微熱 が 続く 一 週間。 微熱や風邪の症状が1週間以上続く コロナの疑いは

微熱が下がらない原因と病気一覧。1週間も微熱が続く理由とは?

微熱 が 続く 一 週間

スポンサーリンク 咳が止まらないし微熱も続く病気を解説 咳はウイルスやゴミを体外に排出しようとする喉(体)の反応です。 本来、咳は短期間で終わるのですが、長い間続いて微熱もある場合は病気の可能性が高いです。 免疫で防ぎきれない強力なウイルスに侵入されたのかもしれません。 咳と微熱が続くときに考えられる病気を解説していきますのでチェックしてみてください。 関連記事 咳と微熱と痰の症状 結核(肺結核) 昔は結核と言えば死につながる恐ろしい病気でした。 樋口一葉をはじめ、有名な文豪が結核に感染して亡くなっているのは有名な話です。 近年は結核の薬が開発されているため死亡者はかなり少なくなっていますが、それでも年間に2000人以上が結核で亡くなっているので油断ができない病気です。 結核の代表的な症状は 長期間の咳と痰と微熱です。 結核の他の症状は以下の通りです。 長期間続く咳・痰・微熱• 血の混じった痰がでる• 寝汗をかくようになる• 体のだるさ・倦怠感を感じる• ちょっとしたことで息切れがする• 体重が急激に減少する 肺結核が起きる原因は「結核菌」の感染です。 結核菌を持っている人のくしゃみや咳から飛沫感染してしまうケースがほとんどです。 ですが、結核菌を吸い込んでも90%以上の人は免疫力の方が強いので発症することはありません。 免疫力が弱く、体の抵抗力が落ちている人が感染しやすい病気です。 症状が風邪と非常に似ているため「風邪かな?」と勘違いしやすいのですが、その間にもどんどん症状は進行していきます。 病院からもらった風邪薬を飲み続けて2週間以上たっても症状が改善されない場合、結核の可能性が考えられます。 肺結核が悪化すると死亡することもある 肺結核が悪化すると呼吸困難・臓器の不全などが起こりますので、早めの治療が必要です。 芸能人のJOYさんが肺結核になったことがあるのですが、彼は症状が出てから肺結核だと診断されるまで9か月かかりました。 その間に病状がどんどん進行していって、本当に死ぬ直前くらいの危険な状態まで行ってしまったんですよね。 結核の検査は血液検査と胸部X線検査をします。 結核は治療方法が確立されているので、病院で正しい処置をすれば治る病気です(半年以上の治療期間が必要です) ただ、早期発見にこしたことはありません。 「あれ・・・もしかして結核かも?」と疑問に思ったらすぐに病院に行きましょう。 咳と微熱が数週間続く マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマって戦隊ヒーローの技みたいでかっこいい名前なんですが、その正体はバクテリア(細菌)です。 感染することで 風邪と同じような咳・鼻水・鼻づまり・発熱・頭痛などの症状が出ます。 夜になると咳が激しくなるのが特徴で、咳が1か月、微熱が3週間ほど続くことがあります。 症状が風邪に似ているため、風邪薬を飲んで対処する人が多いのですが、そもそも原因が違うので効果はありません。 病院に行って血液検査と肺のレントゲン検査をしないとわからない病気です。 治療方法は病院で処方される抗生物質を飲むことです。 マイコプラズマ肺炎の感染ルートは飛沫感染と接触感染です。 気管支が弱い人や高齢者が感染すると症状が長引くケースが多いですね。 マイコプラズマ肺炎は感染性の病気なので、外出する際は他人に移さないように注意が必要です。 咳が完全におさまるまではマスクを付けて行動するようにしてください。 気管支にウイルスが付着する 急性気管支炎 気管支にウイルスが付着して炎症を起こすことで発症する急性気管支炎。 咳や痰、熱の症状が出ます。 急性気管支炎の主な症状は以下の通り。 発熱(微熱の時、高熱の時がある)• ゴホゴホという重たい咳• 濃い黄色の痰が絡む咳• 食欲不振• 首や背中の痛み 急性気管支炎の見分け方は「運動をするとせき込む」「冷たい空気や乾燥した空気を吸うとせき込む」かどうかである程度判断できます。 風邪を引いた後に発症することが多く、しつこい咳や微熱が続きます。 原因となるウイルスはインフルエンザウイルス、アデノウイルス等で、喉に炎症をおこし激しい咳を引き起こします。 急性気管支炎はウイルスが原因の感染性の病気なので、子供から老人まで誰にでも発症します。 実際に僕も3年前に発症しました。 その時は夜も咳込んで眠れず、本当に辛かったですよ。 治療は対症療法になりますので、咳を抑える薬や痰を抑える薬が処方されます。 体を冷やさないようにして暖かくして安静にしていれば自然に回復していきます。 痙攣性の咳が出るようになる• 息を吸った時にヒューっと音が出る• 夜中に咳の発作で目が覚める 百日咳は感染力が非常に高く家族に発症者が出た場合90%以上の確率で感染すると言われているので、身近に感染者が出た場合は予防が必要です。 咳が止まらない 咳喘息(せきぜんそく) 咳が続いて止まらない症状に咳喘息があります。 咳喘息は喘息と違い、呼吸をしたときに「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という音がしません。 空咳(からせき)といって、乾いた咳で痰が出ないのも特徴です。 咳喘息は夜になると微熱が出ますが、朝になると熱が下がってしまうため「我慢できる範囲」だと思って病院に行かない人が多い病気です。 咳は1か月から1年以上続くこともあり、症状が重くなると咳の衝撃であばら骨が折れてしまうこともあります。 咳喘息は喘息の1段階前の病気なので、そのまま放置しておくと悪化して喘息になることがありますので早めに病院に行きましょう。 関連記事 アレルギー反応が原因で咳と熱が出ることも アレルギー反応で咳と微熱が続くことがあります。 アレルギーによって起きるのは「乾いた咳」で、たまに喉がかゆくなることがあります。 熱は37度台の微熱で、高熱になることはまずありません。 人間の体は異物(アレルギー物質)が入ってくると、排除しようと白血球が働きだし咳や熱を発するのです。 ハウスダストやペットの毛、カビ、花粉、ストレス、などが咳を引き起こすことがあります。 咳が止まらない時に薬が効かない原因や理由を解説 咳を止めて少しでも楽になりたいと思って薬を飲むんだけど、全然効かない~って思ったことありませんか? それは 間違った薬を飲んでいるからです。 例えば急性気管支炎の時に風邪薬を飲んでも効果はありません。 同様に咳止めやのど飴も効果はほとんど期待できないでしょう。 症状に合った薬を飲むことが必要です。 咳が続く場合は、喉に炎症がおきていて気道が狭くなっていることが原因なので、気管支を広げる薬が有効です。 気管支が広くなると呼吸が楽になり、咳が和らぎます。 ただ、自己判断は禁物です。 「自分は咳喘息だ!」と思っていても、本当のところは病院で血液検査や胸部X線検査をしないとわからないからです。 正しい症状を見極めて、合った薬を飲むことで咳は治まっていきます。 最後に 咳が止まらなくて微熱が続くときに考えられる病気を解説させていただきました。 どの病気も初期症状は風邪に似ているため「風邪が長引いているんだろう」と考えがちですが、肺結核のように放っておくと命にかかわる病気もあるので、咳が長引いている場合は早急に病院に行くことが必要です。 正確な病状を把握するためには、• 血液検査• 胸部エックス線検査 が必要です。 病院で薬を処方してもらうと楽になりますよ。 少しでも早く咳から解放されますように。

次の

【白血病の症例】風邪のような症状と微熱、だるさ。診断は白血病|Open Doctors[オープンドクターズ]

微熱 が 続く 一 週間

患者プロフィール60歳男性。 受診までの経緯数カ月前から、なんとなくだるい感じを自覚していた。 1週間前、かぜのような症状と37度程度の微熱があったため近くのクリニックに行き、薬を処方された。 しかし、その後も疲れやすさと微熱がおさまらなかったので、大学病院の内科外来を受診した。 診断・治療方針まずは身体の診察。 医師に下まぶたの裏側を見せると、「少し白いですね」と言われた。 首のリンパ節は腫れておらず、胸の聴診でも明らかな異常はないが、おなかを触ると「少しだけ脾臓(ひぞう)が大きいかも」とのこと。 内出血のあざなど、目に見える症状もほとんどなかった。 次に、血液検査を行った。 白血球が5万以上ととても多く、「普通ではない変な細胞がいる」とも言われた。 ヘモグロビン(赤血球の中にある酸素を運ぶタンパク質)の数値が低く貧血の状態で、血小板の数も5万と少なかった。 また、LDHという酵素の値が高くなっていた。 血液検査の結果から、単なる感染症ではなく、血液の病気の可能性もあるとのこと。 その日のうちに血液内科の専門外来を紹介され、受診した。 血液内科の外来では、血球(赤血球・白血球・血小板)を作っている骨髄の中で異常が起こっている可能性があるとの説明を受け、骨髄検査を行うことになった。 うつぶせになって局所麻酔をしたあと、腰の骨に針を刺された。 針を刺すときはそこまで痛くなかったが、骨髄液を抜かれる瞬間には痛みがあった。 検査のあとはあおむけで1時間安静にし、出血していないことを確認。 骨髄検査の結果は次回の受診日に説明するといわれ、その日は帰宅した。 治療の経過再診日、骨髄検査の結果について説明を受けた。 やはり骨髄の中で異常な細胞が作られていることが分かり、「血液のがん」である白血病と診断された。 中でも「急性骨髄性白血病」を発症しており、入院して抗がん剤治療をすることになった。 幸いなことに予後がいいタイプの白血病だったので、抗がん剤治療がうまくいけば骨髄移植をする必要はなく、9割の人が「寛解」と呼ばれる状態にコントロールできると説明を受けた。 治療の経過入院当日、クリーンルーム(無菌室)と呼ばれる、白血病の抗がん剤治療を行うための病室に入院し、治療内容の説明を受けた。 抗がん剤治療は、がん細胞だけでなく正常な細胞も一時的に減らしてしまうため、感染症にかかりやすくなる。 クリーンルームに入るのは、無用な感染を防ぐためだと説明を受けた。 また、赤血球や血小板も減ってしまうため、輸血が必要になることもあるそうで、輸血に同意できない場合は治療ができないと言われた。 そして、治療中は魚介類などの生ものは食べられないのだという。 差し入れも密封パックしてある食べ物ならよいが、それ以外は口にしないようにと言われた。 抗がん剤治療の開始にあたって、首の太い血管にカテーテルを入れた。 初回入院では、寛解導入療法と呼ばれる抗がん剤治療を行った。 治療開始から1週間は毎日抗がん剤の点滴。 副作用対策として、点滴または飲み薬によって、吐き気止めや感染症予防のための投薬も行われた。 「徐々に血球の数が減ってきて感染症にかかりやすくなるので、熱が出たらすぐ教えてください」と言われた。 炎症を示す数値が高くなっていたので、原因を調べるためにCT検査を受けたが、原因は分からなかった。 感染症が落ち着くまで、点滴により抗生物質の投与を行った。 4週間後、治療効果を確認するために骨髄検査を行った。 医師によると「骨髄が自分の力で回復してきましたよ」とのこと。 次の入院では、白血病細胞が再び増殖するのを抑え、今の状態を維持するための抗がん剤治療(地固め療法)を行うが、それまでは一時退院することができた。 1週間後に再入院、地固め療法を始めることになった。 そのなかでも今回は、予後のいいタイプの急性骨髄性白血病に対してのみ行われることの多い地固め療法を採用するという。 寛解導入療法で使った抗がん剤のうち一つを使った治療を、あと3回繰り返す治療だと説明があった。 今は医学の進歩により、分子レベルで白血病細胞が消えているかを確認することができる。 今後の治療はその状態を維持できるようにするために行うものだと説明を受けた。 1回目の入院のときと同じ注意事項を確認し、首にカテーテルを入れて治療開始となった。 また、寛解導入療法のときは感染症にかかってしまったので、今回から血球の数が減ってきたタイミングで、感染症予防として抗生物質を飲むことになった。 コースとコースの間は、以前と同じように一時退院が可能であったため、3回の入退院を繰り返した。 寛解導入療法と地固め療法、あわせて4回の治療を終えたあと、分子レベルでも白血病細胞が消えていることを確認でき、抗がん剤による治療は終了となった。 長い入院生活となったが、同じく白血病を治療中の入院患者さんと仲良くなり、情報交換をしたり、励まし合ったりしながら、共に病気と闘うことができた。 今は定期的に外来を受診し、再発していないかを確認している。 治療が終わって5年が経過したが再発なく経過しており、「そろそろ通院も卒業できそうですね」と言われている。

次の

微熱が三週間ほど続いています・・・

微熱 が 続く 一 週間

微熱がなかなか下がらない2つの原因 微熱がなかなか下がらなくなると、風邪が長引いているのかなと感じる方が多いですが風邪以外にもさまざまな原因が考えられます。 ここでは、病気以外で微熱が1週間くらい続くような原因についてお伝えしていきます。 精神的ストレス 日常的に受けている精神的なストレスが原因で微熱が続いてしまうことがあります。 私たちの体は外部からストレスを受けると、多かれ少なかれ体温が上昇するようにできています。 このストレスが一時的な現象であれば、微熱が長期間続くということはないのですが、日常的にストレスを受けていると微熱がなかなか下がらない、といった状態になってしまうのです。 特に日々のタスクに追われて自分自身がストレスを受けていると自覚できていない場合は要注意です。 ストレスに起因する発熱の場合は、微熱の他にも全身がだるくなったり、食欲がなくなるといった症状もあらわれることがあります。 さらに、ストレスを受けていると後述する自律神経失調症にもつながり、さらに症状が悪化してしまうおそれもあるのです。 明らかな病気が原因になっていないのでなかなか自覚するのは難しいですが、微熱が続くようであればしっかりと病院で受診することが大切です。 更年期障害 40代以上の女性の場合は、更年期障害が原因である可能性も考えられます。 更年期障害は女性ホルモンの減少により起こります。 ホルモンバランスの乱れが自律神経に影響を与えることで、微熱が続いてしまうのです。 更年期障害は、微熱の他にもさまざまな症状があらわれるのが特徴です。 ささいなことでイライラしてしまう• 体がだるくなる• 汗をかきやすくなる• 頭が痛くなる このような症状が続く場合は、更年期障害を疑ってみましょう。 微熱が続く6種類の病気 自律神経失調症 自律神経とは、私たちの生理機能をつかさどる生命活動の根幹を支える神経です。 自律神経は交感神経と副交感神経というふたつの神経により成り立っており、両者がうまくバランスを取ることで、私たちの体が活動したり、休んだりすることができるのです。 しかし、自律神経失調症になると、自律神経のバランスが乱れ体にさまざまな悪影響があらわれてしまうのです。 体のほてり• めまい• 偏頭痛• 喉の違和感• 便秘 などあげればきりがないほど多岐にわたった症状があらわれます。 自律神経が乱れる多くの原因は精神的ストレスに起因していますので、日頃から休養や適度な運動を取り入れてストレスを解消するようにしていきましょう。 また、自律神経が乱れると唾液の分泌量が少なくなるという症状もあらわれます。 口内がネバネバする感じがする場合はこちらの記事もチェックしてみてください。 参考: 風邪 微熱が1週間ほど下がらないような場合は、風邪も大きな原因としてあげられます。 「風邪」と一言にいっても幅広い症状があげられます。 喉の痛み• 関節痛• 吐き気• 参考: 胃腸炎 微熱の他に、 腹痛、下痢、吐き気といったお腹の調子が悪くなるような症状があらわれる場合は胃腸炎の疑いが持たれます。 胃腸炎は、細菌やウイルスの感染によって胃や腸で炎症を起こしてしまう病気です。 子供から大人まで幅広い年齢層で見られる病気となっています。 特に子供が発症した場合は、症状が悪化しないように注意しなければなりません。 咳が出る• 息切れ• 体がだるくなる• 黄色や緑色の痰が出る このような症状があらわれる場合は肺炎の可能性も疑われます。 症状は風邪と似ているので区別することは難しいのですが、一般的に肺炎の方が重い症状があらわれます。 風邪のような重い症状が長く続くような場合は肺炎ではないか病院でチェックしてもらいましょう。 腎盂腎炎 腎盂腎炎とは、尿を作る腎臓に細菌が感染して炎症を起こしてしまう病気です。 これにより、発熱、吐き気、背中や腰の痛み、寒気といった症状があらわれます。 また、 腎盂腎炎は男性よりも女性に発症しやすいのが特徴です。 特に尿が白濁する場合は注意が必要です。 参考: 膠原病 膠原病は、あるひとつの病気を指しているのではなく同じような性質を持つ複数の病気の総称となっています。 なので、膠原病の原因や症状は多岐にわたりますが、原因不明の微熱が1週間〜2週間以上続くといった特徴があげられます。 長引く微熱に対処する方法 市販薬を服用する 症状が軽い場合は市販の解熱鎮痛薬で症状を和らげることができます。 微熱に伴う頭痛や関節痛などにも効果的です。 また、鼻水、喉の痛みなどの風邪症状があらわれる場合は、かぜ薬を服用するといいでしょう。 ただし、ストレスなどが原因となっている心因性発熱の場合は市販薬では効かないので注意しなければなりません。 病院で受診する 微熱が1週間〜10日間以上続くような場合は、必ず病院で診察を受けるようにしましょう。 微熱が続く原因や病気はさまざまで何科を受診するべきか迷ってしまうこともありますが、原則的には 内科を受診すれば問題ありません。 こまめに休息をとる 特にストレスにより心因性発熱の場合や自律神経の乱れが起因となる発熱の場合はしっかりと休息を取ることが大切です。 1日中忙しく活動していると、意識的に休憩しようとしないとなかなか休息することができないですよね。 無理をせずに休息を取ることが自律神経のバランスを整えるためにとても大切なのでぜひ実践していきましょう。 食事にも気をつかおう 微熱が下がらないような状態の場合は、食事にもしっかりと気遣うようにしましょう。 水分・塩分を十分に摂取しよう 微熱が続く場合は、発汗や下痢などで体の水分を失いやすく、脱水症状になってしまうこともあります。 なので、スポーツドリンクなどで水分や塩分をしっかりと補給することが大切です。 消化に良い食べ物を食べる 微熱が続く場合、特にお腹の調子が悪い場合は消化に良い食べ物を積極的に摂取することをおすすめします。 具体的には、以下のような食べ物があげられます。 うどん• おかゆ• ヨーグルト• じゃがいも ポイントは、柔らかく煮たり、温かく調理して食べることです。 ビタミンを積極的に摂取する ビタミンは感染症などに対する免疫力を向上させる効果があります。 なので、日頃から積極的にビタミンを摂取していくといいでしょう。 果物はビタミンとともに水分も同時に摂取することができるのでおすすめです。

次の