松 たか子 アナ 雪 歌。 【アナ雪2】イントゥ・ジ・アンノウン徹底解説!アナと雪の女王2の主題歌を英語&日本語で楽しもう♪

【動画】松たか子がアカデミー賞2020でアナ雪2の主題歌を熱唱!感動の声多数!

松 たか子 アナ 雪 歌

松たか子さんの生歌(アナと雪の女王)がテレビで流れないのは何故なんですか? 松たか子さんが歌う姿を見たいです。 May・Jさんが歌うのもいいですが自分は音符をなぞらって歌うよりも松たか子さんのオーバーキーを搾り出すように歌う方が好きです。 最近の女の子は歌がうまいし、いろんな技巧をこらす技も持ってますがそういうのはあまり好きくないです。 松たか子さんの「その音域は無理だろう」と思ってしまう限界領域を搾り出す方が感動します。 一方、剛力彩芽の歌がユーチューブ動画再生回数をとんでもない回数を叩きだす事を悲観します(再生回数=注目度) 今の日本人は歌をどう思ってるのか?(バカじゃないの?) 松たか子さんがテレビの前で歌ってくれれば、子供達が歌に対する考え方も変わると思います。 松たか子さんにテレビの前で歌って欲しいと思う需要はないのでしょうか? いろんな意見、考えがあればお聞かせください。 (剛力彩芽は嫌いです) 松さんは、劇中歌でありのままでを歌っている声優であり、ありのままでを持ち歌にして自由に歌えるのは日本ではメイジェイさんだけのようです。 松さんがありのままでを歌うにはディズニー側の許可が必要。 さらに、松さんはあくまで声優としてこのブームを見守っていきたいみたいなことが雑誌に書いてありました。 かつ、NHKが、紅白であまちゃんコーナーの引き続きで「アナ雪コーナー」をもくろんでいるそう。 松さんは出場したこともあるし司会もしたことあるし、紅白とはパイプかありますから、生歌テレビ初披露!!というプレミアをつけて紅白に出るように両サイドで調整中みたいです。 アナ雪コーナーには、声優大集結で劇中歌メドレーするとか。 いかにもほんとみたいな記事でしたが、どうなんでしょ。 実現したら、私観ちゃいます! 剛力さん、私も嫌いです。 事務所がごり押しして、無理やりトップにのしあげている感が好きになれない。 周りに剛力ファンなんて誰もいませんけど... ほんとに人気あるのかな? 歌も、くだらない。 歌詞も意味不明です。 バナナマンさんの番組が面白くてよく観るんですがなぜか剛力さんが司会やってます 笑 ただ司会席に座って台本&カンペ呼んでるだけ。 ひな壇にいるバナナ設楽さんに完全フォローされて番組進んでる感じ。 設楽さんに司会してもらってるようなもんです。 設楽さんもわかってて、役目果たしてくれてるんでしょうけど。 これからも、マズいことは事務所にもみ消してもらい、至らない芸能力は周りに助けてもらって、トップ面してく んでしょうね。 ラッキーですよねー。 松たか子さんの歌が素晴らしく、質問者さんが感動するというのはわかります。 自分も松たか子さんの劇中歌は、素晴らしく鳥肌立ちます。 しかし、May Jさんや剛力さんを好きな人に対して、「歌をわかっていない」みたいに「バカじゃないの?」と、自分が気に入らないだけで人の嗜好や趣味を認めないだけでなく、中傷するのは非常に引っ掛かります。 それこそ多種多様性のある表現の世界を質問者さんが勘違いしていると思うからです。 これはあまりにもエゴイストな考え方です。 自分とは違う種族の人間を無慈悲に傷つけてます。 そんな人が、May Jさんや剛力さんの歌やパフォーマンスを理解しているとも思えません。 説得力皆無ですよ。 自分も剛力さんは好きではありませんが、それを好きだという人を「バカ」だなんて口が裂けても言いたくありません。 難しい話ですが、それは同時に自分の趣味嗜好を否定してる事にもなるんですから。

次の

松たか子

松 たか子 アナ 雪 歌

アナと雪の女王2の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」について紹介する前に、背景となる映画のあらすじをおさらいしましょう。 第1作目では、アナとエルサの姉妹の絆がテーマとなっていました。 エルサが無事にアレンデール王国の女王となり、アナとも仲直りしてハッピーエンドを迎えます。 ・ 本作『アナと雪の女王2』では、エルサたちのその後の姿が描かれています。 平和が戻ったアレンデール王国ですが、エルサは耳鳴りのような謎の声に悩まされます。 エルサにだけ聞こえるその声が、自分を呼んでいるのかもしれないと感じるエルサ。 しかし、大切な妹のアナを危険にさらしてしまったことのあるエルサは声の正体を無視しようとします。 平和で穏やかな毎日を壊さないように、これ以上危険な冒険をしたくなかったのです。 それでもエルサを呼ぶ声は鳴り止みません。 ある時、いつもの声が聞こえたエルサは夜中に目を覚ましました。 だんだんと大きくなっていく声に対し、冒険にはうんざりしている、いくら呼んでも私は行かないと拒否します。 昔から氷を操る力を持ち、他人とは違う存在だったエルサは、その声に従って自分の魔法の力について知りたいと思いました。 そして、その声に着いていき、未知の旅へ踏み出すことを決意するのです。 ・ イントゥ・ジ・アンノウンは、エルサの葛藤が描かれた歌です。 Aメロではきっぱりと無視する姿勢を貫きますが、Bメロからは謎の声がなぜ自分に呼びかけるのかを考え、魔法の力の秘密を解き明かすことがでいるかもしれないと思うのです。 【日本語】イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに/松たか子 日本語吹き替え版の「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」を歌うのは、エルサの声優を担当した松たか子さんです。 前作の「レット・イット・ゴー〜ありのままで」よりも難しいと言われる、本作の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」。 松たか子さんは、ハイトーンボイスが必要なこの歌に苦戦したことを明かしています。 アナ役の神田沙也加さんは、松たか子さんより先にイディナ・メンゼル(原曲アーティスト)の音源を聴きすぐに連絡したそう。 「沙也加ちゃんから連絡が来て、『姉さん、大変です。 イディナ・メンゼルさんが、限界に挑戦してます』と言われて。 」と話す松たか子さん。 原曲の迫力に圧倒されつつも「できないと言えない自分もいる」と挑戦したそうです。 また、「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」について松たか子さんは、「キャッチーなところに頼らない、終始タフなナンバーを作り出すんだな」とスタッフの情熱を感じたことを話しています。 【英語】Into the Unknown/イディナ・メンゼル 英語版「Into the Unknown(イントゥ ジ アンノウン)」を歌うのは、前作に続きエルサ役の女優イディナ・メンゼルさんです。 女優であり歌手である彼女は、ミュージカルにも多く出演しています。 2020年2月9日に行われた「第92回アカデミー賞授賞式」では、「イントゥ・ジ・アンノウン」が歌曲賞にノミネートされました。 ステージでは世界9か国のエルサ役の声優が集結し、「イントゥ・ジ・アンノウン」のパフォーマンスがありました。 【日本語】イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに(エンドソング)/中本みずき 「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」はアナと雪の女王2の主題歌なので、エンドロールで流すもう1つのパターンがあります。 日本語吹き替え版のエンドソングは、当時19歳の新人アーティスト中本みずきさんが歌っています。 メジャーデビュー前の新人がディズニー映画の日本語版エンドソングを歌うのは史上初とのこと! 中本みずきさんは、アナ雪2のエンドソングオーディションに参加し、迫力のある歌声でその座を勝ち取りました。 【英語】Into the Unknown(エンドソング)/パニック!アット ザ ディスコ 英語版のエンドソングは、ロックバンド「Panic!At The Disco(パニック!アット ザ ディスコ)が「Into the Unknown」を歌っています。 パニック!アット ザ ディスコは、『グレイテスト・ショーマン』のテーマ曲「The Greatest Show」を公式カバーするなど、ミュージカルとの相性もいいバンドです。 ボーカルのブレンドンは、爽快なハイトーンボイスをもっています。 エンドソングの「Into the Unknown」も、高いキーにも関わらず力強く歌い上げていますよ。 ロペス夫妻は前作の『アナと雪の女王』で、第86回アカデミー賞主題歌賞と、第57回グラミー賞2部門を受賞しています。 今回はプレッシャーを感じずに、納得のいくまで深く掘り下げようと作曲に取り組んだそう。 主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」には、作曲に1週間ほどかけたと言います。 サビの高低差が難しい曲に対して、妻のクリステンさんは「歌う前に顎をリラックスさせて、あくびするときに顎が開く感じをイメージするといいわ」とアドバイスしています。 まとめ 今回は、ディズニー映画『アナと雪の女王2』の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」について紹介しました。 たくさんの大人が本気を出して作り上げた1曲だということがわかりましたね。 レット・イット・ゴーのように歌いやすい曲とは言えませんが、それでも子供から大人までみんなが口ずさみ、社会現象を巻き起こしました。

次の

松たか子、『アナ雪2』の主題歌に苦戦したことを激白「できないと言えない自分がいた」

松 たか子 アナ 雪 歌

アナと雪の女王の歌は、なぜ松たか子さんの歌の方がMay. Jさんよりも魅力的なのでしょうか? そしてその差は、どこにあるのでしょうか? 話題のアナ雪の歌ですが、日本語版を松たか子さんとメイジェイ(打つのが難しいのでカナ表記で) さんが歌っていますよね。 私は仕分けエイトをずっとみていて、メイジェイさんのファンなのですが、 今回のアナ雪を聞いて、ショックでした。 メイジェイさんの歌は上手いのですが、聴いていて面白くないのです。 ふーん、で終わってしまってまた聞きたいという魅力に欠ける気がします。 松たか子さんの方がプロ歌手専業のメイジェイさんより たぶん技術的には下手(それでも十分上手いですが)だと思うのに、 歌に表情があるというか、生き生きとしていて、血が通っているというか、 何度でも聞きたいと思わせるサムシングが有る気がします。 誤解しないで欲しいのですが、私は二人を比べるとむしろメイジェイさんの方が好きです。 どっちのファンかを聞かれたら迷わずメイジェイさんです。 松さんのステマではありません。 そんな私ですら、アナ雪の歌は松さんに軍配をあげます。 世の中の評価もそのようです。 いったい、何が違うのでしょうか? この二人の歌の魅力を分けるサムシングとは何なのでしょう? 喩えるなら、メイジェイさんのアナ雪は完璧に美しい人形、 松さんのアナ雪は、完璧な美人ではないけれど、血の通った人間、という印象を受けます。 この差がどこから生まれてくるのかが知りたいのです。 メイジェイさんが魂や感情をこめて歌っていないわけではないと思うのです。 言い方は悪いですが、女優もやってる二束のわらじの松さんよりも、 この歌にかける情熱と思いは強いはずです。 にもかかわらず、松さんの方が心に響きます。 松たか子さんは「私」を歌っていなくて、あの「エルサ」の心を歌っているから、打たれるのだと思いますよ。 アレンデール王国の王位継承者で、恐ろしいほどの魔力を持って即位することに苦悩する「エルサ」をエルサになって歌うときに 「私」=「歌い手個人」の表現は邪魔になります。 松たか子さんのほうに血の通った人間の歌、という印象を持たれたということですが それはきっと、彼女が言葉とメロディを丁寧に歌っていることと関係がありそうです。 ご自分の感情を抑えつつ、役の心をまっすぐ歌い上げる、役者としての才能のある方ですね。 メイジェイさんは自分の中の「クィーン」を歌手として熱唱されたので、ストレートに個人の自己表現が聴こえます。 サラ・オレインに関しては(実は私も関ジャニを見ましたが)さほど…というできでした。 彼女もまたご自分の歌を表現していたと思いますし。 日本語で歌う時、フレーズの終わりに息を吐くような歌い方をすると、文章が途切れますね。 息継ぎを控えめにすることも日本語にとっては重要かもしれません。 逆に、英語の歌の場合、思いっきり伸ばして音を止めてからフッと息を漏らして、息継ぎに入る。 そして次を思いっきり歌う、というやり方のようです。 メイジェイさんは日本語を英語バージョンの歌い方で歌っています。 松さんは息継ぎをできるだけわからないように、文章を切らないように心掛けて歌っているように思えました。 (集中で全身筋肉痛になったらしいです) 松たか子さんの方が歌手としても演技者としてもプロだと思うんですが。。。 曲数は多くなくても、自分で作詞作曲して歌ってきて少なくとも15年にはなると思います。 それをカバーばかりで踊りはNGのMAY. jよりアマチュアだということはないはずです。 あゆだって作詞してなかったら歌に説得力持たせること出来なかったんじゃないかな? 私は松たか子さんのCD揃えました。 笑 適当にやって作れるようなものではないので、二足のわらじって感じはしなかったです。 カバーばかりのMAY. jがプロなら松たか子さんはその上を行くプロです。 この歌は大切なんです。 ってバラエティで言ってもそれに伴った歌い方してなかったら聴いてる方はつまらないですよね。 MAY. jは「ありのまま」や「少しも寒くないわ」など歌詞の意味をわかって歌ってるのでしょうか? 夏川りみさんも涙そうそう提供された時、森山良子さんにどんな想いで作詞したか、いい加減な気持ちで歌わないでというようなことを言われたそうで、そこから歌詞の意味を考えて歌えるようになったそうです。 作り手がどんな想いで作詞したのか理解できて歌に反映できた時、MAY. jは無敵だと思います。 若しくは経験値を上げて作詞して自分だけの言葉で勝負すればいいんです。 それが素晴らしいものであれば、その時はつまらないなんていうリスナーも減ってくでしょうね。 私はMayjより松たかこさんの歌声の方が好きです。 透明感のある歌声が心に響きます。 Mayjの歌声は聞いていて、すみません・・心に響かないのです。 歌って、個人的な好みもありますけど、心に響くかどうかなのかなって思います。 関ジャニの仕分けも見ていますけど、なぜMayjが連勝しているのか疑問でした。 さくらまやちゃんと対決した時、心に響いたのも上手かったのも、さくらまやちゃんなのになぁ・・と思ったりしてました。 先日の無敗ストップした放送でも、Mayjの歌声も歌った後のコメントも自己主張が強い人だな・・と思いました。 対戦相手の方が圧倒的だったように思いますが、相手の方を称えたりせず、自分の事ばかり語っていました。 そうゆう自己主張が歌に出ているのかなとも思ってしまいました。。

次の