姿勢で60発射撃する種目もあります。 膝射、伏射、立射の順に3姿勢で行うSB種目は競技時間が2時間45分ととても長い戦いです。 発数も多く、SBは大学から始める人しかいないため、大学射撃の団体戦では最も重要な種目です。 明治大学では、SB射場を有していないため、神奈川県立伊勢原射撃場や、埼玉県立長瀞総合射撃場で練習を行っております。 射場使用料や弾代など練習に関する諸費用は部費により援助がありますので、思う存分練習ができます。 経験の差が小さいSBこそ、全国入賞に最も近い種目です!

次の

エアーライフル射撃で用いられる銃・標的・弾丸−阪大ライフル部

スモール ボア ライフル

競技内容に関しては""を参照して下さい。 スモールボアライフルはエアーライフルと違い火薬の燃焼によって発生するガスによって弾丸を発射する実弾を使用する装薬銃です。 日本では所持をするのにエアーライフルよりもさらに厳しい審査を経た警察の許可が必要となります。 アンシュッツ1913 Anschuetz 1913 モデルこそ違いますが、アンシュッツのSB銃は日本では一番ユーザーが多いようです。 筆者の銃もアンシュッツ社製である。 ワルサーKK300 Walther KK300 ルパン三世でおなじみのワルサー社のSB銃。 筆者もほしがる一品である。 ファインベルクバウM2602 Feinwerkbau M2602 エアーライフルとは違って国内ではシェアの低い ファインベルクバウ社のSB銃。 作成中です... これがスモールボアライフル競技で用いられる弾です。 口径は22口径(約5. 6mm)、材質は鉛(弾頭部分)です。 銀色の部分が弾頭(飛んでいく部分)で、金色の部分が薬莢(火薬が詰まっている部分)です。 値段は筆者が主に使用している弾で1発、20円程度です。 より精密に作られたものであれば1発、30円程度です。

次の

いちごライフル射撃部|いちごスポーツサイト

スモール ボア ライフル

私が銃砲を購入した銃砲店(ワルサー社日本代理店)から伺った話をまとめておく。 エアライフルのメンテナンスについては、毎回細部に至るまで細かく行う必要はなく、錆び止めにオイルを薄く塗る程度で構わない。 夏場は汗をかいた手で触るコッキングレバー、冬場は息があたる機関部後方や装填口付近に必要があれば使用するたびに気にかけてあげると良い。 機関部の内部はブロックに組み込まれており、長期使用に耐えられるオイル・グリスが使用されているので、頻繁にメンテナンスする必要はない。 オイルやグリスを塗りすぎると機関部に入り込んでしまうので、しばらく使用して銃の特性を理解してからで十分である。 また、銃の精度を保つ為のメンテナンスとしては銃身内のコンディションが重要になってくる。 付属のクリーニングキットやチューブを使用して定期的に掃除していただきたい。 掃除後はいくらか弾を撃たないと弾速が戻らないので、試合前に行うときは気をつけよう。 さんの公式サイトに「メンテナンス」について詳しく書かれているので、それを参考にさせていただき、要点をこちらにまとめておきたい。 ただし、射撃前にバリストールを完全に除去しないと着弾に影響します。 スペシャルグリースを付けすぎるとシリンダー内部のディーゼリング現象によってピストンヘッドが焼けてエア漏れしますのでご注意ください。 ピストンの周囲にまんべんなくスペシャルグリースを塗るには、ピストンを抜いて行う必要があります。 このときピストンを傷つけないようにご注意ください。 不安がある方は当社へお任せください。 使用頻度によってオーバーホールの時期は異なりますが、あまり使用しない場合でもOリングやシールパッキンが劣化したり、オイルが乾いてエアモレする場合がありますので最低でも2年に1回は行ってください。 特に圧縮空気式エアライフルの場合は、特殊なメーターを用いてレギュレーターの再調整が必要な銃もあります。 以上、出典:公式サイト「メンテナンス」より ・ahgクリーニングキット(銃身内掃除用ワイヤー&紐) ahg Cleaning Kit 先端が小さな輪になったワイヤーとコットン製の紐の束のセットで、ワイヤーの先端(輪)にコットンをつけて、銃身内を引っ張ることによってクリーニングするもの。 取り付けるコットンの本数により引き出す際の圧力(抵抗)を調整でき、エアライフル・エアピストル、スモールボア、大口径を問わず使用できる。 私が購入したワルサー社のエアライフルには付属品として添付されていた。 具体的な使い方としては、まず、ワイヤーの先端の輪にコットン紐を5本ていど取り付け、ワイヤーの反対側の先を銃の装弾口から銃口側へ挿入する。 次に、銃口側から出てきたワイヤーの先を引っ張利出すようにして、コットン紐で銃身内を清掃する。 コットン紐を使い切ったら、紐だけ別売品として購入可能だ。 キットは3,000円ぐらい、スペア紐は一束300円ぐらいか。 ライフルの銃身内にはライフリングといって、銃弾を安定させるために螺旋状の溝が切ってある。 エアライフルも同様である。 なのでいたずらに銃身内に触れてライフリングを損傷させると、弾道などに影響すると聞いたことがある。 なので、銃身内をクリーニングするときは慎重な作業を心がけ、不必要になんども繰り返さないほうがよいのではないかと個人的には考えている。 以前、射撃場で、お世話になっている某銃砲店の射手の方にお会いしたことがあるが、彼は射撃終了後にクリーニングキットを使ってきちんと銃身内をクリーニングされていた。 私などは射撃場に行く頻度もさほど多くないので、少し間を空けて年に数回程度でよいのではないかと勝手な判断をしている。 空気銃弾の中にはワックスが付いていて、そのメーカーの物を使っているとなおさらクリーニングの頻度は少なくてもよいのではないかと、うわさにも似た情報もネットで見かけた。 本当のところはどうなのか、イマイチ掴みきれていない。

次の