血小板 少ない 病気。 血小板数が多い・少ないとどうなるの?血小板検査とその基準値とは

血小板減少性紫斑病とは…原因・症状・検査・治療法 [子供の病気] All About

血小板 少ない 病気

血小板は血液の一部を構成する細胞の一種であり、血液を凝固させる血栓の形成において中心的な役割を果たします。 つまり、怪我をしたときなどには、傷口をふさいで止血する作用があります。 そのため血小板の数が正常範囲内であるかどうかを定期的な血液検査で確認することが大切です。 通常は1立方ミリメートル当たり150,000〜450,000が正常値だといわれています。 によって、血小板の数が変化することがあります。 さらに、肝硬変、ビタミンB12の欠乏、またはいくつかの薬物の副作用なども血小板の数に影響を与えると言われています。 血小板数が少なくなっている兆候 血小板の数に変化があるかどうかを診断するのは、資格を持った医師だけが行うことができますが、私たちの体がメッセージとしてその兆候を示すことがあります。 血小板減少により、いつもとは違う疲労感 血小板が減ると、最初に現れる兆候が「普段とは違う疲労感」です。 さらに症状が悪化すると、疲労感が一日中、そして毎日継続し、食欲にも影響を与えます。 じんましんや打撲の挫傷 血小板数が少なくなった時に現れる次の兆候は で、これらは背中、胴、腕などに現れる傾向があります。 丸く赤紫色の発疹ができるため、すぐにその兆候を見分けることができます。 また血小板の数がと、打ち身などの打撲を受けていなくても簡単に挫傷が現れることがあります。 血小板減少による筋肉の痛み 血小板数が少なくなっている兆候の一つに、があげられます。 これらの筋肉に痛みには、一般的に疲労感や衰弱を伴う傾向があります。 血小板の数が少ない場合の対処法 上記の兆候や症状にお悩みの場合は、血小板の数を検査できる専門家の診察を受けてください。 血小板が少ないと診断されたら、まずは医師の指導に従って治療を開始してください。 ほうれん草、レンズ豆、レバー、ムール貝、クランベリー、ブラックベリー、そして豆苗などのを食べる。 ビタミンA、B、C、D、Kの重要な供給源である赤唐辛子、グレープフルーツ、オレンジ、イチゴ、ココナッツウォーターなどの食品を食事に取り入れる。 こちらの記事もお勧めです: 血小板の数を回復させるおすすめレシピ 血小板の数を増やすのに役立つ、栄養素の吸収を高めるレシピをいくつかご紹介します。 鉄分が豊富なスムージー 材料• 完熟グアバ 5個 450 g• 赤ピーマン 1個 200 g• ミネラルウォーターまたは事前に沸騰させた湯 1 カップ 250 ml 作り方• グアバとピーマンを洗います。 グアバは皮を剥かないで中くらいのサイズに切ります。 ピーマンはタネの取り除き、みじん切りにします。 全ての材料と水をブレンダーの中に入れた後、しっかりと混ぜます。 出来上がったらすぐに飲んでください。 朝、夕方、そして夜にそれぞれ1回ずつ飲んでください。 こちらも参考にして下さい: 栄養素が豊富なサラダ 材料• 人参 1本• ビーツ 1つ• ブロッコリーの茎 400g• 赤ピーマン 1個• ほうれん草 2株• クレソン 2株• ニンニク(つぶしたもの) 1片• ナッツ(そのまま/乱切り)大さじ1• レモン果汁 50 ml• オリーブオイル 大さじ2• 塩ひとつかみ 10 g 作り方• 野菜を全てきれいに洗います。 ビーツと人参の皮をむき、中サイズに切ります。 沸騰した湯の入った鍋の中に、ビーツ、人参、そしてブロッコリーを同時に入れて5分間茹でます。 栄養素とタンパク質を保持するためにこの時間を守ってください。 水にさらしてください。 ビーツと人参をより小さいサイズに切ります。 赤ピーマンを細切りにした後、ビーツと人参に加えます。 ほうれん草とクレソンを適当なサイズに切り、ボウルの中に入れます。 残りの材料をすべて混ぜます:レモン果汁、つぶしたニンニク、オリーブオイル、ナッツ、そして塩。 すべてを混ぜ合わせたら出来上がりです。 自己診断で治療を行わず、必ず医師の診断による治療を受けることが大切ですが、今回ご紹介する自然療法を毎日の生活に取り入れて健康的な食生活を心がけてください。 病気の治療・予防などの効果もある、バランスの良い健康的な食生活とは、鉄分、ビタミン、そしてその他の栄養素を豊富に含む食品を含む食事です。 ぜひお試しください!• Healthline. com How to Naturally Increase Your Platelet Count [Online] Available at: www. healthline. Rev. Fac. Cienc. 2017;6 2 :73-86.

次の

血小板が少ないのは病気?症状や対処方法について

血小板 少ない 病気

気になる所から確認してみよう• 血小板ってどんな組織? ケガをして出血した際に、血を止める役割を担うのが血小板です。 出血すると血小板が活性化して、通常時の円盤状から球状に変化します。 活性化した血小板が傷口に集まり血を止めます。 ここまでを 一次止血と呼びます。 さらに、血液中にあるフィブリンが血小板と赤血球を捉えて凝固し、より強固な止血を完成させます。 これが 二次止血です。 血小板は、骨髄の巨核球の細胞質より産生されます。 全身を循環する血小板は8~12日前後経つと、主に脾臓・一部は血液中で分解されます。 スポンサーリンク 血小板の正常値 出血の際に血液を凝固する血小板に過不足が起こることは大きな問題です。 PLT(血小板数)の平均基準値は検査キットにより調べる事が出来ます。 数値に約三倍の差があるのは、体質などにより個人差が大きいためと考えられます。 血小板が少ない6つの原因 血小板が少なくなった状態を 血小板減少症と呼びます。 どのような原因により血小板が少なくなるのでしょうか? 骨髄 血小板を作り出しているのは他の血液成分と同様に骨髄です。 骨髄や造血機能に異常をきたす病気、白血病、リンパ腫、再生不良性貧血など一部の骨髄疾患により引き起こされます。 破壊 血小板が古くなると破壊されるのは自然です。 しかし必要以上に破壊されてしまえば全体数が少なくなってしまいます。 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、全身性エリテマトーデス(SLE)など、血小板を破壊する抗体を作り出してしまう病気により引き起こされます。 先天的 全身に分布する動脈のうちでも特に、脳や腎臓、冠状動脈に血小板血栓が詰まり起こる病気に、 血栓性血小板減少性紫斑病があります。 この病気には、 先天的に起こることもあり原因となる遺伝子の異常もみつかっています。 このほかにも、 再生不良貧血は先天的に起こることもあります。 さらに 先天性無巨核球性血小板減少症と呼ばれる一連の症候群では、生まれつき造血細胞の分化・増殖が阻害されて、骨髄内の血球産生能力が下がっているために、白血球、赤血球、血小板のうち、単一か複数の血球が足りません。 原因がはっきりしないこともあるようです。 ところが、脾臓の活発化により血小板を大量に取り込んでしまうと、全身にいきわたるはずの血小板が少なくなります。 このような血小板の分布異常は、うっ血性脾腫を伴う 肝硬変、骨髄線維症、ゴーシュ病により起こります。 ストレス 病院で検査を受けて、骨髄機能に異常がなく、病気が見つからないこともあります。 この場合には、ストレスが原因となっている可能性があります。 ストレスや生活習慣の悪化・喫煙・大量の飲酒により体内には活性酸素が増えます。 活性酸素は、ウイルスや細菌を退治する機能もありますが、過剰に増えると身体の内部を攻撃します。 この傷の修復に血小板が割かれると血小板の絶対量が不足してしまいます。 薬剤 ヘパリン、キニジン、キニーネ、サルファ系抗生物質、一部の糖尿病薬、悪性リンパ腫の治療薬等の薬剤の使用により血小板の減少が起こることがあります。 妊娠 妊娠中期~後期にも血小板の減少がみられることがあります。 薬剤の影響による場合と原因不明の場合があります。 妊娠が原因の血小板減少では、 出産後には回復します。 また、新生児にも影響は出ません。 スポンサーリンク 血小板が少ないと4つの病気を疑って 血小板が減少すると共通してあらわれるのが、 皮膚の内出血です。 ちょっとぶつけただけで青あざが出来るという感覚でしょうか。 歯ぐきの出血、便や尿に血が混ざり、月経の出血が増えるのもその兆候といえそうです。 貧血 貧血には、 鉄欠乏性貧血(一般的な貧血)、悪性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血があります。 それぞれ、血球数に異常が見られますが、 血小板が減少するのはこのうち悪性貧血と再生不良貧血です。 悪性貧血は、ビタミンB12の欠乏で起こります。 めまい、頭痛、だるさ、疲れやすさなどの鉄欠乏性貧血と同じ症状に付け加えて、舌の痛み、収縮性胃炎、知覚障害も起こります。 ビタミンB12を補うことで解消できます。 再生不良貧血は、骨髄の中にある造血幹細胞が阻害される為に起こります。 造血幹細胞は、赤血球、好中球(白血球の一つ)、血小板のもとになる細胞の為、この三種類の血球が作られずに、不足します。 めまい、頭痛、だるさ、疲れやすさに付け加えて、息切れ、動悸、ウイルスや細菌による感染症、皮膚の斑点、脳出血、血尿、下血も起こります。 白血病 急性白血病が発現すると、各血球の減少が見られます。 急性白血病には、 急性骨髄性白血病と 急性リンパ性白血病があり、どちらでも血小板の減少は起こります。 特に、 骨髄性白血病のほうが、血小板の減少が顕著であるようです。 貧血の症状、出血しやすくなる、発熱、倦怠感、感染症にかかりやすい等の症状が現れます。 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) 血小板を減らす病気や薬剤による原因がないにもかかわらず血小板が減少し出血しやすくなる病気です。 6カ月以内に正常に回復する 急性型と、それ以上続く 慢性型があります。 血小板に対する自己抗体を身体が作る為に、脾臓で血小板が過剰に破壊されます。 なぜそのような抗体が作られるようになるのかははっきりわかっていません。 点状、斑状のあざ・出血が皮膚にでる、歯ぐき、口腔内の出血、鼻血、血便、血尿、月経過多、脳出血などの症状が現れます。 全身性エリテマトーデス 皮膚に、赤い斑点、発疹が起こり、発熱、倦怠感、関節、腎臓、肺、中枢神経、などに様々な症状が起こる病気です。 免疫異常といわれますが詳しいことはまだわかっていません。 血小板の減少以外にも白血球の異常活性や抗核抗体という自己抗体を持っている等の特徴があります 食事から血小板を増やそう 飲み物 血小板の減少が見られる人は、マメに水分を補給しましょう。 ビタミン 緑黄色野菜である、人参やカボチャ、柑橘系の果物、イチゴ、キウイ、グアバなどにはビタミンが多く含まれ、血小板の生成に影響があるとされています。 貧血対策 貧血による血小板の減少には、 豆類、レバー、ホウレン草、なまり節などで鉄分を補うのが有効です。 これらは、すべて病気がないケースでの対処となります。 上記のような病気が疑われる場合には検査を受けるようにしましょう。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

血小板が少ないのはどんな病気が原因なのか?

血小板 少ない 病気

怪我をして血が出た時には、かさぶたが傷を塞いでくれますね。 皆さんはこれが何か知っていますか? 実は血液中に含まれる「血小板」という細胞が、出血を感知して傷口を塞いでくれているんです。 血小板は血液検査の項目にも含まれていますが、血小板が減り過ぎたり、増え過ぎたりしてしまう病気があったり、時に命に係わる危険な病気が潜んでいたりすることもあります。 とはいえ、正しく理解をしていれば怖い検査項目ではありません。 私たちの体にとって大切な役割を果たす血小板、どのような役割があるのか、そして血小板が多い時、少ない時、どのような病気が考えられるのか見てみましょう。 血小板が少ないと血を固める能力が低下 怪我をして血が出た時にかさぶたができるメカニズムには、血小板の持つ「血を固める役割」(凝固作用)が大きく関係しています。 出血時に血管が破れた部分に血液中の血小板が集まってきて、栓となってその部分を覆うことで応急処置をしてくれます。 これがかさぶたです。 つまり血小板が少ないとこの応急処置の能力が低下してしまうわけです。 ちなみに、血小板は骨髄で成長した巨核球が分裂する時に血中に放出される顆粒で、血液成分の中では最も小さい血球です。 骨髄から放出された血小板のうち、3分の2は全身へ巡る血液中を循環し、3分の1は脾臓に残ると言われています。 血小板の寿命は3~10日ほどで、血液中を循環した後、主に脾臓で処理されます。 検査項目に「血小板数」「Plt」と表記されているのが血小板です。 ただし男女差や個人差もあるので、上下10%前後は許容範囲であると言われています。 ただ、個人の中での数値の変化は少ないため、検診などで自分の血小板数に大きな変化があった時は何かしら体調に変化があることが考えられます。 例えば、切り傷ができているとそれが血小板の値に影響することもあります。 血小板には血液凝固作用がありますので、基準値を下回ると止血作用に影響が現れます。 出血した時、血が止まりにくくなります。 血小板が5万個以下の場合 いつのまにか皮下出血していたり、自然と鼻血が出たりします。 皮下出血とは俗にいう紫色の斑点のあざを指します。 あざは毛細血管の出血を伴う事から、些細な刺激でも出血しやすくなっている状態を示します。 血小板が少ないと、歯みがきをしたとき、歯ぐきから出血をしたり、便や尿に血液が見られることがあります。 女性の場合は月経の量が増えることもあります。 また、怪我をしたときや鼻血が出た時などに血が止まりにくくなります。 そして更に症状が進行すると、さらに出血しやすくなる傾向になります。 血小板が非常に少ないと、消化管からの出血を起こして多量の血液が失われたり、大きな刺激がなくても命に係わる脳内出血などが起こることもあります。 血小板が少ないときには何が起こっている?原因は? 血小板が少ない場合には、血小板を作る量が少ないか、消費されるのが多くなっているか、が考えられます。 血小板を作る能力の低下 血小板が基準値よりも下がる原因の一つとして肝機能障害があります。 肝炎や肝硬変などで肝臓の線維化が進むと、血小板の生産量が少なくなったり、肝臓の血流が悪くなると、血小板が破壊される量が増え、血小板が少なくなります。 また、骨髄線維症などで発症する脾腫(脾臓の腫瘍)では、血小板が脾臓に取り込まれて破壊されてしまうので、血小板が少なくなります。 白血病では、骨髄が血小板を十分に生産できなくなることで血小板が少なくなります。 また、ヒト免疫不全ウイルス(HIVウイルス)に感染した場合も、多くの場合で血小板減少症を発症すると言われています。 他にも、血液の癌である悪性リンパ腫や、多くの臓器が自己免疫によって侵されてしまうことで身体に様々な影響を与える全身性エリテマトーデスでも血小板の減少が見られます。 できた血小板の大量消費により生産が間に合わない 体のどこかから出血すると、出血を止めるために血小板が大量に消費され、血小板が少なくなります。 また、怪我をしていなくても、消化管の出血など、体の中で出血していて血小板が消費されていることもあります。 ストレスがかかると、体内の活性化酸素が増大し、細胞組織が破壊されます。 その破壊された細胞を修復する為に血小板が大量に消費され、少ない状態になります。 また服薬や治療によっては、副作用で血小板が少なくなることがあります。 もし服薬や治療を始めていて血小板が少ないとでたり、それに伴う症状(皮下出血など)が出ているのであれば、一度主治医に相談してみましょう。 また他にも血液検査のやり方により血小板が少ない結果となることもありますので、その場合は慌てずに再度受診して血液検査をやり直してもらうのが良いでしょう。 血小板 少ない 血小板が少ない時、何科を受診すればいい? 上記のように、血小板が少ない理由が、血液を作る機能が原因の場合と、それ以外の原因で血小板が大量に消費されている場合があります。 血小板の数値が少ないと言われたときには、原因となる病気が潜んでいないか確認する為に、まず内科か血液内科を受診しましょう。 血小板が少ない時、まずは血液検査の再確認をします 血小板が少ないとき、先ほど述べたような血液検査のやり方が原因の場合がありますので(決して検査が失敗したというわけではありません)、まずは再度血液検査を行います。 これらによって大まかに何が原因で血小板が少なかったのか、あたりをつけます。 骨髄生検での調査 上記の検査を経て、どうやら白血病の可能性が高そうである場合、血小板を生産する骨髄の病気の有無を調べる為に骨髄生検を行います。 それにより例えば、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群、白血病などの病気が明らかになります。 血小板が少ない状況に気づくために 血小板が少ないということは、出血しやすい状態や細胞が壊されやすい状態になっているということです。 日常生活の以下のような点についてもチェックしてみると良いと思います。 歯を磨いている時に出血しやすくないか• 歯の治療など、出血する可能性のある治療で血が止まらないことはないか• 鼻をかんだらすぐに鼻血が出ないか• 排便時、血が混じったりしないか• 皮膚にあざのようなものがないか 上記のような日常生活からでも気づくことができる症状については、血が出やすい、止まりにくい、ということから気づくことができるかもしれませんね。 日頃から自分の身体の状況には気をつけ、何か小さな異常があったときにきちんとそれに気付けるかどうかということが大事です。 血小板が少ないときにはストレスを疑いつつも再検査&受診 まずは自分にストレスが過度にかかっていないかということを落ち着いて考えて、ストレスを抱えているのであればこれを解消することが大事です。 ストレスによって作られた余分な活性酵素によって壊された細胞を修復する為に、血小板が大量に消費され、血小板が少なくなります。 その為、普段からストレスを貯めない生活を心がけましょう。 また、睡眠不足や喫煙、紫外線でも活性酵素が増えると言われていますので、まずは活性酵素を発生させないよう生活習慣を改めましょう。 血小板の値が少ないときに、基準値よりも少しだけ少ないという場合にはストレスの問題で、解消されることもあるかもしれませんが、一方で何か身体に異常があるのではないかと心配な場合には再度血液検査を行ったり、血液内科などを受診するほうがよいかもしれません。 名医検索サイトクリンタル 名医検索サイトクリンタルでは日本全国の約30万人の医師から厳選された名医だけを掲載しております。 手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。 「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの 名医紹介サービスをお勧めしています。

次の