アマゾンマスターカードゴールド メリット。 Amazonカードを作るならクラシックとゴールドのどっちがお得?

Amazon Mastercard(アマゾン マスターカード):experience-ga.ctb.com

アマゾンマスターカードゴールド メリット

スポンサーリンク 1. Amazonプライム会員費の値上げによって、Amazonマスターカードゴールドが注目される Amazonプライム会員費が値上げが適用されたのが、2019年4月12日からとなっています。 どちらも25%ほどの値上げとなり、プライム会員ユーザーにとっては、悩みどころだと言えます。 そんな中で、Amazonマスターカードゴールドとの比較が注目されています。 実は、Amazonマスターカードゴールドの特典として 「Amazonプライム会員使い放題」というものがあります。 ゴールドカードなので、当然こちらにも年会費がかかりますが、値上げされたAmazonプライム会員費と比較すると、どちらがコスパに優れているのか、気になるところです。 「Amazonマスターカードゴールド」と「Amazonプライム会員」を比較! では、具体的に両者の比較をしていきましょう。 主に費用面の部分でどのような差があるのか注目です。 初年度は10800円と、Amazonプライム会員に水を空けられていますが、2年目以降に関しては、条件次第で年会費が割引となります。 その条件としては以下のようになっています。 これまでであればAmazonプライム会員の年会費は「3900円」だったので、割引をしてもAmazonマスターカードゴールドの方が高かったのですが、Amazonプライム会員費の値上げによって、Amazonマスターカードゴールドの方が安くなります。 また、Amazonマスターカードゴールドの場合、Amazon利用時のポイント 還元率が2. 5%と非常に高いことに加え、ゴールドカードによくある 空港ラウンジ利用や 旅行保険などの特典も付いてきます。 Amazonの利用頻度が高ければ、ポイント分で年会費の一部を賄うことも可能です。 なので、このようにしてみるとAmazonプライム会員費の値上げに伴って、Amazonマスターカードゴールドのコスパが良くなってしまったといえます。 1年目の年会費を差し引いたとしても、値上げによって立場が大きく逆転した形になりました。 プライム会員よりもAmazonマスターカードゴールドを選ぶべき人・そうじゃない人 Amazonプライム会員費の値上げによって、Amazonマスターカードゴールドの優位性が確立されてしまいました。 上の表だけを見れば、明らかにAmazonマスターカードゴールドを選んだ方がコスパがいいように見えます。 しかし、すべての人がプライム会員よりもAmazonマスターカードゴールドを選ぶべきとは必ずしもいえません。 ここでは、どちらを選ぶべきか、その基準になるような点を挙げていきます。 Amazonを頻繁に利用しており、Amazonプライムビデオなどもフル活用しているような方であれば、年会費払いでもいいのですが、そこまで利用頻度の高くない人であれば、月額制を選択して、使わないときには解約しておく、といった利用法がおすすめされます。 そのため、月額会員の場合、年間でかかるAmazonプライムの費用は、もっと少なくなると考えられます。 そのため、Amazonマスターカードゴールドの年会費よりも安くなる可能性が高いので、 ポイントなどのメリットに興味がないのであれば、プライム会員のままでいいと思います。 プライム会員費が値上げされてしまった分、年額会員のままにしておくメリットはあまりないといえます。 まとめ Amazonプライム会員費の値上げは、ユーザーにかなり大きな影響を与えることは間違いありません。 比較してみるとわかりやすく、Amazonマスターカードゴールドの優位性が明らかとなったのですが、これはもしかしたらAmazon側がゴールドカードのユーザー数をもっと増やすためだったのではないかとも受け取れます。 Amazonプライムを利用している人にとっては重要な比較だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

Amazonカードを作るならクラシックとゴールドのどっちがお得?

アマゾンマスターカードゴールド メリット

お買物安心保険(動産総合保険) マスターカードはVISAと同じ三井住友カード株式会社がやっています。 ゴールドカードは、300万円、クラッシックは、100万円の保証限度額内で保険がききます。 、申請に一件当たり3000円がかかるようして、厳しい制限をしているところに意味があります。 分かっている人にとっては、これが案外使えます。 友人談「ネットの旅行会社が破綻したとき、三井住友ゴールドカードで先払いしていた分は全額保証されて助かった。 それらのアプリ(ハードウエアにも?)にはスパイウエア機能があるので、認証に使う個人情報(メールアドレス、誕生日、住所、日頃使うIDとパスワード)が常に抜かれています。 隣国の通販サイトなどから収集したクレジットカード情報とスマホアプリから収集した個人情報と一致するリストが大量に取引されています。 ナントカPayの不正使用による詐欺は理論上防ぐことができないので、毎日利用状況を確認しつつ、何かおかしかったら、すぐにサポートに電話しましょう。 三井住友VISAカードは、楽天に比べて電話がつながりやすいです。 Amazonをよそおって送られてくる詐欺メールにだまされない Amazonを騙る詐欺メールが頻繁に来ます。 Amazonのヘビーユーザは、Amazon Mastercardにすることで、これらの詐欺メールの矛盾がすぐにわかります。 日本語がおかしいのですぐに分かるけど• Amazon Support から、「アカウント情報検証情報を完成させてください」• Amazonプライム会員の支払いをしろ• 買物の支払いが数十万円滞っているから、裁判をする など、いろいろと凝ったメールが届きます。 Amazonは、電話での問い合わせにも対応していて、すぐに電話がつながります。 支払いに関する疑問はすぐに電話して確かめましょう。 リボ払いをしている人は、Mastercard(三井住友カード)の担当電話につないで確認しましょう。 落とし穴というか、注意するべき点がいくつかあります。 年会費は、11000円• リボルビング支払い「マイ・ペイすリボ」に登録しなくてはならない• 「クーポン割引き」が無効になる• 審査が通らないことがある 年会費は、11000円 ゴールドカードなので年会費11000円を払う必要があります。 でも、• リボ払いの「マイ・ペイすリボ」に登録と年1回以上のカード支払い:5500円値引き• カードご利用代金WEBサービス(WEB明細)【Vpass】に登録:次年度分から1100円値引き• プライム会員の年会費:4900円が免除 具体的には、カード契約時に1年分の 5500円の年会費を支払います。 これが、カードの最初の1回目の使用になります。 リボルビング支払いにしないと年会費が半額にならない 「リボルビング払い」と呼ばれる借金を毎月定額で支払う契約にしなければなりません。 「リボルビング支払い」は、• 借金の返済能力がない人が• 月々の返済金額が少額の一定にできるので• 金利が高めに設定されているにもかかわらず• 返済している本人に借金の総額が分かりにくいため• さらに借金を増やしてしまう という 致命的な欠点があります。 借金をしてまで物やサービスを買わない私は、クレジットカードは単なる支払いの手段の一つとして使います。 銀行口座の普通口座からの現金で一括で支払うのにクレジットカードを使う人で、• リボルビング払いの設定をする• リボ払いを実質一括払いにするためにリボ払いの支払い上限額を引き上げる ようにします。 Mastercardゴールドを使うとクーポンが無効になる クーポンのチェックボタンは入るのですが、カートから最後の支払のところで、ゴールドカードでの支払を選択していると、クーポンの値引き分がなくなります。 少額の商品だとクーポン割引きとギフト券で買う方が安くなることがあります。 注意してください。 ゴールドカードの審査に通らないことがある クレジットカードは、借金をするためのものなので、その人に返済能力があるのか?ないのか?が審査されます。 長く使っている銀行口座を引き落とし口座に指定することで、審査は通りやすくなります。 新しく作った銀行口座を引き落とし口座にすると、即日の審査が通りません。 一週間程度してから、審査が通ったというメールが来て、カードが一週間程度して届きます。 サラリーマンなど、証明できる勤め先があれば、審査が通らないことはないでしょう。 過去に• 自己破産をした• 携帯電話代の延滞• 奨学金返済の未払い• 月々のローンの支払いができなかったことがある などがある場合、ブラックリストに載るようなことをしていたら、クレジットカードが作れません。 脱サラする前に、クレジットカードは作っておくべき 私のように個人の自営業は、開業当初は信用力がゼロです。 土地、建物や現金の預貯金など現物を担保にしないと、お金を一切貸してもらえません。 もちろん、クレジットカードも作れません。 事業がうまくいって、たっぷりと納税するようになると、銀行の融資担当者は、手の平を返したようにペコペコの低姿勢になります。 自営をはじめたばかりの 個人事業者でやりがちなのが、経費を水増しして赤字決算にして税金を納めないようにしてしまうことです。 いわゆる脱税ですね。 節税と言い換えていますが。 しかし、いざ家を建てる、事業を拡大するために、銀行から資金を調達しようとしたときに、税金を毎年きちんと納めていないと、銀行は安い金利でお金を貸してくれません。 納税証明書がその人の信用度になりますので、税金は稼いだ分だけちゃんと払いましょう。 市民県民税と国保で200万円以上払っていた頃は、鼻息も荒かったんですが…。 従業員は社保で、自分は国保ですからねぇ。 もらえる年金なんて、雀の涙ですよ。 自営なんて、やるもんじゃない。 Amazonギフト券を購入して使う方法 Amazonのクレジットカードを使わないで カード決済と同じ割引きの恩恵を受ける方法が、ギフト券の購入です。 ゴールドカードの審査に通らなかった人も、プライム会員でない人も、この方法なら、ほんの少しの割引きの恩恵をうけることができます。 2018年12月6日から、クレジットカードと携帯電話決済だけでなく、 ギフト券でプライム会費を払えるようになったので、クレジットカードを持てない人でもプライム会員になれます。 1回のチャージ額 プライム会員 通常会員 5000〜19999円 1. プライム会員• ギフト券をコンビニか銀行振り込みで購入• 9万円分以上 この3つの条件をみたせば、2. 5%分のポイントをもらえます。 つまり、9万円購入で2250ポイント(円)がもらえます。 ギフト券の有効期間は、10年です。 サイバーマンデー、プライムデー前には、0. 5%アップすることもあります。 まとめ 私のAmazonでの買い物は、毎年100万円を軽く超えます。 Amazonのヘビーユーザは、Amazonを騙る詐欺メールに勘違いしないようにAmazon Mastercard クラシックかゴールドで支払いましょう! Amazon Mastercard ゴールドでの支払いは、すべて一括の銀行口座引き落としです。 リボルビング支払い(リボ払い)にもかかわらず、初回で全額一括支払いになるので金利手数料は無料です。 AliExpress、gearbest、ヨドバシや、NTT-Xなどの他の安い通販の決済を、Amazon Mastercard ゴールドにすることで、それらでの支払は、1%のAmazonポイントになります。 私も、終活に向けて諸々を整理しています。 クレジットカードの整理を行い、Amazonのマスタカード ゴールドに集約することにしました。 投信のような元本割れするようなもので貯金をしてはいけません。 仮想通貨は、バブルでした。 商店街の金券のようなものが、売買できるようになったから、投機対象になっただけです。 もう、戻りませんよ。 かといって空売りは危険です。 ボロ株の仕手戦と同じ。 FXも反対にポジションを取っていると大損します。 二十代の投資は、自分自身への教育や経験を積むことにかけます。 いろんなスキルを持っている人ほど将来有利になります。 たとえば、こういうブログ一つとっても、その差がでてきますよね。 誰もがブログを長く続けて、成果をだせるわけじゃない。 たまたま、(ズルをして)うまくいって大もうけした人(5%)が注目を浴びているけど、その影で、95%の人が日の目を見ないまま… という状況です。 高卒でも とかいう時代は終わって、競争が激化すればするほど、その人の持つ 基礎学力、大学での高等教育、専門教育で学んだ差がでるんです。 どんなビジネスもそう。 人の教育ってすごくコストがかかるんです。 だから、教育にコストのかかる医者などの特殊技能をもった人材は、世界どこに行っても通用します。 「若い間に勉強しておけ」ってことなんですよ。 海外へ! って扇動する連中も、海外に出られない理由は、世界で通用するスキルを持っていないからなんです。 もっていれば、日本に一秒たりともいる必要は無いし、世界中からオファーが来ているはずですから。 ほんと、ネット上は、嘘をつくポジショントークばっかりになって、つまらくなりました。 だから、籠もるのがいいんです。 で、月額1万円以下で籠もるネタを提案するのが、私のこのブログなわけです。 先日も21日に振り込まれるはずのAdSenseの広告代がなくて、焦っていた人も多かったと思います。 私は、制限が大きすぎるAdSenseを貼らずに、自由な記事を書けるブログも作りたいと思いつつ、このブログでさえ下書き200ほど抱えているので、無理です。

次の

Amazonカードのメリット・デメリットまとめ!他のクレジットカードと比較!

アマゾンマスターカードゴールド メリット

・ Amazonカードのレビュー 実際のレビューを見ても星1つがとにかく多いのが目立つ おすすめしない3つの利用は後半で紹介するとして、まずAmazonカードの特徴をおさらいしておこう。 Amazonクレジットカードのサービス• 年会費初年度無料• Amazonでの買い物は1. Amazon以外の買い物でも1. 貯まったポイントは自動的にAmazonポイントに加算される• 即時審査ですぐにAmazonで利用できる 年会費初年度無料 初年度は無料。 一年に1回以上の利用があれば、翌年の年会費も無料となる。 このカードを持つユーザーであれば、Amazonを年1回は利用するだろうから実質的に無料と考えても良いだろう。 Amazonに特化して使うことを想定するば、高い還元率とも言えるだろう。 即時審査ですぐにAmazonで利用できる 条件を満たす方であれば、テンポラリーカードが発行され、すぐにサービスを受けることが出来る。 すぐにAmazonでのお買い物をご希望の方は、「即時審査サービス」でのお申し込みが便利。 Amazon MasterCard発行までの間、「Amazonテンポラリーカード」を即時に発行します。 金融機関の詳細は下記の対象金融機関一覧をご確認ください。 引用:Amazon. com 保険 国内・海外保険は付帯していない。 オプションカード 家族カードは発行していない。 また、ETCカードは有料で発行される。 このAmazonクラシックカードの口コミ・評判をみても、以下のことが見て取れる。 おすすめしない3つの理由• 還元率が特別に良い訳ではない Amazonカードは通常還元率が1. 0%となっている。 クレジットカードの平均的な還元率は0. 5%のものが多いので、この部分は高還元率カードと言ってもいいだろう。 しかし、最近では徐々に還元率1. このカード最大の特徴のひとつであるAmazonでの還元率1. 5%だが、 還元率が他のカードに比べて特に高い訳ではないのだ。 最近だと、Amazonの利用で2. (以下で一部紹介) ポイントの交換がしにくい Amazonクラシックカードは、 1,000ポイント貯まると自動的にギフト券100円分と自動的に交換される。 このカードは、最近の楽天カードやカードが貯まったポイントを1ポイントから利用できることを考えると、非常に交換しづらい。 以前までこのポイントは25,000ポイント貯めないとポイント交換できない仕組みで、これを実現するのに167,000円の買い物がAmazonで必要だった。 しかし、あまりにもユーザーの口コミや評判が悪く、最近になって1,000ポイントごとに100円交換できるようになった。 これはAmazonで6,700円の利用ごとに100円分のポイントが得られるということだ。 以前よりも交換レートが良くなったとはいえ、 まだまだポイントが使いにくいと言えるのが実状だろう。 追記 現在はAmazonポイントは利用ごとにポイントが付与され、そのポイントは次の買い物から1pt=1円単位で利用することが出来る。 この点はかなり使いやすくなったといえるだろう。 付与タイミングは、Amazonの利用の場合は発送後、Amazon以外の場合は毎月11日頃に加算される。 保険やサービスが弱い Amazonマスターカードは、 国内保険・海外保険などの保険はついていない。 還元率やポイント利便性が低い分ここでカバーして欲しいところなのだが、保険も弱いのは苦しいだろう。 さらに、家族カードの発行がなく、 ETCも有料などサービス面での欠点も目立つ。 せめて、Amazonプライム(年間3,900円)が付帯していればこのカードを持つメリットも大きいが、今のところAmazonマスターカードゴールドカード 年会費10,000円 税抜 でのみ無償で付帯しているという状況である。 メリットもある デメリットだけでなく、メリットも紹介しておこう。 Amazonのダンボール柄のカードフェイスがおしゃれというのはあるだろう。 さらに還元率が1. また、MasterCardなので、世界中どこでも利用できるというのもメリットだろう。 Amazonカード以上にAmazonでポイントが貯まるおすすめのカードもあるので、検討してみると良いだろう。 Amazonの買い物で 還元率2. 0%となる。 Amazonのクレジットカードよりも還元率が0. 年会費無料、ETC無料はもちろん、ポイントの交換性も高い。 電子マネー一体型なので、日常的に使いやすい。

次の