タコ の ぬいぐるみ 見つかっ た。 日本で『親友』を紛失した女の子 多くの日本人が「見つけ出そう!」と心の輪が広がる

「#ガーちゃんを探せ」日本旅行のスペイン少女、大事なぬいぐるみを紛失 SNSで大捜索始まる: J

タコ の ぬいぐるみ 見つかっ た

見つかった下あごの化石=ニュースリリースより 化石について、東京大学の棚部一成名誉教授と京都大学の生形貴男准教授と共同研究したところ、イカは「ツツイカ」類の新属新種、タコは「コウモリタコ」類の「ナナイモテウティス」属の新種であることが分かった。 イカは約8500万年前のもので、「ハボロテウティス・ポセイドン」(Haboroteuthis poseidon)と命名。 下あごは全長は63. 1ミリあった。 現生のイカと比較すると、ハボロテウティス・ポセイドンの全長は10〜12メートルと、ダイオウイカに匹敵するかそれ以上の大きさだった可能性があるという。 タコは約8000万年前とされ、「ナナイモテウティス・ヒキダイ」(Nanaimoteuthis hikidai)と命名された。 下あごのサイズは化石、現生を通じて最大で、胴部の長さが約1. 6メートル・全長約2. 4メートル程度だったと推定。 現生で最大のミズダコは胴部の長さが30センチほどだ。 ほかの化石と合わせ、白亜紀後期の北太平洋で現代型のイカやタコが繁栄していたことを示すもので、イカ・タコ類の進化や同時期の海洋生態系を明らかにする上で重要だとしている。 化石の実物は3月6日から5月10日まで、同館で展示する。

次の

巨大なイカとタコの化石発見 史上最大級、北海道の白亜紀地層から

タコ の ぬいぐるみ 見つかっ た

見つかった下あごの化石=ニュースリリースより 化石について、東京大学の棚部一成名誉教授と京都大学の生形貴男准教授と共同研究したところ、イカは「ツツイカ」類の新属新種、タコは「コウモリタコ」類の「ナナイモテウティス」属の新種であることが分かった。 イカは約8500万年前のもので、「ハボロテウティス・ポセイドン」(Haboroteuthis poseidon)と命名。 下あごは全長は63. 1ミリあった。 現生のイカと比較すると、ハボロテウティス・ポセイドンの全長は10〜12メートルと、ダイオウイカに匹敵するかそれ以上の大きさだった可能性があるという。 タコは約8000万年前とされ、「ナナイモテウティス・ヒキダイ」(Nanaimoteuthis hikidai)と命名された。 下あごのサイズは化石、現生を通じて最大で、胴部の長さが約1. 6メートル・全長約2. 4メートル程度だったと推定。 現生で最大のミズダコは胴部の長さが30センチほどだ。 ほかの化石と合わせ、白亜紀後期の北太平洋で現代型のイカやタコが繁栄していたことを示すもので、イカ・タコ類の進化や同時期の海洋生態系を明らかにする上で重要だとしている。 化石の実物は3月6日から5月10日まで、同館で展示する。

次の

【拡散希望】ガーちゃんはどこ行った?タコのぬいぐるみが日本で行方不明!|

タコ の ぬいぐるみ 見つかっ た

さらに瀧波さんは「」「」のハッシュタグもつけて、情報発信を続けている。 瀧波さんの投稿を受けて、ノラちゃん一家が立ち寄った場所の捜索に協力する人も現れた。 上野案内所の公式Twitterも反応。 店長の女性は神田明神や湯島天宮に足を運んだり、上野公園前の交番に遺失物届けも提出した。 ただ、その後、ノラちゃんの父親が直接交番に届けを提出したため、上野案内所は届けを取り下げたという。 上野案内所の店長は、電話でノラちゃんの父親と直接話をしたといい、「Twitterでみんながシェアして、探してくれています。 みんなが見つかるように祈っています」と伝えると、「見つけてくれようとする好意に感謝している」と落ち着いた様子だったと言う。 店長は「神田明神にも行きましたが、すでに別の方からの問い合わせがあったと聞きました。 引き続き、見つかるまでは情報提供を呼びかけたり、私自身も探してみるつもりです」と話した。 さらに、「タコには見えないかもしれないので、『足が8本ある青いぬいぐるみ』と説明した方が分かりやすいかもしれません」と提案している。 「日本の皆さんの親切に感謝しています」 ハフポスト日本版は、ノラちゃんの父親エゴイツ・サヤルさんに取材を申し込んだ。 サヤルさんによると、ガーちゃんは、サヤルさんがハネムーンで訪れたモーリシャス共和国で購入したもの。 ノラちゃんよりも先に一家に仲間入りしたのだという。 ノラちゃんは現在3歳で、小さな時からどこに行く時もガーちゃんと一緒だった。 Twitterのアカウントを遡ると、ノラちゃんとガーちゃんの最初の旅は2017年4月。 ガーちゃんと同じくらいの背丈のノラちゃんが、オランダやフランス、ポルトガル、スペインを旅する様子がたくさんの写真とともに投稿されている。 ガーちゃんとはぐれた後で京都を訪れていたというサヤルさん。 「東京に戻ってきて、皆さんのあたたかいメッセージと協力に驚きました。 日本の皆さんの親切に感謝しています」とメールで回答をくれた。 ノラちゃん一家は8月1日に日本を離れるという。 「ガーが私たちと一緒に出発でますように」と綴った。 Twitterには2人の再会を待ち望む声がたくさん寄せられている。

次の