憎らしい ほど 愛し てる。 ドラマ「せいせいするほど愛してる」の続編はこうなる!

憎らしいほど愛してるの電子書籍を全巻無料で読む方法は?zipやrarより安全にダウンロードするならコレ!

憎らしい ほど 愛し てる

まだ、最後まで見ていない方がおられるかもしれないので、エンディングについては書きませんが、これを観て、恋をしたいと思った人もいるかもしれません。 せいせいするほど恋してるの原作とココが違う! 『せいせいするほど、愛してる』は、北川みゆき原作の漫画です。 北川みゆきさんの作品は、他にも魔女は二度喘ぐ、僕だけのバタフライ、真夏のエデン、嘘、ときどき微熱、みだらな熱帯魚、などがあります。 『せいせいするほど愛してる』はプチコミックにて、2006年から2008年まで連載されていました。 単行本は全7巻。 読破された方もたくさんおられると思います。 私は原作は読んでいませんが、ドラマは見ました。 副社長という立場で女子社員と、しかも不倫したらダメでしょ。。。 というのが本音です。 でも、せいせいするほど人を好きになることは、本当に素晴らしいと思いました。 結婚してるかや、好きな人に恋人がいるかは別として、その人を純粋に好きになることはあってもおかしくないです。 会えなくて寂しかったり、今、奥さんと仲良くしているのではと思っては苦しい思いをしたり、それはどんな恋愛でもあります。 それがたまたま相手に奥さんがいて、会社の中では副社長と一社員ということだけで、結局は一人の男と女です。 男と女が出会うなら、何が起きてもおかしくないですね。 原作と違う箇所は社名です。 ドラマではあのジュエリーブランドのティファニーが舞台でしたが、原作ではロワール化粧品という会社でした。 以前放送していた「重版出来」でも、主人公の出身大学が日本体育大学と実在する大学名を使っていました。 おそらくですが、視聴者層を想定して、そこに合致する企業とタイアップして番組を作る方向になっているのでしょう。 『せいせいするほど愛してる』はターゲットが20~30代女性と思われます。 そこにより響くブランドとしてティファニーと組んだのでしょう。 視聴者側もよりドラマのリアリティが沸きますし、番組制作側もタイアップ料を貰えるので、誰もが得する構図になっていますね! とはいえ、不倫のドラマの舞台がティファニーですから、イメージダウンにつながったと思うのは私だけでしょうか・・・ 続編はどうなる? ここからはネタバレなので、最後まで見ていない方はご覧にならない方がいいかもしれません・・・ 最後は海里の奥さんが身を引いて、未亜と結婚することになり、ハッピーエンディングになりました。 この状況から、どのように続編が続くのか、とある業界通はこのように言っています。 「最後は二人が結ばれるという結末だったから、ここから何かドラマが起きるのであれば、再度不倫となってしまう。 だから、この二人をメインとして扱うのは難しいのではないかな。 ドラマから勝手なイメージが付いてしまうこともあるから、滝沢秀明も武井咲もOKが出ないと思う。 それでも、この二人にこだわるのであれば、好きな人ができてお互いに離れてしまうけど、最後はまた元に戻ることになりそう。 それがダメなら、他の人を使って、同じような設定で、ストーリーを少しだけ変えて放送するかもしれない。 当然、一回限りの放送で「二人のその後」みたいな形で続編が出ることは考えられる。 でも、今のところ、続編に関しては何も案が出ていないのだろうな・・・」 とのことです。 半沢直樹のように、含みを持たせる終わり方であれば、続編も当然あります。 でも、今回は完全に終わった感がありますので、続けるのは強引かなと思います。 二人がお互い他の人を好きになって、でも最後は「本当の愛がわかった」みたいなテイストで、元に戻るのも勝手な気もしますが・・・ 続編を希望されている方もたくさんおられます。 二人のその後という感じで続けてもらえると、視聴者も受け入れてくれそうな気がします。。 あなたなら、どのような続編を期待していますか?.

次の

憎らしいほど愛してる

憎らしい ほど 愛し てる

リバかな。 どっちもリバ気質は持ってる。 お話のあらすじはどうぞネットで調べて見てください。 中々百合で当たりがないんだよなぁ、わいは。 エロもありつつ話に軸 人間関係のなんぞりかんぞり もあってっていうのが中々ない。 女の子or女同士が好き!きゃー!ちゅっちゅ。 みたいなのは溢れてるけど話の中身はないし、そんな友達の延長を漫画で見たいわけじゃねーんよな。 BLでは愛だの恋だの惚れた腫れた以外にも話があるのに百合に関しては少ない。 中々ない中で、紆余曲折あり微エロありハピエンで終わるこの本は希少かなーと思った。 この丸の内OLみたいな設定は私には分からんし薄々感は否めないけど、話の中に挟まれる人間の嫌な感情や闇部分をまた違う作品で出してもらえないかなーと。 付随するだけの属性的な百合要素なんて求めてねーから、ガチ百合でそこを中心としたドロっとした百合作品を見たいもんです、、ら.

次の

憎らしいほど愛してる

憎らしい ほど 愛し てる

Asano-san is the hyper-competent manager, Fujimura is a rising star in the company. The two make a formidable couple and are admired by the division in which they work. Asano, who is married, appears to be satisfied with the nature of their relationship — meeting after work for meals and sex is the outlet she needs. But Fujimura is increasingly dissatisfied with the arrangement. She finds herself falling in love with Asano, and wants their relationship to be more than a diversion. The entire division kicks in to help fix the problems; Fujimura is there to help prop up Asano during their important late-night push to get everything done. Too tired to go home they share a hotel room once more, and, at last, Asano realizes what is important to her. Aww. I really liked this book. The bed scenes are intimate rather than servicey. The initial premise, which is not yet all that common in Yuri manga, is the same plot as a zillion lesbian romances of the 1990s. Ratings: Art — 9 Story — 8 Characters — 8 Yuri — 9 Service — 3 Nudity, but mostly tastefully done. In Japan, queer people cannot adopt children or at least use IVF services? There is no legal status for same-sex families or marriages in Japan. A Japanese person would be considered a single parent, which would make it harder to adopt. Even here in the west, it is still assumed by many people that to be gay means there can be no children. IVF or adoption is not simple. But that is not even what was happening in this story. Asano was married to a man, and the pressure as for her to quite her job that she loved to become a full-time mother. She liked her career, but Japan has extremely few resources for working mothers. There is still tremendous pressure to stay home and be the mother. There was a television segment on Japan years ago that broke my heart. It was a woman talking about how she had no name since she had a child. I understand that Asano just made the choice that she considered the most right for herself. Just in line with the modern discourse on same-sex families, I personally would like to see more anime or manga with a sympathetic or realistic image of qeer parents. Yeah, I know about that. I also heard that because of this, many Japanese women experience depression and loneliness, even having a husband and several children. You did not say anything wrong. Asano weighed her options and left to make the life she wanted. We see her and Fujimura happy in their lives and choices. LGBTQ and Geek Marketing Consultant. Proud to be a MLS. - - - - - - - - - - - - - Please do not email or comment asking for or posting links to scanlations or fansubs. Okazu readers overwhelmingly support the artists, writers and publishers of Yuri by buying anime and manga series in English and Japanese. In addition, any comment that contains the word "objective" or "objectivity" is subject to rejection. This is a review blog - it's all personal opinions, all the time. Mine and yours. or Sponsor a Review Okazu Hero Roll Ivan L Bruce P Julia Dan P Justin R Jye N Gideon M Pauline M Joel K Ted V Gabrielle S Dan P Dean C Eric P Chris D Ana M Grace E Brent A Albert L Tricolor Cavy Frederick D Amanda M Kelly G Bruce McF Martin A Ariel D Matthew F George R Martin S Mari K Kayden L Komatsu-san Elaine B Laurel K Jason H Katherine H Ed S Zyl Z Yurri H Andreas L Kevin R Megan G Ashley R Ellen K Nadia C Sergio A Steven M Mathilde T-B Walt R-B Jenny C Andrew WD Kristina F Adam L Jin H Andrew P Lisa L TJ R Kathryn A Lianne S Michelle Sara A Gowan C Donna S Louis P A.

次の