神戸大学大学院経営学研究科。 安酸 建二 (経営学部 会計学科/商学研究科)

大学院 経済学研究科

神戸大学大学院経営学研究科

19 No. 2, pp85-95 2. 縄田和満、井伊雅子、石黒彩、川渕孝一「水晶体の単眼・両眼手術における在院日数の分析」医療と社会、Vol. 16,No2,2006年11月,pp167-181 3. 川渕孝一「高齢者骨折医療の社会経済学」日本臨牀、第64巻・第9号,pp1589-1596 4. Koichi Kawabuchi, Shigeru Sugihara 「The Case of Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty of Acute Myocardial Infarction AMI Patients」 HEALTH CARE ISSUES IN THE UNITED STATES AND JAPAN p113-p145 5. Kazumitsu Nawata, Ayako Nitta, Sonoko Watanabe, Koichi Kawabuchi, 「An analysis of the length of stay and effectiveness of treatment for hip fracture patients in Japan : Evaluation of the 2002 revision of the medical service fee schedule」Journal Health Economics 25 2006 p722-p739 6. 縄田和満、井伊雅子、石黒彩、川渕孝一「眼科水晶体手術における在院日数の離散型比例ハザードモデルによる分析」医療経済研究、Vol. 18,No. 1,pp41-56 7. 川渕孝一、杉原 茂「高度医療技術の有効性の施設間格差:経皮的冠動脈インターベンションのケース」『医療と社会』医療科学研究所、Vol. 15, No. 1,2005,pp. 111-126 8. 縄田和満、渡邊園子、新田章子、川渕 孝一「離散型比例ハザード・モデルと順序プロビット・モデルによる大腿骨頚部骨折における在院日数と退院時歩行能力の分析」『医療と社会』医療科学研究所、Vol. 14, No. 4, 2005, pp. 99-115 9. Koichi Kawabuchi,Keiko Kajitani,「Is Koizumi's Health Care Reform Going Well? 」No. 24,July,2005,p17-22 10. 川渕孝一、「国立大学の法人化が促す新たな病院経営」『大学財務経営研究』国立大学財務・経営センター、? 2,2005,pp. 79-97 11. 川渕孝一、「新しい医療制度」『都市問題研究』都市問題研究会、第57巻、第8号、通巻656号,2005,pp69-81 12. 川渕孝一、杉原 茂「日本における症例数と医療成果との量的関係」 『日本経済研究』,日本経済研究センター,? 49, 2004, pp61-85 13. 22,2003,pp. 11-17 14. 新井清和、加藤広行、井上登美夫、桑野博行、織内昇、東達也、佐賀恒夫、玉木長良、佐々木雅之、桑原康雄、山田里奈、川渕孝一、遠藤啓吾,「食道癌におけるFDG-PET検査の有用性と医療経済学的効果? アンケート調査の集計結果などに基づいた検討? 」,『RADIOISOTOPES』, Vol. 52,No. 11,2003,pp17-25 15. 渡邊園子,縄田和満,新田章子,川渕孝一,「大腿骨頸部骨折治療における治療成果の分析」, 『医療と社会』, 医療科学研究所、Vol. 13, No. 3,2003,pp87-101 16. 18, 2001 pp. 95-110 17. 1, Number 3,1999,pp16-25 18. 「米国におけるマネジドケアの現状と課題」, 『医療と社会』, 医療科学研究所,Vol. 8,No. 4,1999,pp. 53-71, 19. 7,No. 3, 1997, pp. 25-52 20. 「入院医療管理料制度の薬剤に及ぼした影響に関する研究」, 『医療と社会』,医療科学研究所,Vol. 6, No. 3,1996, pp. 47-83 21. 3, 1993,pp. 『第五次医療法改正のポイントと対応戦略60』(日本医療企画 2006年) 2. 『日本の医療が危ない』(筑摩書房 2005年) 3. 『歯科医療再生のストラテジースーパービジョン』(医学情報社 2005年) 4. 『進化する病院マネジメント』(医学書院 2004年) 5. 『図解でわかる 病院を使いこなす法』(WAVE出版 2003年) 6. 『病院大淘汰時代を乗り切る!「病院機能再編」経営戦略マニュアル』(日本医療企画 2003年) 7. 『医療改革〜痛みを感じない制度設計を』(東洋経済新報社 2002年) 8. 『医療改革の工程表〜DRG&ICDは急性期病院の常識』(医学書院 2001年) 9. 『介護はビジネスになるか? 損をしない8つのシミュレーション』 厚生科学研究所 2001年 10. 『視界ゼロ時代の病医院経営』(医学書院 2000年) 11. 『わかりやすい医療経済学』(日本看護協会出版会 1998年) 12. 『医療の規制緩和と情報公開〜日本に黒船はやってくるのか』(薬事日報社 1998年) 13. 『医療保険改革と日本の選択 ヘルスケア・リフォームの処方せん』(薬事日報社 1997年) 14. 『押し寄せる薬剤費適正化の潮流・自由か裁量か』(薬事日報社 1997年) 15.

次の

アクセス|神戸大学大学院経済学研究科 神戸大学経済学部

神戸大学大学院経営学研究科

技術経営を担える人材の育成 グローバル経済の進展の下、日本の製造業は、経営を効率化し、イノベーション創出を活発化するために洗練された技術経営の実践が必要となっています。 このため、技術を理解した上で、経営や事業に貢献できる人材の育成が求められています。 本講座は、本学の理工系学生が、技術だけでなく、経営についても意識を高め、将来、技術経営を実践していく中核人材となることを企図して開講するものです。 このサブコースの科目は 博士課程前期課程学生対象の「学際工学特論5」 博士課程後期課程学生対象の「学際工学特論E」 として開講されます。 開講する内容 本科目の理念のもと、理工系学生が経営リテラシーを身につける必要性を理解することを目的としています。 経営に関する戦略、マーケティング、組織、財務会計、管理会計、経営財務、技術経営、企業・経済関係の法律などから選択し、基礎的経営知識を紹介します。 経営学について全くの初学者を想定し、重要な事項に焦点を絞って分かりやすさを重視して説明する一方、大学における講義であることをふまえ、単なるお話で終わらないよう、質的に一定のレベルを確保できるように論じます。 時間的制約から経営学のごく狭い範囲にしかふれられないため、これをきっかけとして、自身でさらに本格的な知識の修得を図ることを期待しています。 なお,2009年度講義の全体像については,をご覧下さい。 戦略論・組織論・マーケティング論 企業経営の中心課題である上記3つの分野について相互関連的に説明します。 管理会計・原価計算 原価計算の基本的考え方と原価に関連する経営管理・企画手法であるABC、原価企画などについて説明します。 財務会計 簿記・財務諸表の基本的説明と経営分析の概要を紹介します。 技術経営 技術戦略立案と製品開発プロセスについて説明します。 企業活動に関する法律 株式会社に関連した法を説明し、法と関連づけながらビジネス環境について説明します。

次の

教員

神戸大学大学院経営学研究科

また、日本企業の原価管理・原価計算についても、調査を踏まえた研究を行っています。 1996年4月 - 2000年3月 神戸大学 大学院経営学研究科• - 2000年 神戸大学• - 2000年 神戸大学• 1994年3月 - 1996年4月 神戸大学 大学院経営学研究科• 1990年4月 - 1994年3月 神戸大学 経営学部 研究活動情報 研究分野• 人文・社会, 会計学 研究キーワード 管理会計 論文• The effect of the lead time for providing financial statements on profitability in Japan 安酸 建二 Asian Journal of Information and Communications 11 1 88-95 2019年11月 [査読有り] 書籍等出版物• 販売費及び一般管理費の理論と実証 【メルコ学術振興財団研究叢書9】 , 安酸建二, 新井康平, 福嶋誠宣編著 , 共編者 共編著者 , 中央経済社 , 2017年6月• 日本企業のコスト変動分析 , 安酸建二 , 単著 , 中央経済社 , 2012年10月• これから学ぶ会計学 , 浦崎 直浩 , 中央経済社 , 2011年3月 講演・口頭発表等• リサーチデザインを考える(定量的研究方法論) , 安酸 建二 , 日本原価計算研究学会 リサーチセミナー , 2019年11月16日• An Economic Consequence of Asymmetric Cost Behavior: Does Cost Reduction During Sales Decreases Have an Impact on Lowering Costs in the Future? , YASUKATA Kenji , The Asia-Pacific Management Accounting Association APMAA holds its 15th Annual Conference APMAA 2019 at Qatar University , 2019年11月3日• 「実務に対する原価計算・管理会計研究の役割」 , 安酸 建二 , 日本原価計算研究学会第45回全国大会統一論題「もう一度実務に戻る」 , 2019年9月3日 MISC• An empirical investigation of the effects of customer satisfaction on financial performance , 島吉伸, 安酸建二, 栗栖千幸 , 2012年7月 受賞• 2013年9月, 日本管理会計学会, 文献賞,• 2013年8月, 日本原価計算研究学会, 学会賞,• 2012年8月, 日本会計研究学会, 学会賞, 競争的資金• 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究 B , 知の活用と探索に対する管理会計の役割の研究• 公益財団法人メルコ学術振興財団 国際研究交流助成, 管理会計研究のリサーチデザインとエビデンスに関する国際的動向と我が国の管理会計研究の貢献可能性• 公益財団法人メルコ学術振興財団, 国際研究交流助成, 米国の管理会計研究の動向に関する情報共有• 教員紹介.

次の