よく 当たる 宝くじ 売り場。 茨城県内でよく当たる宝くじ売り場を探してみた結果

よく当たる宝くじ売り場|福岡県|北九州市|平和橋チャンスセンター

よく 当たる 宝くじ 売り場

高知県土佐清水市旭町3-18• 営業時間:10:00~17:30 金運パワースポットのご紹介 土佐神社 土佐一の宮であり古社。 地元の人からも厚く信仰をされている神社です。 大河ドラマの「龍馬伝」のロケ地にもなった所ですね。 境内にあるつぶて石に願い事をすると叶うと言われています。 後もう一つ!坂本龍馬が描かれた心願成就の御守りを身につけてると、商売繁盛や必勝祈願などの御利益が得られると言われています。 こちらへ行かれた際は、是非二つとも行ってくださいね。 大黒さまを拝みに行かれてはいかがでしょう。 四万十川 日本の三大清流の一つ、日本の秘境100選にも選ばれている四万十川。 何故四万十?と思ったので調べました。 諸説ありますがアイヌ語の 『シ・マムタ=とても美しい』から来ているという説があるそうですよ。 如何でしたでしょうか? 1回でどんと当たることもいいですが、同じ売り場で買い続けると当たるという統計結果も出ているくらいなので やっぱり信じるものは救われる! 高額当選目指していきましょうね〜 。•

次の

兵庫県の宝くじ高額当選売場

よく 当たる 宝くじ 売り場

サマージャンボとサマージャンボミニ、2方向で攻める! 2019年令和最初のジャンボは【サマージャンボ】と【サマージャンボミニ】、の2つのサマージャンボを購入して、2方向から高額当選を攻めてみましょう! 【サマージャンボミニ】、は文字通り【サマージャンボ】に比べると 当選金額も【ジャンボ】>【ミニ】と少なくなっていきますが、その分当選本数が増えていきますので、当選確率ももちろんアップアップ!!! 等級等 サマージャンボ【2019年】 1等 500,000,000円 【20本】 1等の前後賞 100,000,000円 【40本】 1等の組違い賞 100,000円 【1,980本】 2等 10,000,000円 【40本】 3等 1,000,000円 【600本】 4等 100,000円 【12,000本】 5等 3,000円 【2,000,000本】 6等 300円 【20,000,000本】 等級等 サマージャンボミニ【2019年】 1等 30,000,000円 【40本】 1等の前後賞 10,000,000円 【80本】 2等 1,000,000円 【1,600本】 3等 100,000円 【16,000本】 4等 10,000円 【80,000本】 5等 3,000円 【800,000本】 6等 300円 【8,000,000本】 夏祭り賞 20,000円 【24,000本】 よく当たる【西銀座チャンスセンター】で宝くじを買う! よく当たる宝くじ売り場と言えば何といっても東京都銀座にある、 【 西銀座チャンスセンター】です! 【西銀座チャンスセンター】は過去のジャンボ宝くじで一番多くの一等当選者を出していることでとても有名な宝くじ売り場です。 そのジャンボ宝くじの時期は宝くじを買うのに『1時間待ち』なんていうこともザラと言うことだからホント、全国に知られたよく当たる宝くじ売り場だと言えます。 しかも、【西銀座チャンスセンター】の中でも一番よく当たると言われている 《1番窓口》は3-4時間待ちと言うから驚きです。。。 でも、どうせ宝くじを買うならやっぱりよく当たる宝くじ売り場で買いたいですよね! でもなかなか東京・銀座まで行くのは大変・・・。 そんな方にこんなサービスがあります!!! 【西銀座チャンスセンター】限定! ドリームウェイではジャンボ宝くじを 【西銀座チャンスセンター】限定で購入代行してくれるサービスなんです! し、しかも!!! 1:購入枚数の指定可能! 10〜1,000までの10枚単位で連番、バラを好きなように組み合わせての購入が可能です。 2:購入日の指定可能! 初日、最終日、初日〜最終日までの各大安日の購入日指定が可能です。 3:購入窓口の指定可能! 1〜7番窓口の購入窓口が指定が可能です(1、2、3、5、7窓口で4、6番窓口は存在しません)。 1番窓口は2個ございますが、一番込む本当の1番窓口で購入を行います。 4:プレゼント配送が可能 ! 宝くじのプレゼント用にギフト配送が可能です。 その領収書のコピーと宝くじを合わせてご送付させていただいております。 お客様ごとに領収書を発行いただきますと、「西銀座チャンスセンター」様にご迷惑おかけしてしまいますので、弊社「株式会社ドリームウェイ」の宛名で、1窓口ごと1枚領収書を発行いただいております。 その関係から、金額欄のみ塗り潰させていただいた領収書のコピーを購入の証明として同封させていただいております。 「西銀座チャンスセンター」様には、1番窓口が2つございまして、1番窓口、1番窓口、2番窓口、3番窓口、5番窓口、7番窓口というように窓口が並んでおります。 一番人気があるのが、左端の1番窓口となっておりまして(弊社では「本当の1番窓口」と呼んでおります)、朝一番では行列の長さに10倍以上の差がございます。 弊社では、「1番窓口」をご指定いただいた場合、その本当の「1番窓口」で購入を行っておりますが、これにつきましては証明することができません。 申し訳ございません。 縦連(通し) 内容:組が同じで番号が連番になる買い方。 枚数:20枚以上から購入可能。 注文:連番を20枚以上選択いただき、コメント欄に「縦連20枚を1セット」等ご記入ください。 特連/福連100 内容:組番号が10種類で各10枚。 下2桁が00〜99まで揃う買い方(6等が下2桁の場合、確実に当選する)。 枚数:100枚単位で購入可能。 注文:連番を100枚単位で選択いただき、コメント欄に「特連1セット」等ご記入ください。 縦バラ/3連バラ 内容:連番3枚を10種類買う買い方。 バラなのに1等前後賞を狙えます。 枚数:30枚単位で購入可能。 注文:バラを30枚単位で選択いただき、コメント欄に「縦バラ30枚を1セット」等ご記入ください。 特バラ/福バラ100 内容:100種類の組番号で、下2桁が00〜99まで揃う買い方(6等が下2桁の場合、確実に当選する)。 枚数:100枚単位で購入可能。 注文:バラを100枚単位で選択いただき、コメント欄に「特バラ1セット」等ご記入ください。 良く当たる宝くじ売り場で購入しよう 宝くじはやっぱりよく当たる宝くじ売り場で購入することが当選への近道です! 宝くじを定期的に購入している、若しくはこれから購入していこうと考えている方が結構いるかと思われます。 当選金額がどんどんアップしているので、一攫千金のチャンスです。 宝くじは当選する確率はかなり低いのですが、せっかく大金を得るチャンスがあるのに見ているだけでは勿体ないです。 宝くじは 所得税がかからないので、全額自分の手元に残るのも魅力だと言うことができます。 投資だと10%〜20%くらい取られてしまうので、税金が全くかからないのは間違いなくお得です。 宝くじを購入する宝くじ売り場は自宅の近くや通勤で通る場所を選んでいる方が結構多いようですが、それはナンセンスだと言わざるを得ません。 良く当たる宝くじ売り場があるので、そこから購入するのがベストになります。 そこで、各地にある 良く当たる宝くじ売り場について見ていきます。 まず、 よく当たる宝くじ売り場と言えば 西銀座チャンスセンターの1番窓口になります。 ここはテレビ番組などでよく取り上げられているところなので、見聞きしたことがあるはずです。 1番窓口から多く当たっているので、発売日はかなり長い行列になっています。 首都圏の よく当たる宝くじ売り場であれば西銀座チャンスセンターは外すことができません。 名古屋で よく当たる宝くじ売り場と言えば、 名駅前がおすすめです。 これまで高額当選が84本あり、3億円以上の当選がなんと32本もあります。 具体的には2014年オータムジャンボ宝くじ1等前後賞5億円が1本、2013年年末ジャンボミニ1等7000万円が2本、2013年ドリームジャンボ宝くじ1等1億円が3本、2012年年末ジャンボ宝くじ1等6億円が1本などが挙げられます。 北海道の 良く当たる宝くじ売り場は 大通地下になります。 毎年のように高額当選が出ていますし、2016年は北海道日本ハムファイターズが日本一になったのでゲン担ぎの意味でも良いと評価できます。 この他には 千葉駅前宝くじロトハウスや 有楽町大黒天宝くじ売り場、 梅田ヨドバシカメラ、 JR大阪駅東口ラッキーステーション、 福岡の天神地下街宝くじチャンスセンターなども良く当たる宝くじ売り場と言われています。 少しでも高額当選する可能性を高くするためには、購入場所もこだわることが大事になります。 よく当たる宝くじ売り場と言っても当たる保証もないのに遠出して買いに行くのは面倒だと感じるかもしれませんが、他の売り場と比較して当選する可能性がかなり高くなるので、良く当たるところをターゲットにするのは何も間違っていません。 地方には穴場の良く当たる宝くじ売り場がいくつもあるので、一度調べてみることもおすすめします。 宝くじ売り場の営業時間について 宝くじ売り場の営業時間は売り場によって違いますので確認が必要です。 通常の宝くじ売り場では、午前10時に開店、午後6時30分〜午後7時に閉店するお店が多いです。 しかし、この時間にあてはまらない売り場も多くあります。 午後6時までしか営業していなかったり、逆に午後8時まで営業していたり、販売員が少ない売り場では昼時などに一時的に 閉まっている場合もあります。 ナンバーズやロトなどの券を発行して売る種類の宝くじは毎日午後6時30分が締め切りとなっていますので、この時間以降には購入することはできません。 また、宝くじ、スクラッチ、ロト・ナンバーズともに、年末最後の販売は12月30日までで、12月31日、1月1日、2日、3日はお休みとなり、新年は1月4日から宝くじが発売されます。 年末ジャンボ宝くじなどの多くの人が買い求めるジャンボ宝くじ発売中は、売り場の販売窓口を増やしたり、ジャンボ販売期間限定の特設売り場がオープンしたり呼び込みが行われたりして賑やかになります。 売り場によっては営業終了時間が1時間ほど延長されるところもあります。 宝くじファンにとって馴染みのある、赤色・黄色・青色などのカラフルなデザインの宝くじ売り場は、「チャンスセンター」と呼ばれていて、チャンスセンターは受託販売元の「みずほ銀行」の直系の店舗になります。 一般の宝くじ売り場の営業時間(午前10時から午後6時30分〜午後7時まで)とは違いがあります。 よく当たる宝くじ売り場として有名な東京にある西銀座チャンスセンターを例に挙げると、 西銀座チャンスセンターの営業時間は、 通常期間の月曜日から金曜日は午前9時から午後8時まで 土・日曜日・祝日は午前10時から午後7時までとなっていますが、 ジャンボ期間中は、発売初日に太鼓の演奏でお客様をもてなしたり、芸能人によるイベントが催されます。 この催し時間が約30分間あるので、通常より30分早く営業を開始します。 ・発売初日 午前8時半から午後8時まで ・発売期間中(月曜日〜金曜日) 午前9時から午後8時まで ・発売期間中(土日・祝日)午前9時から午後8時半まで 発売最終日は、延長される場合もあり、年やジャンボの種類によっての変更の可能性があります。 また、西銀座チャンスセンター以外のチャンスセンターにも変則的な営業時間の店舗があります。 午前8時や9時半の早朝から営業している店もあれば、営業終了時間が午後6時50分までや午後7時までの店舗もあります。 よく当たると言われている宝くじ売り場を利用する際には、そのお店の営業時間を予め確認してから利用するのが賢明です。

次の

宝くじ購入の豆知識!「宝くじがよく当たる売り場は、どこ?」

よく 当たる 宝くじ 売り場

ジャンボ宝くじは現在、年に5回発売され、その種類は以下の通りです。 グリーンジャンボ宝くじ• ドリームジャンボ宝くじ• サマージャンボ宝くじ• オータムジャンボ宝くじ• 年末ジャンボ宝くじ これらのジャンボ宝くじでよく高額当選者を出す売り場として有名な宝くじ売り場は下記店舗です。 西銀座チャンスセンター• 大阪駅前第4ビル特設売り場• 名駅前チャンスセンター この宝くじ売り場以外にも、東京・大阪・名古屋・福岡など、大都市を中心によく当たると言われる売り場があります。 『よく当たる宝くじ売り場』という幻想 ジャンボ宝くじは1,000万枚を1ユニット(組)として販売されていて、宝くじの1等は1ユニットにつき1枚なので、その確率は1,000万分の1。 つまり、1ユニット(1,000万枚=30億円!)を販売すると、100%の確率で1等が出ますよね。 「西銀座チャンスセンターは1ユニット分を仕入れているから当たりやすい!」 …というようなネット情報があるようですが、これはかなり無理がある主張なんです。 1ユニット分を仕入れているというデータが開示されていない。 1ユニット分を仕入れていたとしても、西銀座チャンスセンターで過去にジャンボで高額当選がなかった回がある。 1ユニット分を仕入れていたとしても、全て同一のユニットで納入されるという確証がない。 ちなみに下の画像は、まとめて1,000万円分の宝くじを注文した際の写真ですが、ユニット違いのくじが確認できます。 1ユニット分を仕入れたとしても、全て同一のユニットで納入されるとは限らないことが、この画像からも推測できますよね。 冷静に考えると、宝くじ事業は、各地方自治体を発売元とする公共性の高い事業なので、公平性を期すためにもランダムな1,000万枚が納入されるはずでしょう。 全て同一のユニットで購入できるという条件下であれば、優位性があると言えなくもないですが、その前提が成立しない以上、上記の主張は通りませんよね。 『よく当たる宝くじ売り場』という幻想を広めたのは誰? では、『よく当たる宝くじ売り場』という概念を広めたのは誰なのでしょうか? 推測の域を超えませんが、これを広めて得するのは『宝くじ売り場自身』以外にありません。 宝くじの種類にもよりますが、宝くじ販売における売上金は1枚あたり9~18円と言われていて、この売上金こそが宝くじ売り場の利益の源泉。 人件費や地代、機械のリース代などもありますし、稼ぎ時であるジャンボの売り出し期間には、1枚でも多く宝くじを売りたいのが本音でしょう。 どこで買っても変わらない宝くじを自分の売り場で買ってもらうために編み出した秘策こそ、『高額当選の実績をアピールすること』であり、宝くじ売り場の長蛇の列を見ると、その秘策は大成功しているようです。 でも、この『よく当たる宝くじ売り場』という言い方はフェアじゃないですよね。 『 当売り場は、よく当たる宝くじ売り場です。 そして、よく外れる宝くじ売り場です!』という表現だと納得できるのですが…。 宝くじの販売数が多い売り場から高額当選が多く出ていることはまぎれもない事実ですが、それは仕入れなどに優位性があるわけではなく、単純に宝くじを多く販売しているから…というのはここまで説明した通りです。 でも、どこでどのような買い方をしようと、それはアナタの自由。 他人にとやかく言われる筋合いはありません。

次の