オリーブ の 木 政党 日本。 オリーブの木 (日本)

日本の政党一覧

オリーブ の 木 政党 日本

確かに安倍政権ではこのままではひどいことになります 真逆に近い オリーブの木の方が格段にまし ちょっと考えても 今の政権が国民に利益を持たすことは絶対にないんですよ。 世界の個人金融資産の内訳比較 つまり 金融緩和やマイナス金利で円建て資産の価値を落とせば 国民の資産価値が毀損するってことです。 そして 物価が上がると デフレ脱却と称して消費時増税(デフレで消費税増税すると経済学者が一斉に批判するのでその口封じですね)の口実ができるってことです。 どれもこれも国民の財産を奪うためのものです 欧米と違って日本の個人金融資産は「預金偏重」ですからね。 だから欧米では 金融緩和はメリットがあることがあっても日本は逆に有害なことが多く、消費税増税などの口実にも使われます ストレートに言えば ・個人番号制度、原発など様々な利権 ・森友 加計などの税金の私物化 ・佐川宣寿のような安倍総理に従順な犬となる官僚を優遇する天下り先の確保、 ・海外の歓心を買うための税金バラマキ など 国民に益のない税金の使い方を放置して 身を切る改革をする気もない人間にとって 財源は国民の個人金融資産没収にあるってことです。 そのために 金融緩和という「インフレ要因」と消費税増税という「デフレ要因」を組み合わせて物価を調整して「緩やかな物価上昇が続いて景気が回復している」というデマを流して 国民の資産を奪い取るってことですね。 もちろん貯蓄から投資なんて意図は政府にはありません。 もしそうなら証券税制は非課税になっているはずですが、実際にはそんな気はみじんもなく、1997年から計画している預金封鎖の準備のために 証券税制の重税化と 番号と口座の紐付けを目指しております。 1997年に大蔵省内で預金封鎖の検討が始まりましたが 当時の税収の1300億円 経済を正当な方法で立て直すなら非課税にした方がいいに決まっています。 1300億円の税収が消えても、貯蓄から投資を促して資産インフレによる好景気を目指せば数兆円の税収で取り返せるでしょう。 そんな損得勘定がわからないほど官僚は馬鹿じゃない でもそれをしなかったのは理由は1つしかないんですよ。 本当に株をやっていて政治や税制を理解しているならば 預金封鎖のために今の政治は動いて 個人番号制度も証券税制も連動していることは簡単にわかることです あと 安倍政権で雇用が改善? とんもない。 ・国民の総労働時間は増えていない (つまり団塊の世代の大量退職や、解雇と雇用の繰り返しなどで 数字が誤魔化されているだけ ・円資産の価値が下がっているため 実際の国民の所得は減収である (労働者の所得 という点では 為替の関係で海外の外貨でもらう人が 勝ち組となり、日本人が負け組となっている) という現実がありますから。 いくらアベノミクス支持者が擁護しようと 労働時間が増えていないですから。 もっと問題なのは・・・・ 、実質賃金の調査について留意すべきは、従業員5人未満の事業所は調査の対象となっていないということです。 端的にいうと、最も経済的な苦境にある零細企業の実態が、実質賃金の調査には反映されていないのです。 実のところ、経済統計には最も経済的に弱い層の調査が反映されていないという問題があります。 その意味では、実質賃金にしても平均給与所得にしても、数字が示しているよりも実態は明らかに悪いと考えるのが妥当であると思われます。 もっとたちの悪いことに 「金融緩和やマイナス金利で円建て資産の価値を落とせば」の副産物で輸入品の価格の高騰があるわけですが、これで 火力発電のコストが上がると称して 危なっかしい原発を稼働しようとしている 政治献金や利権もあるでしょうが、貿易赤字になり非難されたくないから 原発稼働という思想しかないんです。 ケチなので自然エネルギーの発電にも補助金を出しません・・・ 鳥取の山の中に 住民に内緒で放射性廃棄物を捨てたりもしますね。 要するに安倍政権は 利権や天下りを丹念に育成して 国民の財産を奪い 国民を監視して 放射能の危険を持ち込み何もいいことがないってことですよ.

次の

【いっぱいありすぎてわからない!】各政党の違いは?~参院選2019~

オリーブ の 木 政党 日本

寄附注意事項 オリーブの木は皆さまからの寄附をお願いしております。 お寄せいただいた寄附は、オリーブの木が取り組んでいる政治活動、事務所運営費等に活用させていただきます。 ご寄附いただくに際し、寄付フォームにご寄附者様の情報をご入力お願い致します。 政治資金規正法上、必ず必要になります。 ご寄附振込先の口座情報は、全ての情報をフォームご入力後、送信いただきますと、ご入力いただきましたメールアドレスに口座番号が送信されます。 お手数お掛け致しますが、何卒ご協力お願い致します。 特定の企業や団体などに依存しない「オリーブの木」の活動は、市民のみなさまの寄附に支えられています。 ぜひご協力をお願いいたします。 ご寄附の場合は金額に指定はありません。 可能な範囲でご協力頂ければ幸いです。 (上限は年間150万円です) 注意事項 1. ご寄附は全て個人名義でお願いします。 ご寄附は日本国籍をお持ちの方のみとなります。 政治資金規制法により、外国籍の方、匿名の方、団体・企業からの寄附は禁止されております。 未成年の方もご遠慮願います。 [寄附金の控除措置について]寄附金は、オリーブの木が寄附金控除の対象団体となった場合、寄附金控除の対象となります。 年間5万円を超える額をご寄附いただいた場合は自動的に、また、5万円以下でも寄附金控除を受けられる場合には、政治資金規正法により、寄附者のお名前、ご住所、ご職業、ご寄附の年月日が選挙管理委員会宛の収支報告書に記載され、開示されます。 フォームに政治資金規正法上必要な個人情報及びご連絡に必要な個人情報をご入力いただき送信いただきますと、自動返信メールにて振込口座のご案内がされます。

次の

黒川敦彦 オリーブの木 政党 黒川あつひこ 参議院選挙

オリーブ の 木 政党 日本

私が知っている「日本版」というのは、小沢一郎を中心に野党勢力を集めるという構想だった。 なのでそう思い込んでいて、最初はその筋でこの文章を書いた。 ところが実際にはという全く別の政党ができたようだ、こちらはさらによくわからない。 立ち上げメンバーを見た限り、彼らの主張を党是にしているようにしか見えない。 問題点は明白である。 我々は「私たちの望むような国を作ってくれそうな」人を応援するわけであって、誰かの望みを実現するために票を差し出すわけではない。 基本的に「なってない」気がする。 政治家が自らの願望を押し付けようとした希望の党()と同じようなものである。 もっとも、オリーブの木構想には比例で各野党に配分される票が最大限に活かせるというメリットもある。 ではなぜ日本ではオリーブの木構想がうまく行かなかったのだろうか。 小沢一郎さんは政党を作っては壊してということを繰り返してきた。 政党というのは彼にとっては野望実現の道具に過ぎない。 だが小沢さんにはやりたいことがない。 つい最近山田太郎らが自由党から分離(のちにれいわ新選組という別の政党を立ち上げた)したのも原発という彼らにとって大切な政策が小沢一郎には「どうでも良い」ということがわかったからだろう。 小沢一郎さん自身は良い人なのかもしれないのだが、政治家としての小沢一郎は昭和政治が生み出した化け物のような存在である。 官僚組織に依存する日本の党人政治家は政策のことを考える必要がなく、分配と数合わせに執着した。 そしてここから脱却して政策型の政治家になれなかったのが小沢ら旧世代の政治家なのだ。 自民党には官僚出身者と政党政治出身者という大きな流れがある。 日本の政策を動かしてきたのは一貫して議会ではなく官僚だった。 そして政治家は「政治家でいる」ことだけが仕事だった。 だから世襲で良かったのだ。 官僚が作った利益を地元に誘導するためには与党で議席を持っていなければならない。 ゆえに小沢一郎は政権が取れなくなると同時に政治家としての存在価値を失った。 小沢が踏み外したのは日本で唯一政策が作れていた官僚組織から切り離されてしまったうえにそれに気がつかなかったからだろう。 国が総力で官僚に人材を集めていたわけだから、小沢が使えるようなシンクタンクはなくて当然である。 するとやりたいことがなくなるのから、数合わせ政治は自動的に暴走を始める。 小沢さんは国民民主党を手を組んだのだがこれも「我々は政策には興味がありませんよ」という宣伝にしかならなかった。 オリーブの木構想というのはとりあえず期限を決めて政権をとって「それぞれの政策を実現して行こう」という構想のはずだ。 ところが日本には政党が政策を作るという伝統はない。 だから原理的にオリーブの木は成り立たない。 極めて単純な話である。 これは新しく出てきた新党オリーブも同じなのだろう。 彼らが政策の柱といっているものは、一人ひとりの自己主張であって集団としてのまとまりがない。 日本の政策は「非明示的に」「官僚組織という人間関係の中に」内蔵されているのであって、これが壊れてしまうと日本からは政策立案能力が失われてしまうのである。 しかし、もはや日本の政府は統一された政策は作れない。 最近それが顕著に現れたのが貯蓄2000万円論争だった。 金融庁の諮問機関が出したペーパーがそのまま流出してしまい、年金政策との間に整合性がないとして大騒ぎになった。 加えて、が問題になるとますます金融庁が関東軍化しているのが明らかになった。 彼らの植民地は地方銀行であり、日本郵政を植民地にする人たちと戦っているのだ。 「官邸主導でやります」と宣言しているのだから、本来は官邸がきちんとまとめるべきだったのだろう。 官邸は官僚の政策立案能力を奪ってしまったが新しい政策立案主体は作らなかった。 自民党は政権にいながら「小沢化」してゆくだろうという予想が成り立つ。 ただ、その自覚はないようなので今後は民主党政権時代よりひどい(民主党もかなりひどかったが)混乱の時代が待っているはずである。 立憲民主党は民主党の行き詰まりを見ている。 彼らも政府を否定したいのだが、否定してしまうと対案を出さなければならない。 今の政権は問題先送りなので「改革」に着手してしまうと今までの膿が一挙に噴出してしまうはずだからそれまで待てばいい。 自分たちで政策が作れない以上、立憲民主党にとってこれは正しい態度である。 幸いなことに安倍政権は世間の反感を買うネタを供給し続けてくれるので、立憲民主党は安倍批判だけでそれなりに支持が取れてしまう。 麻生さんや根本さんといった失言おじさんたちが立憲民主党に居場所を与えてくれるのである。 いずれにせよ、日本型の政党政治は官僚機構をぶち壊してしまった時点で機能しなくなっている。 あとはお互いに整合性が取れない議論と願望が飛び交うだけになるだろう。 今日は「オリーブの木構想がうまく行かないのはなぜか」というお題だったのだが、実は政策ベースの政党そのものがそもそもなく、願望をリストにしてもそれを実現する官僚組織がないという状態そのものが問題なのだろう。 だからいかなる政策協定も成り立たないのである。 考えてみれば極めて当然の話である。 Google Recommendation Advertisement.

次の